渡部建

松本人志が“渡部建”イジり!「結局ネタにしてる」と不快感を抱く視聴者

1月17日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、『ダウンタウン』松本人志が『アンジャッシュ』渡部建をイジる一幕が。松本の言動に対して、ネット上では非難の声が続出している。 今回の番組では、ゲストコメンテーターの大橋未歩が、年末に放送された特別番組『絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時』(日本…

つづきを見る

グルメ王・寺門ジモンのYouTubeがガチすぎる…! 渡部建の失脚で追い風か

2020年9月、芸能人が続々とYouTubeに進出する流れに乗り、1人の男がYouTubeデビューを果たした。芸能界最強のグルメ王『ダチョウ倶楽部』の寺門ジモンだ。そしてこのチャンネル、ジモンの変人ぶりが遺憾なく発揮され、その凄まじさを改めて世に知らしめている。 記念すべき最初の投稿となったのは、ジモンが「肉の天竺」と…

つづきを見る

『王様のブランチ』渡部建に嫌がらせ? エグい悪乗りに「流石にかわいそう」

12月26日、この日が年内最後の放送となった『王様のブランチ』(TBS系)が、エンディングにて笑いを誘う〝とある演出〟を行なった。しかし、視聴者からは悪ノリが過ぎると映ったようで、ネット上には否定的な反応が多くあがることとなった。 問題のシーンがあったのは番組ラスト。番組はスタジオパートでCGを使い、MC陣の横に花のC…

つづきを見る

渡部建は大失敗!?… 大みそか『笑ってはいけない』で“禊”したタレントたち

12月3日に、芸能活動休止のきっかけとなった不倫問題の謝罪会見を開いた『アンジャッシュ』渡部建。会見中、復帰に関しては頑なに明言を避けたが、大晦日放送の『絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!』(日本テレビ系)収録に参加したことが、ほぼ〝公認〟となっている。 渡部の復帰報道があったのは11月20日のこと…

つづきを見る

佐々木希にネットストーカーが粘着「旦那さん元気?」「次はご近所トラブル!」

女優の佐々木希が12月22日、自身のインスタグラムを更新。休日に花屋で撮ったショットを公開した。 佐々木は《休日、お花を買いに。ここに来ると、いつも色とりどりのお花達が生き生きとしていて、幸せな気持ちになる》とつづり、『サンローラン』のバッグを肩に、ニットワンピース姿を披露した。 View this post on I…

つづきを見る

不倫俳優・原田龍二の“裸カレンダー”にドン引き「調子に乗りすぎ」

俳優の原田龍二が12月21日、『毎日反省 日めくりカレンダー』を発売した。かつての不倫ネタを連発する原田に対し、ネット上では賛否両論の声があがっている。 原田といえば、昨年5月、複数の女性ファンらとの〝4WD不倫〟がスクープされ、不倫した事実はもちろん、ホテル代さえも支払わない〝ケチ〟っぷりが話題に。 「謝罪会見では、…

つづきを見る

佐々木希の“帰りたくない”発言に同情の声「帰るとアレがいるもんね」

トイレ不倫の謝罪会見で火だるまとなった『アンジャッシュ』渡部建の妻・佐々木希が、12月11日放送の『ぴったんこカンカン』(TBS系)に出演。地元・秋田でのロケに挑んだのだが、視聴者はいたたまれなかったようだ。 佐々木は同郷で「家族ぐるみの付き合い」があるという歌手・藤あや子と共に秋田ロケを敢行。「秋田に来ると大体来る」…

つづきを見る

大晦日『ガキ使』放送見送りに!? 相次ぐ“ネタバレ”に悲鳴が続出

日本テレビ系で大みそかに放送される『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』の年越し特番『絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時』に、女優・菅野美穂が出演すると、『東スポWeb』が報じている。 記事によると、菅野はホテルのオーナーに扮して登場。松本ら出演者にガチでキレまくり、明るい雰囲気のイメージを一変さ…

つづきを見る

『アンジャッシュ』児嶋“後悔は相方選び”に励まし殺到「ピンで活躍できる」

『アンジャッシュ』の児嶋一哉が、12月13日放送の特番『誰も知らない明石家さんま』(日本テレビ系)に出演。相方・渡部建をネタにした一言が話題となっている。 明石家さんまの「名言」を取り上げた同番組では、元『モーニング娘。』の鞘師里保が芸能活動を休止する際にさんまがかけた一言を取り上げた。 鞘師の休業発表2日後にラジオ番…

つづきを見る

佐々木希の“インスタ更新”に無関係なお節介コメント続々…「応援してますよ」

12月7日、タレントの佐々木希がインスタグラムを更新。夫である『アンジャッシュ』渡部建が謝罪会見を開いたばかりのタイミングとあって、ネット上ではざわめきが起こってしまった。 渡部が会見を開いたのは12月3日。会見の中では、佐々木から「誠心誠意謝罪を」と背中を押されたことや、「何十年か後に、この騒動は良かったんじゃないの…

つづきを見る