漫画

『鬼滅の刃』作者・吾峠呼世晴の“人間力”に称賛!「隙の糸が見えない」

日本中で一大ブームを巻き起こした国民的作品『鬼滅の刃』が、名誉ある『手塚治虫文化賞』に選ばれた。それに伴い、作者の吾峠呼世晴が受賞に対するコメントを発信。そのコメントの〝秀逸さ〟に、ネット上で絶賛の声が続出している。 同作が選ばれたのは、朝日新聞社が主催する『第25回手塚治虫文化賞』の特別賞。吾峠は賞に選ばれたこと、あ…

つづきを見る

『行列』大泉洋の“借りパク”言い訳に非難「イメージ変わった…」

俳優の大泉洋が4月25日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演。マンガの「借りパク」を暴露されてあっさり認めたが、その言い訳が「理解できない」などと視聴者の反感を買っている。 この日は、大泉らのユニット『TEAM NACS』の5人がゲスト出演した。メンバーの戸次重幸は大泉に言いたいことがあるという。 マ…

つづきを見る

『アメトーーク』広瀬アリス“趣味”が闇深い…視聴者戦慄「ヤベーやつ」

女優の広瀬アリスが4月15日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に出演。好きな漫画を披露し、「闇が深すぎる」などと視聴者をザワつかせた。 この日は「マンガ大好き芸人」を放送。広瀬は2017年に放送された同企画で書店を訪れてお勧めのマンガを紹介したが、主人公が殺人を犯すマンガ『骨が腐るまで』がお気に入りと明かして周囲…

つづきを見る

『進撃の巨人』諫山創の新作は“サウナ”漫画? 関係者の証言で次作案が浮上

漫画家・諫山創が生み出した大人気漫画『進撃の巨人』が、4月9日発売の『別冊少年マガジン』5月号で完結。ネット上では、すでに〝次回作〟に期待の声があがっているが、新作が〝趣味に関するもの〟という説が浮上している。 同誌が発売された当日、アニメ『「進撃の巨人」The Final Season』(TBS系)のオープニングを担…

つづきを見る

『HUNTER×HUNTER』ついに連載再開!?“重大発表”に高まる期待!

漫画家・冨樫義博による大人気漫画『HUNTER×HUNTER』。『週刊少年ジャンプ』での度重なる休載で話題になる同作だが、連載再開フラグが立ったことで大きな注目が集まっている。 再開フラグが立ったのは、4月5日に発売された同誌の次週号の予告ページ。「胸がドキドキ企画陣」という項目に、「『HUNTER×HUNTER』の最…

つづきを見る

土屋アンナ『鬼滅の刃』イラストで炎上!「常識がなさすぎる」と激怒の声

モデルで歌手の土屋アンナが4月6日、自身のインスタグラムを更新。人気漫画『鬼滅の刃』のヒロイン・禰豆子のイラストを公開したが、なぜかネット上では〝炎上〟してしまう事態となった。 土屋は、《『ママ~禰󠄀豆子描いて』と言われ‥何故かスイッチが入った笑笑 ガチで描いてしまった 色鉛筆で禰󠄀豆子》とつづり、6枚にわたって禰豆子…

つづきを見る

『AKIRA』登場の東京五輪“開会式案”に賛否「これが良かった」「クソ寒い」

3月31日に『文春オンライン』が、ゴタゴタ続きの〝東京五輪開会式〟周辺の続報記事を配信した。そこでMIKIKO氏の開会式プランが明らかとなり、ネット上から賛否の声が寄せられている。 ご存じの通り、東京五輪開会式は派閥争いや不適切表現などでバタついている。MIKIKO氏は、〝オリンピッグ騒動〟で辞任した佐々木宏氏の前任者…

つづきを見る

『100日後に死ぬワニ』サクラ疑惑の“真相”判明! まさかの言い訳に失笑…

3月20日に配信予定だった、きくちゆうき氏の4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』にまつわるLINEライブが地震の発生によって中止に。しかし2万人以上の視聴者が待機しており、〝サクラ疑惑〟が浮上している。 ライブは、同作の完結1周年&映画化をうけて開催される予定だった。しかし、当日18時09分に宮城県沖で地震が発生したため…

つづきを見る

『ホンマでっか』呪術廻戦をユーチューバーが解説も批判「全然知らないな」

3月3日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)で、ユーチューバーが人気漫画・アニメ『呪術廻戦』のキャラクターを解説したところ、アニメファンから反発を浴びる展開となっている。 番組後半に、『EXIT』の2人が「呪術廻戦」の人気の秘けつを紹介。ユーチューバーのねおも加わり、明石家さんまや磯野貴理子、『ブラックマヨネ…

つづきを見る

『ONE PIECE』『呪術廻戦』どっちが人気? ネット民激論の漫画&アニメニュースランキング

『ONE PIECE』や『呪術廻戦』など、ドキドキとわくわくを運んでくれる大人気の漫画&アニメたち。旬の話題をお届けする『まいじつ』に掲載された中から、芸能記者が選りすぐった〝漫画&アニメ〟にまつわる記事をご紹介します(2/24配信まで集計)。 1位 『呪術廻戦』作者・芥見下々の発言が物議「最悪やな」「作家の覚悟を感じ…

つづきを見る