社会問題

ゴミ屋敷

増加する高齢者の「ゴミ屋敷」

かつて、ワイドショーや夕方の情報番組で“ゴミ屋敷”が脚光を浴びた時期があった。取り上げられるゴミ屋敷といえば、一軒家で、問題の住人はどこか偏屈な印象を受ける人物だというのが大半だった。 いまも各地にゴミ屋敷はあるのだが、かつてのイメージから様相は変わり、マンションのゴミ屋敷が増加中だという。 「マンションに住む独居高齢…

つづきを見る

高齢者が狙われる「押し買い」の実態

高齢者を狙う犯罪者たちの手口は、投資詐欺やオレオレ詐欺ばかりではない。これまで訪問販売で壺や印鑑、布団などの高級商品を悪質な手法で売り付ける『訪問販売(=押し売り)』が一般的だったが、最近では逆に無理やり物品を買い取られる『訪問購入(=押し買い)』のトラブルが増えている。 「押し買いの一般的なやり方は、『切手1枚でもい…

つづきを見る

エスカレートする「キラキラネーム」の現状

子供の名前の決め方に変化が生じている。これまでは書籍などを購入して画数で決めたり、かつては親やそれぞれの祖父母から命名するなどのケースが目立っていたが、最近は姓名判断ができるウェブサイトの情報を見ながら、夫や妻と相談して決めるというケースが多いようだ。 その際、親は「生まれたら○○ちゃんと呼びたい」などの理由で、名前の…

つづきを見る

座間9人連続殺人事件「ツイッター規制」はできるのか?

神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件で、警視庁は11月10日、身元が分かっていなかった被害者8人の身元を特定したと発表した。現場から見つかったカード類などから被害者の可能性が高い人を絞り込み、家族の協力を得てDNA鑑定で特定された。 逮捕された白石容疑者はこれまでの調べで、9人の大半について「ツイッター…

つづきを見る

増加する「新幹線通勤の補助」を行う地方自治体

会社員の“新幹線通勤”を補助する自治体が増えているという。その事情には人口の流出がある。住む人が減り、財政難に陥るのを防ぐためである。 スキー場や温泉で知られる越後湯沢駅のある新潟県湯沢町も、人口流出が悩みだ。そこで35歳前後の“Iターン”や、もともと湯沢町に住んでいた人が首都圏に一度出てから戻ってくる“Uターン”を対…

つづきを見る

気をつけたい「電車ドア横」に関するトラブル

満員の通勤電車で頻繁に起きるのが、“ドア横スペース”の争奪戦だ。電車の乗降ドアの横のスペースは、比較的動かずに立っていられる場所だが、その横に座る人にとっては迷惑この上ない場合が多々ある。 ドア横に立っている人、座席横の手すりに寄り掛かれば、遮るものがないため、それはそのままドア横に座っている人への迷惑行為になる。寄り…

つづきを見る

夫婦で「別財布家計」に思い掛けない落とし穴

むかし、男性は家庭の“大黒柱”と言われていた。夫は外で稼ぎ、妻は家庭を切り盛りするというのが当たり前で、男は給料袋の封を開けず、そのまま妻に渡すということも多かった。家族のために稼いできたものはすべて家に入れるという考え方からで、一家を養う責任感から大黒柱と呼ばれたのもうなずける。 ところが、社会構造の変化で夫婦共働き…

つづきを見る

畑を荒らす「害獣」を捕獲したら怒られた!?

本来は山地や森林地帯に生息するタヌキによく似た『二ホンアナグマ(以下アナグマ)』が、住宅街にまで降りて来て、家庭菜園などを荒らす事例が増えている。今年6月23日、福岡県飯塚市で初めて有害鳥獣に指定されたアナグマが、市内のある家庭の菜園で捕獲されたことが意外な問題に発展している。 捕えたのは自宅敷地内にわなを仕掛けた同市…

つづきを見る

なぜ「銭湯」は減少を続けているのか

ここ数年、銭湯ブームが続いている。だがその反面、廃業する店舗もあとを絶たない。銭湯の数が最も多かった1986年は、都内に2600以上の銭湯が存在していた。だが、2016年には約600軒まで減少している。その背景には、経営者の高齢化や後継者不在などの問題が指摘されている。 「1990年代後半から2000年代前半にかけてス…

つづきを見る

日本とあまりに違うイギリス地下鉄の「痴漢容疑者」対応

日本ではここ最近、電車内で発生した痴漢行為が連日のように報道されている。たとえ冤罪だったとしても「駅員室へ入った段階で警察に引き渡され逃れることができなくなる」という噂が広まったことで、線路を逃走して死傷者を出す事故も起きた。もちろん、列車に遅延が発生するため数万人単位で影響が出ることもある。 痴漢行為は日本だけに見ら…

つづきを見る