活動休止

近藤真彦“ケジメなさい”で終了…ドン引きするジャニーズの後輩たち

今年デビュー40周年の〝マッチ〟こと近藤真彦が、ジャニーズ事務所の藤島メリー泰子名誉会長から〝ケジメなさい〟と諭され、芸能活動の無期限自粛を決断した。原因はもちろん、先ごろ発売の『週刊文春』で、25歳年下の女性経営者との不倫が暴かれたからだ。 「報道の直後、何とも間の悪いことに、12月のフジテレビ系音楽特番『2020F…

つづきを見る

『NiziU』生放送で“不自然な”演出! ファン感動の嵐「泣いちゃった」

10~20代女子に絶大な人気を誇る、日テレのイチ押しグループ『NiziU』が、10月27日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に生出演。〝縄跳びダンス〟で一世を風靡している『Make You Happy』を生披露したのだが、パフォーマンスにおける演出がファンの感動を呼んだ。 同性人気の高さでブームが過熱している「Nizi…

つづきを見る

『NiziU』MIIHIが休養を発表!“激ヤセ”からの活動休止に安堵の声…

本格デビュー前にも関わらず、大人気のガールズグループ『NiziU』のMIIHI(ミイヒ)が、体調不良により休養すると10月23日に発表された。 公式サイトでは、《メンバーMIIHIは最近の活動において体調不良が続いていましたため、医師と相談の結果、十分な休養が必要とのアドバイスを受け、本人の健康を第一に考え、当面治療と…

つづきを見る

『赤い公園』津野米咲さんが関係?『KANA-BOON』ボーカルが休養へ

3人組ポップスユニット『KANA-BOON』のボーカル・谷口鮪が、体調不良を理由に当面の間、休養することが発表された。ネット上では、今月18日に亡くなった『赤い公園』の津野米咲さんが原因なのではないかと憶測され、心配の声が殺到している。 「KANA-BOON」といえば、清水富美加(現・千眼美子)とゲス不倫したベースの飯…

つづきを見る

『キンプリ』活動休止中のメンバーが復帰!? ニオわせ連発でファン感激

ジャニーズのアイドルグループ『King & Prince』が10月9日~11日、コンサートツアー『L&(ランド)』をネット上で配信。とあるシーンに、現在活動休止中のメンバー・岩橋玄樹らしき人物の姿が観客席にあったとして、ファンたちを騒然とさせている。 岩橋といえば、2018年10月にパニック障害を患っていることを告白。…

つづきを見る

櫻井翔『嵐』の活動再開に否定的!? 友人へ明かした本音に「やる気ないのか」

10月1日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)で、櫻井翔が『嵐』の活動再開時期について自身の考えを口にした。一部視聴者からは、「櫻井は活動再開に乗り気でないのでは」と指摘する声があがっている。 この日、櫻井は『木更津キャッツアイ』(同)で共演した俳優・妻夫木聡、佐藤隆太とロケ企画に臨んだ。夜になり、3人は野外で椅…

つづきを見る

戦慄かなの“卒業告発”が物議!「どっちの肩を持つ気にもならん」

アイドルグループ『ZOC』を卒業した戦慄かなのが、脱退させられたことをニオわせるツイートを投稿し、物議を醸している。 戦慄は7月8日にグループからの卒業を発表。しかし、11日に《オナニーだな 自分が追い出したのにそっちが美しく見えるような都合よく名前使われる 人格破綻しすぎてる頭おかしいよ》とツイート。自身がグループを…

つづきを見る

手越祐也“手書きメッセージ”でファンに別れ!?「今までありがとう」

コロナ禍での飲み歩きや、退所報道などで連日ニュースを騒がせている『NEWS』の手越祐也。その不穏な心の内を、趣味であるオンラインゲームのコメント欄に投稿していると、ファンの間で話題になっている。 ジャニーズ事務所が、新型コロナウイルス感染拡大に伴うチャリティーソングを制作するために結成した特別ユニット『Twenty★T…

つづきを見る

『NEWS』手越祐也“担降りラッシュ”で大ピンチ! 写真を燃やす人まで…

コロナ禍での外出自粛要請中、二度にわたって酒宴をしていたことをスッパ抜かれてしまった『NEWS』手越祐也。『ジャニーズ事務所』は5月26日、手越のすべての芸能活動無期限休止を発表。すると、これを機に〝担降り〟するファンが続出する事態へと発展しているようだ。 手越は5月13日発売の『週刊文春』で、4月下旬に〝キャバクラ手…

つづきを見る

『NEWS』手越祐也“無期限”活動休止に「二度と顔出すな」激怒声が殺到!

さすがに滝沢秀明副社長の忍耐も限界だったのだろう。5月26日、『NEWS』の手越祐也に対する〝無期限の芸能活動休止〟を、所属するジャニーズ事務所が公式サイトで発表した。 手越は緊急事態宣言発令中の4月下旬、都内の飲食店で〝手越ガールズ〟を集め、飲み会を開いていたと一部週刊誌に報じられ、非難の声が殺到していた。 「当初、…

つづきを見る