石田ゆり子

『TOKYO MER』石田ゆり子の“廊下芸”に賛否「恥ずかしい」「笑える」

7月25日、俳優・鈴木亮平の主演ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)の第4話が放送された。出演キャストの1人である石田ゆり子に、視聴者から沸々と批判的な声があがりはじめている。 事故・災害・事件の現場へ駆けつけ、患者を救命するために発足した救命救急チーム〝TOKYO MER〟のメンバーは7人。チー…

つづきを見る

43歳・一色紗英の“近影”に感嘆の声「かわいすぎ」「細胞が違う」

1990年代を代表する美人として人気を博すも、近年はその活躍が聞かれなくなって久しいモデル・俳優の一色紗英。しかし先日、その近影が石田ゆり子のインスタグラムで公開され、未だ美を保っているとネット上で話題を集めた。 石田は4月24日に自身のインスタグラムを更新。《きのう、ほんとに 20年以上ぶりに会った 紗英ちゃんは 出…

つづきを見る

50歳超えで奇跡のすっぴん! 石田ゆり子、hydeの“素顔”が神レベル

2月28日に『L’Arc~en~Ciel』のhydeが、『黒夢』の清春とともにインスタライブを敢行。オフモードであるためか、2人はサングラスも外してすっぴんと思われる姿で登場した。 このライブ中には、清春が「hydeくんは年をくってもカッコイイね」とhydeの容姿を褒めたたえる場面も。hydeは「そうかな? いや、ほん…

つづきを見る

石田ゆり子がヘアをバッサリ…“奇跡の五十路”ついにフル露出を決意!?

〝奇跡のアラフィフ〟女優の石田ゆり子が去る9月22日、自身のインスタグラムを更新。「久々の肩の上のボブです」などとコメントし、ヘアカットした自身のショットを投稿した。 「石田は『次の役のために髪の毛をカットした』と書き出し、ヘアスタイルを一新したことを報告しました。一方では〝ある決意〟の表れだともっぱら。水面下では今、…

つづきを見る

石田ゆり子“ゆる~い私服”にドヨめき!「田舎の婆ちゃん」「普通にきれい」

8月20日発売の『女性セブン』が、女優・石田ゆり子の〝お見合い〟現場をスクープした。すでに石田本人が報道を否定する声明を出したが、ネット上は石田の〝オフ感〟満載の私服に大盛り上がり。「田舎の婆ちゃんみたい」「私が着るとただのパジャマ」などと、内容そっちのけの声があふれている。 同誌によると、石田は8月初旬の夜、とある中…

つづきを見る

情報が筒抜け!“異性化”で話題の『FaceApp』に落とし穴!? マジなのか…

わずか数タップするだけで写真の人物を〝異性化〟できるアプリ『FaceApp(フェイスアップ)』がネット上で話題になっている。 同アプリはロシアの『Wireless Lab』社が2017年にリリースしたスマホ向け写真加工アプリ。写真の人物を雑誌の表紙のように加工したり、男性を女性、女性を男性に変身させることができることか…

つづきを見る

石田ゆり子“コロナ癒やし”逆効果!?「ネコしかいない家は穏やかだろーよ」

女優の石田ゆり子が4月13日、自身のインスタグラムを更新。白いトレーナーを着て部屋でリラックスしている姿を公開し、 《冷たい雨が降っています。わたしは元気です。わたしが偉そうにいうことではないけど必ずこんな日々は終わります。それまでみんなで、頑張りましょう。なんでもない普通の毎日が一日も早く戻ってきますように》 と、新…

つづきを見る

倉科カナ“おひとりさま”真っしぐら! 第二の石田ゆり子を心配する声

女優の倉科カナが1月19日、自身のインスタグラムを更新。ピンクのダンベルを耳に見立て、アニメのキャラクター風を装うキュートなショットを披露した。 View this post on Instagram A post shared by 倉科カナ (@kanakurashina_official) 倉科は、《自称ミニー♡…

つづきを見る

2020年の今年こそ!〝大胆エロス〟期待の女優たち

昨年の〝大胆エロス〟は『よこがお』の筒井真理子が、『火口のふたり』の瀧内公美が、そして『人間失格 太宰治と3人の女たち』の二階堂ふみらが担ってくれた。さて、今年はどんな女優が期待に応えてくれるのだろうか。 近く公開予定作の内、すでに試写を観て〝応えてくれた〟ことを確認したのが、例えば『ロマンスドール』(1月24日公開)…

つづきを見る

明石家さんまの“嫌われぶり”が末期的…「お笑い界の老害」の声も

今やお笑い界の「老害」と呼ばれる明石家さんまが、末期的な嫌われぶりを見せている。今年で16回目となる『日経エンタテインメント!』恒例の「好きな芸人 嫌いな芸人」ランキングが去る8月に発表されたのだが、さんまは「嫌いな芸人」として初の1位を獲得。昨年11位からのジャンプアップで、この1年で嫌われ度が激増した格好だ。 「9…

つづきを見る