社会問題

高校生イメージ

未成年への「性犯罪歴」がある教師が他県で再雇用されるカラクリ

教師による性犯罪は、相変わらず枚挙にいとまがない。 4月27日、愛知県教育委員会は50代の男性主事を懲戒免職処分とした。8年以上前に複数の教え子に対してわいせつ行為を行っていたことが、投書により発覚したためだ。5月20日には、大阪の市立小教諭の男が、女子中学生をホテルに連れ込んで暴行をして逮捕された。同27日には、奈良…

つづきを見る

線路への逃走は絶対ダメ!痴漢冤罪の「対処法」

このところ、痴漢冤罪絡みの線路逃走事件が多い。JRだけで5月に京浜東北線・新橋駅と上野駅。4月には埼京線・板橋駅、総武線・両国駅、埼京線・新宿駅、3月には総武線・御茶ノ水駅、埼京線・池袋駅、埼京線・赤羽駅で逃走事件があった。 なぜ痴漢の疑いをかけられた男性は線路に逃げるのか。 「かつて、痴漢冤罪を扱ったテレビ番組で、弁…

つづきを見る

近い将来に開催危機も?高校野球審判が深刻な人手不足

高校野球、夏の甲子園大会の地方予選が開幕した。早稲田実業の清宮幸太郎に注目が集まっているが、地方の各大会は“運営危機”にさらされている。 「高野連は都道府県に審判員の“55歳定年制”を勧めていますが、全国的に人数が不足しており、高齢の審判員も借り出さなければならないのが現状です。審判員を希望する若手も減っているため、深…

つづきを見る

幼児番組顔負けの人気「再生回数30億超」子供ユーチューバー

いま、子供たちのあいだで大人気の“子供ユーチューバー”、こう君とねみちゃんの姉弟をご存じだろうか。 動画投稿サイトYouTubeに動画をアップして、閲覧数に応じて収入を得るユーチューバーといえば、ヒカキンやはじめしゃちょーが有名だが、こう君とねみちゃんは、彼らに迫る勢いで最近、急激に閲覧数を稼いでいる番組『キッズライン…

つづきを見る

カンニングは最大禁錮7年!凄まじい中国の大学受験事情

かつて日本で“受験戦争”と呼ばれた大学入試。中国では比喩的な“戦争”よりよほど恐ろしい現実がある。言うなれば“受験監獄”だ。 中国では毎年6月に『高考』(普通高等学校招生全国统一考试)と呼ばれる大学統一入学試験が2日間(一部の省は3日間)にわたって行われる。 昨年6月、国営通信の新華社は「今年から中国の大学入試でカンニ…

つづきを見る

西田敏行中傷が前例に「フェイクニュース」逮捕者続出の可能性

俳優の西田敏行を中傷する虚偽の情報をブログに掲載したとして、警視庁赤坂署が40~60歳代の男女3人を偽計業務妨害容疑で書類送検した。 同署によると、3人は昨年5~7月に、《西田敏行が違法薬物を使用している》との虚偽の情報を自身のブログなどに掲載し、所属芸能事務所の業務を妨害した疑い。調べに対し3人は容疑を認め、「興味を…

つづきを見る

外来種生物が自然にもたらす「良い影響」に関する議論

外来種と言えば、琵琶湖の在来種を脅かすブルーギルやブラックバスがまず頭に浮かぶ人も多いだろう。ほかでは、私立の動物園が破たんして逃げ出し野生化した小型のシカであるキョンや、ニホンザルとの交雑個体が発見された台湾ザルなども、人間の生活や生態系に多くの影響を与えている。最近では、台湾タケクマバチが、農耕地や庭にある水まきホ…

つづきを見る

「軍隊」ではない自衛隊員が抱えるメリットとデメリット

安倍晋三首相は5月3日の憲法記念日に「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」と語り、戦力の不保持などを謳う憲法9条を改正し、自衛隊を軍とする改憲案を提示した。 「現行の自衛隊は軍隊ではないので『軍法裁判』の設置も規定されていません。“防衛出動”時には、自衛隊は武力を行使できるので、武力行使により敵を殺すことは刑…

つづきを見る

美容エステサロンで問題多発の「HIFU」とは?

全国展開する大手エステサロンのA社(本社・東京都)が、傘下の美容外科医院に顧客を回し、高額の契約を結ばせていたと毎日新聞が報じた。傘下医院はインフォームドコンセント(十分な説明に基づく同意)を無視し、クーリングオフにも応じていないなど、悪質性が高く、厚生労働省と消費者庁は医療法や特定商取引法に抵触する可能性があるとみて…

つづきを見る

チケット

「正規客をバカにした」AKB運営会社の転売屋対策にファン激怒

5月20日に宮城県仙台市で開催された『AKB48』のコンサートで、ある騒動が起きたという。 「夜公演のアンコール中に、客席最前列のところへ数人のスタッフが現れると、チケットの名義と身分証をチェックし始めたのです。何人かの客がチケットの名義と身分証の氏名が違い、外に連れ出されて行きました。僕はAKBのコンサートに何回も行…

つづきを見る