競泳

瀬戸大也がついに離婚? 妻・優佳の“電撃復帰”に飛び交う憶測

東京五輪の競泳代表選手・瀬戸大也の妻である瀬戸優佳(旧姓・馬淵)が競技飛び込みに電撃復帰。12月11日、石川・金沢で行われた『中田周三杯』に出場し、女子3メートル板飛び込みで245.55点をマークし、4位に入った。 優佳は2017年5月に大也と結婚。同年11月に自身のツイッターで引退を表明し、18年6月に長女、20年3…

つづきを見る

瀬戸大也の妻“パリ五輪”に思い馳せるもバッシングの嵐「痛々しい…」

8月11日、東京五輪競泳日本代表・瀬戸大也の妻である馬淵優佳がインスタグラムを更新。五輪の閉幕に思いを馳せるも、コメント欄はバッシングの嵐が吹き荒れている。 馬淵はインスタグラムで過去に2回、五輪カラーのネイルをお披露目。今回は五輪が閉幕したため、今までのテイストと異なるパステルカラーのジェルネイルをアップしている。写…

つづきを見る

東京五輪・北島康介“NHK中継”の奇抜私服に驚き「総額130万円近い」

元競泳金メダリストの北島康介氏が、8月4日にNHKで中継された東京オリンピックのスケートボード競技に生出演。そのファッションが注目を浴びた。 北島氏はスケートボード会場の『有明アーバンスポーツパーク』から出演したが、この日はいつものスーツ姿と違い、カラフルなアロハ風シャツにキャップを後ろ向きで被ったラフなスタイルで登場…

つづきを見る

瀬戸大也の妻も炎上!? メディア露出“激増”に「出しゃばり」「火に油」

東京五輪の競泳男子400m個人メドレーと200mバタフライで予選落ちした瀬戸大也選手。その影響は凄まじく、瀬戸の妻で元飛込競技の日本代表・馬淵優佳の好感度も地の底まで落ち込んでいるようだ。 2017年に〝競技が嫌いだった〟という衝撃的な発言とともに現役を引退し、現在はタレントとして活躍している馬淵。夫が五輪選手というこ…

つづきを見る

競泳・瀬戸大也の“不調”は妻が原因? 過剰な幸せアピールにウンザリ…

東京五輪競泳日本代表・瀬戸大也が7月30日、競泳男子200メートル個人メドレー決勝に出場。1分56秒22で4位となり、惜しくもメダルを逃した。3位とはわずか0.05秒差だった。 今大会で1つのメダルも獲得できなかった瀬戸だが、気分は晴れ晴れとしたようで、「今できるコンディションの中で全力は尽くせた。もっと良い結果をイメ…

つづきを見る

吉田沙保里の二の舞? 水泳2冠・大橋悠依“ジャニーズ好き”発覚に心配の声

東京五輪「競泳女子200m個人メドレー」と「400m個人メドレー」で金メダルを獲得した、水泳の大橋悠依。そんな快挙を成し遂げた彼女に〝ジャニーズ好き〟という意外な素顔が発覚し、ネット上で心配する声があがっているようだ。 女子初の2冠を成し遂げた大橋は、7月28日放送の『東京2020オリンピック デイリーハイライト』(N…

つづきを見る

池江璃花子“混合メドレー”出場に疑問「電通のゴリ押し」「適切だった?」

競泳日本代表の池江璃花子が7月29日、競泳混合400メートルメドレーリレー予選に出場。白血病から復帰して挑む2度目の五輪だったが、残念ながら決勝進出はならなかった。 予選2組の第2コースで登場した日本は、中国、オーストラリアなどと競り合うも、3分44秒15で6位、全体では9位に終わり、決勝進出はならなかった。 新種目と…

つづきを見る

競泳・瀬戸大也が嫌われすぎ…結果を残せない姿に「単純にダサい」

日本競泳界のエースとして東京五輪に出場した瀬戸大也だが、〝余計な一言〟が多く、嫌われキャラになっているという。 7月27日に行われた男子200メートルバタフライの準決勝で、瀬戸はまさかの敗退。決勝進出を逃してしまい、その後の取材で「ちょっと上手く泳げなかった」「めちゃくちゃ流れは悪いですね」などとコメントしていた。 そ…

つづきを見る

卓球・水谷隼“不倫疑惑”の汚名返上!? 瀬戸大也と明暗クッキリ「差が出たね」

連日、熱戦が繰り広げられている東京五輪。7月26日には今大会からの卓球新種目『混合ダブルス』で、水谷隼・伊藤美誠ペアが日本卓球史上初の金メダルを獲得し、日本中が歓喜の渦に包まれた。 混合ダブルス決勝は中国と対戦。1、2ゲーム目で中国にゲームカウントを奪われるが、その後3連続でゲームカウントを取り戻し、第5ゲームで3-2…

つづきを見る

瀬戸大也、池江璃花子、内村航平…代表選手の“予選敗退”に様々な反応

東京五輪・競泳の男子200メートルバタフライで決勝進出を逃した瀬戸大也が、自身に対する批判の声について言及。ネット上で物議を醸している。 瀬戸は大会初日の7月24日、本命種目400メートル個人メドレーで、まさかの予選敗退。決勝進出ラインに0.32秒届かなかった。レース後、瀬戸は決勝に向けて体力を温存させる作戦だったこと…

つづきを見る