社会

法改正の転機となった“平成の凶悪事件”3つとその後…

世間を震撼させた事件が『平成』には多く発生した。各メディアの報道は、事件からしばらくたつとぱったり消えるため、〝事件のその後〟を知らないという人は多くいるだろう。法改正の転機ともなった3つの凶悪事件と〝その後〟を見ていこう。 【秋葉原無差別殺傷事件】 2008年6月、秋葉原の歩行者天国で発生した通り魔殺傷事件。犯人はネ…

つづきを見る

「儲かっている大学」のほとんどが“付属病院”を持っている理由

大学の収入を表す「財務情報」は、学校単位で開示されるケースもあるが、「学校法人単位」で開示されているところがほとんどだ。そのため、付属の小中高や付属病院といった法人傘下の学校や病院、研究機関などの収益も含まれる。 複数の大学を運営している大学法人も多く、その場合も、傘下大学すべての収益が合算された形で計上されている。 …

つづきを見る

矛盾!学生を『拘束』しながら「勉強しろ」という日本企業の身勝手

日本の改革派が「米国型株主資本主義」を目指すべきとの主張を相変わらず続ける一方で、アメリカにはその対極へと導こうとしている政治家がいる。20年の米国大統領選で民主党の有力な指名候補と見られるエリザベス・ウォーレン上院議員だ。 「ウォーレン氏は、日本特有の資本主義とされる『ステークホルダー・モデル』へアメリカを移行させる…

つづきを見る

安倍首相のメッセージと「こども食堂」を取り巻く国民との温度差

2016年11月8日、安倍晋三首相が発起人となっている「子供の未来応援国民運動」創設1周年が総理官邸で行われた。 これは、内閣府、厚生労働省、文部科学省、公益財団法人が協力し合いスタート。貧困の状況におかれた子どもを支援するために設立された。創立1周年記念では、昨年の10月~1年間で約7億円の寄付金が集まったことを発表…

つづきを見る

日々の不満「クレーム」を買い取る会社の真の意図

貧富の差が拡大し副業を考えている人は多い。だが片手間にというわけにもいかない。 そんな中、“クレームを買い取る”というサービスが注目されている。 通販会社『ディノス』は、不満を募集して商品をつくる『コラボル』という企画を実施している。福井県の福井商工会議所は『苦情・クレーム博覧会』という、不満を買い取るイベントを実施し…

つづきを見る