直木賞

Writer Style Thinking Ideas Traveler Casual Concept

セカオワ・Saoriが直木賞落選も作家に専念の噂

第158回直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が1月16日に開かれ、門井慶喜氏の『銀河鉄道の父』が受賞した。注目された音楽バンド『SEKAI NO OWARI』のSaoriこと藤崎彩織の小説家デビュー作『ふたご』は落選した。 選考委員を代表して会見した作家の伊集院静氏は、選考過程を「圧倒的に門井さんで(投票の)7割を占…

つづきを見る

「セカオワ」Saoriの直木賞候補選出にファンは微妙な反応

音楽バンド『SEKAI NO OWARI』のSaoriが、本名の藤崎彩織の名義で今年10月に発売した小説『ふたご』(文藝春秋刊)が直木賞候補に選ばれた。選考結果は来年1月16日発表に発表される。 Saoriは「苦しみながら作品に向き合ってきたので、伝統ある賞のノミネートという喜びを、これからゆっくりとかみしめたいです」…

つづきを見る

「SEKAI NO OWARI」Saoriが直木賞にノミネートされた裏事情

12月20日に『第158回芥川龍之介賞』と『第158回直木三十五賞』の候補作品が発表された。いずれも実力派の作家が並ぶなかで驚かされたのが音楽バンド『SEKAI NO OWARI』のメンバーとして活動するSaoriこと藤崎彩織が直木賞候補に選出されたことだ。 藤崎の初小説である『ふたご』(文藝春秋刊)は、ピアノが友達と…

つづきを見る