滝沢秀明

滝沢秀明の“恐怖政治”スタート「実力ないヤツは50歳で定年な」

滝沢秀明によるジャニーズ事務所の新体制が、いよいよ“恐怖政治”に移行しつつあるようだ。 何と所属のタレントに「50歳定年」を徹底させ、活動を終了させるという。 「滝沢は来年から子会社の社長になるという話もあります。そこでプロデューサーとして演出と営業を受け持つ。だから50歳で肩たたきです。もっとも、これは名目で、嫌いな…

つづきを見る

滝沢秀明『豪腕』“地味な”ジャニーズ「風間俊介」を見事に売り込む

ジャニーズ事務所の風間俊介に「番組にいてもいなくても同じだな」という何ともサエない評価が出ている。つまり、タレントとしての価値を疑問視されているのだ。 「チャラっぽいイメージがなく、ジャニーズには珍しい人間という見方はある。でも、人畜無害というか、これといって取りえがない上に、ルックスはまるで一般人のような並み顔。むし…

つづきを見る

長瀬智也『滝沢秀明』体制に挑戦状!?ジャニーズ分裂の始まりか?

『TOKIO』の長瀬智也が、滝沢秀明体制に憤慨。今後、内部分裂の引き金になりそうだという。 「滝沢が真っ先につぶしたいのは中居正広。“滝沢嫌い”を公言しているし、独立を企てながら平然と事務所に残っている。早く追放したくてしょうがない。でも長瀬も目の上のタンコブ。年長な上に自分より社歴が長く、貢献度も抜群。中居のように追…

つづきを見る

滝沢秀明が『文春』ではなく『新潮』を選んだ意味深な理由とは

ジャニーズ事務所の滝沢秀明が、今後『週刊新潮』と“懇意”にすることが明白になった。同誌10月4日号では5ページにわたって滝沢の単独インタビューを掲載。その傾倒ぶりを示した。 「『週刊新潮』といえば『週刊文春』と出てくるほど、週刊誌界のシンボル的存在でありライバル誌同士。滝沢は、これまで文春の取材に応じることが多く、接近…

つづきを見る

あぁ三宅健…滝沢秀明とのユニット『KEN☆Tackey』とは何だったのか

滝沢秀明新体制となるジャニーズ事務所。所属のタレントも“滝沢との距離”次第で、今後の芸能生命を左右しかねないようだ。 「以前から滝沢は営業をやっていたんですよ。例えば所属のAとBの話を持ってくる。こちらがAを使いたいと言うと、滝沢はBの方が将来性があると推すのです。コチラがBでと従うと、『信念ないんですね』なんて平気で…

つづきを見る

滝沢秀明に浴びせられる「アッチも引き継ぐの?」のハレンチな声

9月10日をもっての解散が発表されたジャニーズ事務所の『タッキー&翼』。 解散に伴い、滝沢秀明は年内で芸能界を引退し、後進の育成や舞台演出などの裏方に専念。メニエール病の治療のため活動を休止している今井翼は事務所を退所し、治療に集中するという。 「発表の翌日、ジャニー喜多川社長が事務所の公式企業サイトにメッセージを公開…

つづきを見る

滝沢秀明の「決意表明」にジャニーズファンが“失望”した真意

ジャニーズ事務所の滝沢秀明が、ジャニー喜多川社長の“後継者”になったと発表された。しかし、ジュニアの育成と舞台のプロデュースといった、今までジャニー社長がやっていたことの後を引き継ぐという内容に、ジャニーズファンが失望しているらしい。 『タッキー&翼』の解散に伴う滝沢の引退と今井翼の退所がファンにショックを与えたのはも…

つづきを見る

『ジャニーズNo.2』東山紀之が漏らした滝沢秀明への「哀しき嫉妬」

ジャニーズ事務所の滝沢秀明がジャニー喜多川社長から後継者指名を受け、年内で引退して裏方に専念すると発表したが、これを不快に感じているのが滝沢の大先輩・東山紀之だ。表面上は滝沢への協力を表明しているが、内心は嫉妬で一杯だという。 「滝沢の諸先輩たちを飛び越えた大抜擢は、ジャニーズ内に大きな地殻変動を起こしてしまうと懸念さ…

つづきを見る

『風見鶏』亀梨和也「滝沢クンは適任です」と早くもゴマすり発言

“ジャニーズの風見鶏”こと亀梨和也が、早くも要領のよさを発揮している。 9月14日、亀梨の所属するグループ『KAT-TUN』が4年ぶりとなる全国ツアー『KAT-TUN LIVE TOUR 2018 CAST』の横浜公演初日を迎えた。その際、亀梨は年内で芸能界を引退する滝沢に対してコメント。「正直、寂しい」と残念さを強調…

つづきを見る

「タッキーVSマッチ」ジャニーズ覇権争いが本格的に泥沼化!?

“タッキー” こと滝沢秀明が、年内いっぱいで芸能活動を引退すると発表した。滝沢はジャニーズ事務所の大幹部として、若手アイドルの育成やプロデュース業などに専念するという。 『週刊文春』のスクープにより、事務所の次期社長に指名されたと報じられた滝沢。この記事の後、ネット上では「東山紀之との後継者争いが勃発したのか?」という…

つづきを見る