稲森いずみ

最大24コ差!年齢差があり過ぎる『ベッドシーン』を演じた役者たち

恋愛ドラマや映画で欠かせないベッドシーンだが、男女の年齢差があり過ぎて「全然キュンとしない…」「むしろ気持ち悪い」などとドン引きされたものもある。 2017年12月に放送されたドラマ『眠れぬ真珠~まだ恋してもいいですか?~』(日本テレビ系)では、女優の藤原紀香が鈴木伸之との濃厚ベッドシーンに挑戦。藤原は胸をさらけ出し、…

つづきを見る

稲森いずみは「第2の石田ゆり子」となるか?

見た目の劣化が気になる40代、50代。特に女性芸能人ともなれば、その露出に比例してさまざまな“客観的意見”がSNSを中心に飛び交う。一方で、最近はアラフォー、アラフィフの女性芸能人の美しさも話題になる。その筆頭は“奇跡のアラフィフ”こと、石田ゆり子だろう。 石田は昨年出演したドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)…

つづきを見る

ネット上を騒がす中山美穂と稲森いずみの「顔面劣化」

1995年に公開された映画『ラブレター』のトークイベントが先日、都内で行われ、主演の中山美穂(46)と岩井俊二監督が登壇した。 同作は天国の恋人に向けて送った1通のラブレターがきっかけで、2つの恋が浮き彫りになっていくという内容。 「中山が『お元気ですか、私は元気です』と話すところが代表的なシーンで、トークショーの終了…

つづきを見る