法律

“大人”になった『女子高生コンクリ殺人犯』の裁判態度に罵声殺到

3月5日、かつて世間を震撼させた『女子高生コンクリート殺人事件』の犯行メンバーだった元少年・湊伸治被告が起こした傷害事件の第2回公判が、さいたま地裁にて開かれた。 もはや説明不要だが、「女子高生コンクリート殺人事件」とは1989年に起きた世紀の大犯罪。東京・足立区の少年グループが女子高生を拉致・監禁し暴行・強姦の末に殺…

つづきを見る

女子高生コンクリ詰め殺人犯「元少年」逮捕に燃え上がる絶望の怒り

ニュースサイト『デイリー新潮』が8月21日、『女子高生コンクリート詰め殺人事件』の犯行グループの1人が、今度は殺人未遂事件で逮捕されたと報じた。この件を受けてネット上では、“少年法”と“実名報道”の是非について、あらためて熱い論議が交わされている。 『女子高生コンクリート詰め殺人事件』とは、今から30年近く前になる19…

つづきを見る

Bankrupt businessman angry in the office floor

結婚を前提に転居、家具購入…「突然の破局」に費用の請求はどうなる?

秋篠宮眞子内親王と婚約が内定している小室圭さんが8月7日、米国留学のため成田空港から出発した。眞子さまと離れ、3年間の予定で弁護士資格の取得を目指すという。 ひとまず結婚は延期だそうだが、婚約関係が続いているのかどうか、報道ではよく分からない。まあ、婚約解消なんて一般にもザラにある話。離婚するときの金銭トラブルとしては…

つづきを見る

「働き方改革」と言いながら結局「接待の時間」は労働とは認められず!?

先の国会で「働き方改革関連法案」(正式名称:働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案)が成立した。同法案は、雇用対策法、労働基準法、労働時間等設定改善法、労働安全衛生法、じん肺法、パートタイム労働法(パート法)、労働契約法、労働者派遣法など労働法の改正を行う法律の通称だ。 企業で働く人にとって、最も気にな…

つづきを見る

離婚した夫が「年金の分割」に応じようとしないときどうする?

結婚して20年以上たってからの離婚を熟年離婚とすると、例えば2016年の離婚件数21万6805組のうち3万7604組、およそ17%がこれに当たる。 年金制度が改正され、07年4月以降に離婚する夫婦の場合、結婚期間中に夫が支払った保険料分の厚生年金を夫婦で分配できるようになった。これを「年金分割」といい、これによって女性…

つづきを見る

夢の新築一戸建てが「トラブル続発の欠陥住宅!」賠償請求はどこまで可能?

居間の引き戸が曲がっている、台所のつり戸棚が指定品じゃない、風呂のシャワーフックが不良……。このような注文住宅を巡るトラブルが後を絶たない。建築途中に素人が見ても気付かないものばかりで、ほとんどは家が完成して、しばらく住んでから気付くことばかりだ。 埼玉県に住む会社員、鈴木正敏(仮名)さんも次のようにボヤく。 「大手住…

つづきを見る

closeup   young  woman smiling face with clean  skin

「愛人に全財産を残したい」こんな遺言書を実現する方法は?

高齢化とともに熟年離婚、そして熟年同士の結婚も一般的になり、遺産相続を巡るトラブルが増えている。 例えば芸能界で記憶に新しい話として、2014年3月に亡くなった俳優の宇津井健さんは、内縁関係を続けていた高級クラブのママと臨終の5時間前に婚姻届を提出したが、宇津井さんの長男とトラブルになった。正式に婚姻届を出してももめる…

つづきを見る

「ペットショップで買った子犬」がすぐ重病に!損害賠償はできるの?

この2、3年は猫ブームのようだが、ペットビジネスの市場規模は約1兆4000億円を超えてなお成長を続けている(矢野経済研究所調べ)。市場の伸びに伴い、さまざまな社会問題が顕在化してきた。 繁華街を歩いていると、透明のアクリルボックスに子犬や子猫が入れられて展示されているペットショップをよく見る。あのような光景は日本特有ら…

つづきを見る

「子どもに会わせてもらえない!」と嘆く父親が急増している事情

厚生労働省の離婚件数の年次推移「年齢階級別離婚率」を見ると、夫婦の同居をやめたときの年齢別離婚率では、男性・女性ともに30歳~34歳の離婚率が最も高い。現在の平均初婚年齢が28歳~30歳くらいということから考えると、結婚してから5年以内に離婚する夫婦が多いといえる。 そんな比較的若いカップルの離婚で問題になるのが、「面…

つづきを見る

痴漢冤罪で「人生崩壊」!イザ巻き込まれたときへの準備と心構えとは

東京都心に通勤している人にとって、電車の遅延は日常茶飯の出来事だ。その遅延の理由として、「線路に立ち入ったお客様がおり…」というアナウンスが駅に流れることがあるが、これは痴漢を疑われて逃げた人かもしれない。 痴漢は卑劣な性犯罪であるから、真犯人は厳しく罰せられなければならないが、「痴漢冤罪」である可能性も当然ながらある…

つづきを見る