活動休止

『嵐』ファン激怒! 展覧会に被災地の子ども招待「腑に落ちない!」

去る7月1日より、東京から全国で順次開催されている『嵐』の展覧会『ARASHI EXHIBITION “JOURNEY” 嵐を旅する展覧会』に、東日本大震災の被災地である岩手・宮城・福島の子どもたちが特別招待されることが発表された。 8月5日、村井嘉浩宮城県知事が定例会見で、来年6月から7月まで開催予定の同展覧会に「3…

つづきを見る

芸能記者が語る『嵐』『TOKIO』『関ジャニ∞』が“消滅”した後の世界

来年、2020年をもって活動休止が決まっている『嵐』に加え、最近では『TOKIO』や『関ジャニ∞』までもが、同じく来年末に活動休止になるのでは…というウワサがしきりに流れている。ジャニーズ事務所社長、ジャニー喜多川氏が亡くなったことにより、事務所内が混乱していることが原因になっているという。 ジャニーズの人気3グループ…

つづきを見る

小出恵介“謝罪会見”阻止された!? 突然の愚痴に「お前は性犯罪だろ!」

2017年6月に写真週刊誌『FRIDAY』にて、17歳の女子高校生との飲酒および不適切な関係を持ったことが報じられ芸能活動休止となり、翌18年に所属事務所『アミューズ』との契約を終了した俳優・小出恵介。そんな小出が7月23日、自身のインスタグラムのストーリーを更新。その内容に対し、ネット上では「吉本に便乗か?」「会見を…

つづきを見る

『嵐』ファンの聖地=滋賀県『大野神社』が活動休止で大繁盛のワケ

国民的アイドルグループ『嵐』が2020年いっぱいで活動休止することを発表したのは1月27日。その後、さまざまな報道があったが、話題になったことの1つに、嵐ファンの聖地と化した『大野神社』があった。なぜ大野神社が聖地になったのだろうか。 全国には嵐のメンバーと同じ名前がついた“嵐神社”がいくつもあるが、その中で最も有名な…

つづきを見る

つらい『嵐』リーダー大野智…二宮和也のせいで「引退の道」消滅!?

2020年をもって一時活動休止に入る『嵐』の二宮和也が、自身の思いをあらためて口にした。 2月3日、二宮は自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組『BAY STORM』(bayfm)に出演。番組ラストに、活動休止という決断に至った理由を語り始めた。 二宮は「本当に会見で話した通りでございます」と切り出した後、「われわれ…

つづきを見る

「泣かない男」二宮和也が…『嵐』休止発表後の『Mステ』が“神回”認定!

2月1日に放送された『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)3時間スペシャルに『嵐』が生出演。活動休止発表後初となるパフォーマンスがネット上で大きな注目を浴びた。 今回の番組は、テレビ朝日の開局60周年を記念した3時間特番。同局60年間の秘蔵映像を公開する中で、若かりし「嵐」メンバーの映像やエピソードトークも続々と…

つづきを見る

イジメか?『嵐』会見「無責任」記者を『とくダネ!』がさらした理由

活動休止を発表した『嵐』の記者会見で飛び出した、「活動休止は無責任ではないか?」との質問。「失礼」「的外れ」などファンや芸能界から批判が噴出している中、ついにテレビ側が質問記者の実名を公開してしまった。 同質問は、先ごろの会見内の質疑応答で飛び出したもの。ある記者が「多大な功績を残されてきて『お疲れさまでした』と思う一…

つづきを見る

『嵐』が“最悪の選択”をしなかったのは『SMAP』のおかげ?

『嵐』にファンは感謝すべきなのかもしれない。 「嵐」が2021年から活動休止と発表され、日本全国の嵐ファンが悲嘆に暮れているが、解散という最悪の事態は免れた。ジャニーズ事務所は3年前に勃発した「SMAP」解散騒動で猛批判を浴びたことがトラウマとなっており、同じ轍は踏まないとばかりに今回は軟着陸させることにしたという。 …

つづきを見る

Print

『嵐』が連日“トップニュース”扱いで「ウンザリ」の声が続出

ファンのみならず、世間にも大きな衝撃を与えた『嵐』の活動休止報告。しかし、発表から数日たっても収まらない報道の過熱ぶりに、一部では疑問の声が上がり始めている。 例えば女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では、「嵐の活動休止にそこまで興味がない方が冷静に語るトピ」というトピックが立ち、コメントが多数寄せられている。 …

つづきを見る

事務所の説得も「我慢の限界」?『嵐』大野智が休止を切り出した理由…

1月27日夕刻に発表されるや、日本中を衝撃に包んだ『嵐』の活動休止宣言。理由はリーダー・大野智の意向にあるとのことだが、一体何が今回の決断に至らしめたのだろうか。 活動休止が最初に発表されたのは、有料会員向けの公式ファンサイト。そこにはメンバー5人のコメントともに、休止を報告するメッセージ動画までが配信されていた。その…

つづきを見る