物議

華原朋美の完全復帰は当分先? SNSの“勘違い発言”が物議

歌手の華原朋美が〝勘違い暴走〟していたことが分かり、ネット上で物議を醸している。 華原は4月16日、タクシーで移動している際、別のタクシーに30分以上追跡されていることに気づき、下車後、乗客の男性を問いただしたところ、腕をつかまれるなどしたため、警察に110番通報していた。 18日には自身のツイッターで《関係者の皆様 …

つづきを見る

横浜DeNAファンが“監督の娘”に暴言! 心無い八つ当たりに心配の声

『横浜DeNAベイスターズ』三浦大輔監督の娘・凪沙さんが、野球ファンからのDMに謝罪していたことが分かり、ネット上で物議を醸している。 凪沙さんは、4月13日に自身のツイッターで《あなたの父親のせいで大好きな野球と大好きなチームを見るのか今は辛くて辛くてたまりません。本当に憎いです。あなたに直接関係ないことを書いて本当…

つづきを見る

出川哲朗『イッテQ!』をクビに…!?“枕営業”容認騒動で広がる波紋

タレントの出川哲朗がアンバサダーを務めている、経済産業省の電動車椅子プロジェクトのサイトが突然閉鎖し、ネット上で物議を醸している。出川は同サイトの動画にも出演していたが、こちらも同時に削除されている。 同プロジェクトは昨年10月21日、電動車いすの普及と利用促進、安全性の周知などを目的としてスタート。タキシード姿で発表…

つづきを見る

TBS『報道特集』で“トラウマ”映像!? 視聴者絶句「モザイクかけて」

4月3日に放送された『報道特集』(TBS系)のワンシーンが、視聴者にトラウマを植え付けてしまったようだ。 この日、番組は元BC級戦犯の補償問題を取り上げた。BC級戦犯とは、大東亜戦争における捕虜虐待といった〝戦争犯罪〟で裁かれた元兵士。しかし、多くは上官の命令に従っただけのケースであるほか、罪状自体が事後法によるもので…

つづきを見る

『ノンフィクション』の胸クソ展開が物議! 上京3カ月で実家出戻りはナシ?

4月4日放送の『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)は、北海道から料理人になるため上京した男性に密着。彼のリアリティーあふれる上京生活に、ネット上でさまざまな反響が上がっている。 男性は、北海道・苫小牧市から料理人を目指して上京した18歳。料理未経験者にもかかわらず、有名レストランに就職が決まっていた。未経験者の男性…

つづきを見る

元AKB・秋元才加の肩書は“俳優”!? ジェンダー論が物議を醸すニッポン

元『AKB48』の秋元才加が4月6日、自身のツイッターを更新。自身の肩書を〝女優〟ではなく〝俳優〟にしてほしいと述べ、物議を醸している。 秋元はオンラインメディアが自身を取材した記事への感謝ツイートと共に、《取り上げて下さりありがとうございます。申し訳ありませんが、私の肩書き表記を俳優表記にして頂けますと幸いです。ここ…

つづきを見る

『テラハ』木村花さん“侮辱罪”の判決内容に怒りの声「日本の司法は腐ってる」

恋愛リアリティー番組『テラスハウス』(フジテレビ系)に出演していた、プロレスラーの木村花さんが急逝した問題で、東京区検察庁は3月30日、ツイッターに誹謗中傷する内容の投稿をしたとして、侮辱罪で大阪府の20代男性を略式起訴した。東京簡易裁判所は同日、科料9千円の略式命令を出しているが、ネット上には怒りの声が続出している。…

つづきを見る

元『SKE48』北川綾巴の“クラウドファンディング”が物議!「パパ活と同じ」

元『SKE48』でタレントの北川綾巴が3月26日、アイドルグループのプロデュースに挑戦すると自身のツイッターで発表。資金集めのためにクラウドファンディングを立ち上げたが、その内容が〝パパ活〟のようだと、ファンの間で物議を醸している。 北川は、2012年10月に『SKE48』第6期生オーディションに合格。19年9月にSK…

つづきを見る

『報道ステーション』CMが炎上! ジェンダー平等に噛みつく自称フェミニスト

報道番組『報道ステーション』(テレビ朝日系)のウェブCMが3月22日に公開され、ネット上で物議を醸している。 番組の公式ツイッターでは、《【報ステ WEB用CM作りました】『より深く、よりカラフルに』今後とも #報ステ を何卒よろしくお願いします》と告知。15秒と30秒の2バージョンのCMが公開されている(現在は削除済…

つづきを見る

オリンピッグ騒動の問題点は? 増田明美と有森裕子の持論に明暗クッキリ

3月21日放送のNHKスペシャル『令和未来会議「どう考える? 東京オリンピック・パラリンピック』に、スポーツジャーナリスト・増田明美氏が出演。お笑いタレント・渡辺直美の〝容姿蔑視〟問題について、「告げ口文化」と切り捨て、ネット上で大ひんしゅくを買っている。 増田氏はオリンピック開催について、「安心安全をもっと訴えて行く…

つづきを見る