活動休止

インパルス・堤下の“仕事復帰”はすぐ? ファンからエール「戻ってきて」

5年ぶり4度目の交通事故により、芸能活動の自粛を発表した『インパルス』堤下敦。回数が回数なだけに今後の活動にも暗雲が立ち込めると思いきや、意外にも前途は明るいと言う。 堤下は6月14日、1日に2度の事故を起こしていたことが発覚し、芸能活動自粛と免許の自主返納を表明。 相方・板倉俊之も謝罪ツイートをするなど、度重なる事故…

つづきを見る

氷川きよしワインイベントで自己解放! 美貌にファン歓喜「生き生きしてる」

歌手の氷川きよしが6月19日、東京・明治座での公演『氷川きよし特別公演』でワインを楽しむイベントを開催した。優雅にワインを飲む氷川の姿に、驚きの声が寄せられている。 イベントは第1部の『ケイト・シモンの舞踏会~時間旅行でボンジュール~』の舞台である18世紀フランスにちなんだもの。 氷川は「ワインは飲みますか」という司会…

つづきを見る

『BTS』活動休止が英断である理由は…エンタメ業界の“闇”が露わに

世界中で人気を集める韓国のトップアイドル『BTS』が、6月14日にグループでの活動休止を発表。アイドルを始めとしたエンタメ業界の〝闇〟にも触れ、世界中で注目を集めているようだ。 「BTS」の公式YouTubeチャンネル『BANGTANTV』は14日、メンバー7人が会食を行いながら本音を語り合う動画を投稿。 その中で、グ…

つづきを見る

『BTS』はNGで『Snow Man』はOK?“原爆Tシャツ問題”再燃…

韓国が世界に誇る大人気グループ『BTS』が、6月14日に公式YouTubeチャンネルを更新。6月10日に発売した新アルバム『Proof』を最後に、グループとしての活動を休止すると発表した。突然の発表に世間が動揺する中、一部では〝原爆Tシャツ問題〟が再燃しているようだ。 「BTS」が活動休止を発表したのは、メンバーが食事…

つづきを見る

BTSの“原爆Tシャツ騒動”をスルー…『スッキリ』の特集にアンチ怒り爆発!

韓国の人気グループ『BTS』が6月14日、YouTubeの公式チャンネルで公開した動画で、グループとしての活動を休止すると発表した。そんな中、『スッキリ』(日本テレビ系)のBTS特集がネット上で物議を醸している。 世界的なブレークを果たしたスターの突然の活動休止に、日本のマスコミも大騒ぎ。 朝から民放各局の情報番組が特…

つづきを見る

今期No.1ドラマ『正直不動産』が台無しに! 木下ほうかの影響で話が破綻…

山下智久の主演ドラマ『正直不動産』(NHK)第7話が5月17日に放送。性加害報道で無期限活動休止を発表した、俳優・木下ほうかがついにドラマを台無しにし、ネット上で怒りの声が上がっている。 『登坂不動産』の営業マン・永瀬財地(山下)は、〝嘘もいとわない〟セールストークで成績No.1を維持し続ける、やり手の営業マン。 しか…

つづきを見る

元『フェアリーズ』メンバーの電撃発表に脳を破壊されるファン「エグすぎる」

2020年6月に活動休止した5人組女性ダンス&ボーカルグループ『フェアリーズ』元メンバーの〝改名〟に注目が集まっている。 話題となっているのは、同グループ活動休止直前まで所属していた井上理香子。彼女は、「フェアリーズ」で活動後に所属事務所を退所し、芸能界を引退。 その後、一般企業に就職するも、5月16日に「小湊よつ葉」…

つづきを見る

『正直不動産』に木下ほうかの影? 不自然なカメラアングルに「ここ実は…」

山下智久主演のドラマ『正直不動産』(NHK)第5話が5月3日に放送。性加害報道で無期限活動休止を発表した、木下ほうからしき人物が現れて視聴者をざわつかせた。 『登坂不動産』の営業マン・永瀬財地(山下)は、〝嘘もいとわない〟セールストークで成績No.1を維持し続ける、やり手の営業マン。 しかしある日、アパートの建設予定地…

つづきを見る

広瀬すずも働きすぎ!? 広瀬姉妹が“がむしゃら”に働くワケは…

俳優の広瀬アリスが芸能活動休止を発表した件で、妹のすずにも心配の声が相次いでいる。 アリスは4月23日、出演予定だった舞台『薔薇とサムライ2 ─海賊女王の帰還─』の降板を発表し、ファンをザワつかせていた。25日には自身のツイッターで、《ここ数年とにかく前を見て駆け抜けてきたのですがどうやらちょこっとお休みが必要のようで…

つづきを見る

『リトグリ』は3人で十分? 歌声に大絶賛も…「5人でいる意味なくない?」

現在2名が活動休止中の5人組ボーカルグループ『Little Glee Monster(リトグリ)』。4月18日放送の『CDTV ライブ!ライブ!』(TBS系)3時間スペシャルで見事なパフォーマンスを披露したのだが、これにより一部から「3人で充分なのではないか…」という声が上がってしまったようだ。 「リトグリ」が登場した…

つづきを見る