犯罪

あとを絶たない芸能界「薬物汚染」酒井法子は今どうしている?

芸能人の薬物報道はあとを絶たず、続々と新たな逮捕者が出ている。また近年、薬物問題で世間を騒がした人たちは、その後にどのような道を進むことになったのだろうか。 まず記憶に新しいのが6月に逮捕され、覚せい剤取締法違反罪(使用)で起訴された橋爪遼被告だ。連続ドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)に出演するなど着実に実力をつけ…

つづきを見る

wooden gavel and books

性犯罪が法改正で従来よりも厳罰化され取り締まり強化

性犯罪を厳罰化する改正刑法が6月16日成立し、7月13日から施行されている。性犯罪の規定についての大きな改正は、1907年(明治40年)の刑法制定以来のことだ。 改正刑法の主なポイントは次の通り。 強姦罪の罪名を『強制性交等罪』に変更 膣内性交のみならず、これまでは『強制わいせつ罪』で処罰されてきた肛門内や口腔内への陰…

つづきを見る

高校生イメージ

未成年への「性犯罪歴」がある教師が他県で再雇用されるカラクリ

教師による性犯罪は、相変わらず枚挙にいとまがない。 4月27日、愛知県教育委員会は50代の男性主事を懲戒免職処分とした。8年以上前に複数の教え子に対してわいせつ行為を行っていたことが、投書により発覚したためだ。5月20日には、大阪の市立小教諭の男が、女子中学生をホテルに連れ込んで暴行をして逮捕された。同27日には、奈良…

つづきを見る

線路への逃走は絶対ダメ!痴漢冤罪の「対処法」

このところ、痴漢冤罪絡みの線路逃走事件が多い。JRだけで5月に京浜東北線・新橋駅と上野駅。4月には埼京線・板橋駅、総武線・両国駅、埼京線・新宿駅、3月には総武線・御茶ノ水駅、埼京線・池袋駅、埼京線・赤羽駅で逃走事件があった。 なぜ痴漢の疑いをかけられた男性は線路に逃げるのか。 「かつて、痴漢冤罪を扱ったテレビ番組で、弁…

つづきを見る

西田敏行中傷が前例に「フェイクニュース」逮捕者続出の可能性

俳優の西田敏行を中傷する虚偽の情報をブログに掲載したとして、警視庁赤坂署が40~60歳代の男女3人を偽計業務妨害容疑で書類送検した。 同署によると、3人は昨年5~7月に、《西田敏行が違法薬物を使用している》との虚偽の情報を自身のブログなどに掲載し、所属芸能事務所の業務を妨害した疑い。調べに対し3人は容疑を認め、「興味を…

つづきを見る

Vintage police officer COP arrests

出演作タイトルそのままの事件や不祥事を起こした芸能人

橋爪功の長男の橋爪遼容疑者が先日、埼玉県内の知人宅で警視庁の捜査員に踏み込まれ、覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で逮捕された。 レギュラー出演していた連続ドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)からはすぐに降板になり、公開中の出演映画『たたら侍』は一旦打ち切りが決定したものの、再編集して上映を再開した。また、収録済みだっ…

つづきを見る

実録!違法薬物売買の取引に使われる「3大スポット」

昨年から芸能人の違法薬物事件があとを絶たない。 昨年は高知東生、清原和博、ASKA、高樹沙耶らが世間を騒がせたが、今年も5月に田中聖、6月に橋爪遼が立て続けに違法薬物関連で逮捕された。違法薬物事件を起こすと、ほぼ確実にタレント生命が絶たれるわけだが、それでも芸能人と違法薬物の関係は密接だ。 「違法薬物には“芸能人価格”…

つづきを見る

のだめ共演の小出恵介と橋爪遼が奏でた「不祥事二重奏」

写真週刊誌『フライデー』に《17歳女子高生と飲酒&SEX》という見出しの記事を掲載された俳優の小出恵介。未成年と知りつつ、ドラマロケの合間にそうした行為をしてしまったことで、当然ながら非難が集中している。 だが、この騒動によって「記事の扱いが小さくなった」と胸をなで下ろしている人物がいる。覚せい剤取締法違反(所持)容疑…

つづきを見る

性犯罪被害を告白した詩織さんに罵声を浴びせる人間の正体

フリージャーナリストで“安倍首相に近い男”としてテレビのコメンテーターも務めている山口敬之氏が性的暴行を行ったとして、被害女性の詩織さんが顔と実名を公開し、記者会見を行った。 詩織さんは記者会見以前に『週刊新潮』に告白をしており、山口氏から受けた性的暴行について詳細を説明していた。その記事中では、2015年春に、当時T…

つづきを見る

田中聖周辺を「交友関係を洗え」で戦々恐々の元ジャニーズ

ジャニーズの『KAT-TUN』の元メンバーで、ミュージシャンの田中聖が大麻所持の現行犯で逮捕されたことで、次はどの元ジャニーズが逮捕されるのかと、芸能界関係者のあいだで話題になっている。 「田中は誰とでも仲よくするタイプなので、音楽関係の交遊ならば、パンク系やロック系など幅広いです。同じ元KAT-TUNの赤西仁とはいま…

つづきを見る