社会問題

「最悪前歯折れる」三ツ矢サイダーCM中止に見る常識感覚の差

三ツ矢サイダーのテレビCMが公開中止になった。このCMは、4月15日から放送されていたアサヒ飲料の三ツ矢サイダー『僕らの爽快編』で、俳優の神木隆之介と女優の芳根京子が出演していたものだ。 このCM中に、芳根が建物の屋上でトランペットを吹いている場面がある。そこへふたりの友人が後ろから駆け寄って、斜め後ろから軽く体当たり…

つづきを見る

JR発足30周年の裏で先送りされ続ける「赤字垂れ流し」構造

4月1日で、国鉄が分割民営化されてJRグループが発足してから30周年を迎えた。 JR東日本など本州3社は、株式上場するなどして高収益企業に生まれ変わった。昨年10月25日にはJR九州も上場している。だが、現在のJR繁栄の陰には、大きな国民負担がある。 元横浜市長の中田宏氏は昨年4月、『新幹線は地方を幸せにするのか』と題…

つづきを見る

Burglar doing online shopping with laptop and credit card on white background

あなたも被害に…増加するカード悪用「古典的手口」に注意

クレジットカードが持ち主の知らないうちに勝手に使われるケースが相次いで発生している。 日本クレジット協会の調べによれば、2012年には約68億円だった被害額が、2015年には約120億円とほぼ倍増し、カード犯罪は増加傾向にあるという。原因は“番号盗用”という手口の増加だ。 「2001年に刑法が改正され、偽造カードを処罰…

つづきを見る

待機児童問題は3つの業界団体による「鉄の結束」が元凶

私立認定こども園『わんずまざー保育園』(兵庫県姫路市)が定員の約1.5倍の園児を受け入れ、さらに給食を十分与えないなどの劣悪な環境で保育していたことは、大きなニュースとなって全国に報じられた。 保育所不足による待機児童問題は、“政官”と“保育者”による根深い問題がある。 「民間保育所の経営者というのは、地主や寺社など、…

つづきを見る

意外な理由で武蔵小杉が「住みたい街ランキング」上位から脱落

都内近郊のタワーマンション街として、急速な発展を遂げた武蔵小杉(神奈川県川崎市)では、“2重扉のコンビニ”が名物となっている。入り口の自動扉を覆うかのように、さらにガラスで作った扉を設置しているのだ。これはビル風の直撃を少しでも和らげようとしているためだ。 居住する住民のビル風による被害を列挙すると、傘が壊れることや、…

つづきを見る

「シェールガス」は日本のエネルギー市場に革命を起こせるか?

東日本大震災から6年が過ぎた。事故を起こした福島第1原発の現状については、いまだに詳細が分からない状況だ。 世論調査を見てみると、国民の過半数が原発の再稼動に反対している。しかし、原発が必要だとする意見も少数ながら一定数あり、その根拠としては「再生可能エネルギーは原発の代わりにならない」、「石油・天然ガスは高いので電気…

つづきを見る

口コミサイトに蔓延する「報酬付き」レビューの相場が明らかに

各情報サイトや通販サイトのレビューや口コミには嘘や過大な広告のようなもの、さらにはネタのような投稿まで、さまざまな真実ではない情報が氾濫している。なぜこのような状態になっているのだろうか? ネタで埋め尽くされる大手ネット通販サイトのレビュー欄 大手通販サイトでは、販売されている商品に対してユーザーがレビューを書き込むこ…

つづきを見る

基本 CMYK

いかがわしい事件でよく耳にする「迷惑防止条例」とは何か

撮影と盗撮の違いはどこで線引きされているのだろうか。ある実際にあったケースから考えてみよう。 京都府警は野球場でチアリーダーの女子大学生を盗撮した疑いで先月、迷惑行為防止条例違反で、大阪府茨木市の50歳の会社員男性を書類送検した。会社員は「チアリーダーに性的興味があった」と容疑を認めているという。 報道によると、大学野…

つづきを見る

「不動産=資産」という持ち家信仰はもはや誤り

“夢のマイホーム”、“人生最大の買い物”――。これらの言葉は、日本人に染み付いた不動産信仰を端的に表している表現だが、あくまでも業界側から発せられたキャッチコピーにすぎない。 一戸建ての購入を考える30代は働き盛りで元気だ。しかし、子供が独立してからは夫婦ふたりでの暮らしになるとか、体が動かなくなって掃除や炊事もままな…

つづきを見る

訪日外国人患者の「医療費踏み倒し」で病院がピンチ

外国人観光客が医療費を未払いにしたまま帰国する問題が相次ぎ、病院が悲鳴を上げている。関係者は、「食い逃げは逮捕されるのに、医療費の踏み倒しは許されるのか」と憤りを隠していない。 空港近くの、とある医療センターに来院する人は、大半が急患だ。しかし、未納となる人は旅行保険に加入しておらず、クレジットカードも持っていないこと…

つづきを見る