社会問題

危険!子どもの精神を崩壊させる『有害』YouTubeの罠

近年、若者世代の“テレビ離れ”が加速しているといわれているが、その傾向はさらに強くなっている。今では小学生のメイン視聴はテレビよりもYouTubeで、ヒカキンやはじめしゃちょーなどに代表されるユーチューバーは、芸能人以上の人気を誇っている。 しかし、YouTubeが子どもたちに大人気になればなるほど、その裏側では数々の…

つづきを見る

女子中学生を裸に!動画配信アプリ『Periscope』で男を逮捕

女子中学生を裸にさせ、わいせつな動画を配信させたとして、埼玉県警は1月17日、公然わいせつ教唆と児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、兵庫県西宮市の43歳の無職の男を逮捕した。 男は動画配信アプリ『Periscope(ペリスコープ)』を使い、自身の裸を生中継していた女子中学生に「四つん這いで後ろを向いて」などとメ…

つづきを見る

もらったお茶を飲んだだけで… 『デートレイプドラッグ』の恐怖!

近年、睡眠導入剤などの薬剤を飲食物に混入させ、わいせつ行為に及ぶ『デートレイプドラッグ』の被害が急増しており、専門家が注意を呼び掛けている。 警視庁によると、薬物を使用した性犯罪の摘発件数は例年30件程度で推移していたが、2017年は85件と急増したという。 昨年11月には、ツイッターで知り合った高校3年生の女子生徒に…

つづきを見る

週刊SPA!“ヤレる女子大”批判も“パパ活指南サイト”乱立の現状

雑誌『週刊SPA!』(扶桑社)の『ヤレる「ギャラ飲み」実況中継』特集で、「性交渉をしやすい」大学を順位付けして批判を集めた問題が、さらなる波紋を広げている。 誌面では男性が女性の飲食代を負担し、小遣いも渡す“ギャラ飲み”が流行している実態を紹介。飲み会後にエッチに発展しやすい大学を『ヤレる女子大学生RANKING』とし…

つづきを見る

“ヘイトのメッカ”南青山の児相問題に専門家「地価が下がるわけない!」

東京・港区の一等地、南青山に建設予定の施設に対する周辺住民の反対騒動。一部住民が言い放った、まるで“ヘイトスピーチ”のような猛反対の声が、ワイドショーなどを通じて大きく取り上げられた。 この施設は仮称で『港区子ども家庭総合支援センター』といい、子ども家庭支援センターと児童相談所と母子生活支援施設が複合されたものだという…

つづきを見る

平成末期の珍現象『退職代行サービス』が流行する背景とは

ここ最近、ニュースなどで「退職(退社)代行サービス」という存在を耳にする。 簡単にサービス内容を説明すると、退職希望を持ちながら退職できないユーザーに対して、退職手続きをアドバイスし、退職の連絡を本人に代わって行う。その際にサービス利用料を3万~5万円(某社の場合、アルバイトの退職は4万円、正社員の退職は5万円)を支払…

つづきを見る

『辛子高菜』が消滅!? みんな大好き「ラーメンのお供」がなくなるワケ

昔は捨てていたり、積極的には食べられていなかったのに、調理法や保存技術の確立などによって人気食材になってしまうことがある。 例えばホルモン。「放(ほお)るもん」という認識からその名が付いたという俗説もあるくらい食用としての価値は低かった。寿司における看板ネタであるマグロは、江戸時代には「外道」とされ、傷みやすいトロに至…

つづきを見る

駐車料金が『2万円』?「詐欺スレスレ」のトラブルに気を付けろ!

いよいよ今年もあとわずか。帰省や旅行、買い物と、車を利用する機会も増えてくるが、同時にお世話になるのがコインパーキング。しかしここ最近、コインパーキングに関する料金トラブルが多発しており、全国の消費生活センターなどに苦情が多数寄せられ、大問題になっている。 「コインパーキングに駐車する際、『1日最大○○円』などと書かれ…

つづきを見る

過去最多の『いじめ』発覚も、いまだ隠匿される“私立校”での実態

去る10月25日、文部科学省から平成29年度(2017年4月~2018年3月)のいじめ認知件数が公表され、全国の小中高校等で認知された「いじめ」は41万4378件で、前年度(32万3143件)から9万1235件増加し、過去最多となった。 これらの数字は、『平成29年度 児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関…

つづきを見る

地獄か!?『ブラック企業大賞2018』ノミネート各社が酷すぎる

今年で第7回となる『ブラック企業大賞』のノミネート企業が発表された。先に発表された『新語・流行語大賞』は毎年、面白いところなど1つもないが、こちらはある意味、それ以上に“笑えない”。 今回ノミネートされた“名だたる”企業・団体は次の9つだ。 《ジャパンビジネスラボ》 都内で語学学校等を運営する同社は、正社員の女性に対し…

つづきを見る