矢作兼

『おぎやはぎ』矢作がジャニーズJr.にイヤミ?「まだデビューしてないの?」

『おぎやはぎ』の矢作兼が6月13日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)に出演。VTR出演したジャニーズタレントを見てイヤミを口にした。ジャニーズファンは意外にも「ほんとそれな」「おかしいよ」と共感している。 『HiHi Jets』の猪狩蒼弥が「超激辛チャレンジグルメ」に登場。『パンサー』尾形貴弘、『U字工事』福田薫、遠野…

つづきを見る

9年ぶり復活の『ビンカン選手権』が大不評…“注目”テロップで全て台無しに

4月の番組改編から放送時間が昇格した『くりぃむナンタラ』(テレビ朝日系)で、前身番組『くりぃむナントカ』の「芸能界ビンカン選手権」が9年ぶりに復活。ところが、かつてのような面白さが半減しており、視聴者からブーイングが続出している。 放送時間が変わり、4月3日、10日の2週にわたって「ビンカン選手権」を放送。「芸能界ビン…

つづきを見る

“ハセキョー離婚”も的中!有吉弘行・矢作兼ら“預言者”が集結する『正解は一年後』

12月30日に『クイズ☆正解は一年後』(TBS系)が放送される。今回も『ロンドンブーツ1号2号』田村淳とフリーアナウンサーの枡田絵理奈がMCを務め、有吉弘行、『おぎやはぎ』、『FUJIWARA』らが解答者として出演するようだ。 同番組は2013年にスタート。1年を振り返るクイズを年始に収録し、年末に答え合わせをする番組…

つづきを見る

『雨上がり決死隊』解散“どうでもいい”が本音? 感動ゴリ押しに同業者も呆れ

8月17日、お笑いコンビ『雨上がり決死隊』が解散を発表した。仲間たちが号泣するなどして、世間もそれに合わせて悲痛な声をあげているのだが、一方では「大袈裟」「どうにでもなる」という冷めた声も多い。 コンビ解散を切り出したのは蛍原徹。宮迫博之が自粛期間中に勝手にYouTubeチャンネルを開設し活動をはじめたころから違和感を…

つづきを見る

『バイキング』矢作兼とカンニング竹山の明暗クッキリ!「竹山は二度と出るな」

1月27日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)に、コメンテーターとして『おぎやはぎ』矢作兼とカンニング竹山が出演。元『欅坂46』今泉佑唯との結婚を発表した人気ユーチューバー・ワタナベマホトの騒動についてコメントしたが、視聴者からの反響は明暗がクッキリと分かれてしまったようだ。 この日の番組では、ワタナベが女子高…

つづきを見る

生放送でうっかり放送禁止用語…『おぎやはぎ』もやらかしたハプニング

気を付けてはいるものの、生放送ではうっかり〝放送禁止用語〟を言ってしまうことも。ネット上で話題になった芸能人たちの失態を紹介していこう。 まずは『おぎやはぎ』矢作兼。事故が起こったのは、2019年11月に放送されたラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)。この日は相方・小木博明の友人として、大宮エリー氏が…

つづきを見る

『バナナマン』設楽、『おぎやはぎ』矢作…意外な“前職”芸能人たち

現在、テレビ業界全体から引っ張りだこの〝お笑い第7世代〟。中でも、渋谷系ネオチャラ芸人『EXIT』は、2018年に深夜バラエティー番組『ゴットタン』(テレビ東京系)をきっかけにブレークし、今やテレビやインターネット等媒体を問わず快進撃を展開している。 そんな『EXIT』の最大のウリといえば、〝実は見掛けによらずマジメ〟…

つづきを見る

タモリ…『嵐』大野智…温厚イメージ芸能人“激怒の瞬間”エピソード

10月3日深夜放送のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』で、『おぎやはぎ』の矢作兼が激怒したエピソードを明かした。 同放送で、矢作は新築マンションに引っ越したことを報告。しかしその際、引っ越し業者のスタッフの1人から〝おぎやはぎの矢作〟と名指しされ、「こんなところに居るんだ」と声を掛けられたという。 この行動に対して…

つづきを見る

おぎやはぎのMC番組に猛烈批判…“ブス女”はいくらで脱ぐのか調査!?

9月9日に放送されたトークバラエティー番組『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaTV)の〝ブスはいくらで脱いじゃうのか?〟というコーナーが、ネット上で物議を醸している。 同コーナーでは、雑誌のインタビューと称して女性6人に個別インタビューを敢行。最後に「ヌード撮影をするとしたらいくらなら脱ぐか?」と質問し、その金額…

つづきを見る

中谷美紀が「プラチナ・ミューズ アワード」受賞

書道8段も!? 中谷美紀だけじゃない意外過ぎる“達筆”な芸能人たち

女優の中谷美紀が、以前から熱愛が報じられていたドイツ出身のビオラ奏者・ティロ・フェヒナー氏と国際結婚を果たした。 実に9000キロにも及ぶ日本とドイツの“超遠距離恋愛”が話題となった中谷だが、さらに注目されたのは、結婚に際してマスコミ各社に送った直筆コメント。筆で書かれた縦書きの文章は“和”の雰囲気が全開で、あまりの達…

つづきを見る