紅白歌合戦

ジャニー喜多川社長が溺愛する「king & prince」が紅白出場へ大攻勢

今年5月にジャニーズ事務所からデビューした『King & Prince(キンプリ)』のデビューシングルCD『シンデレラガール』の売り上げが、累計で60万枚を突破した。 ユニバーサルミュージックとジャニーズの共同運営で新設されたプライベートレーベル『Johnnys’ Universe』からリリースされた同曲だが、7月12…

つづきを見る

NHK紅白歌合戦「ジャニーズ枠」大幅削減で元SMAPの3人にオファーの可能性

NHKが5月の定例会見で元『TOKIO』メンバーの山口達也に対し損害賠償請求を検討していると明らかにしたあたりから、「今年の紅白歌合戦には“ジャニーズ枠”がないのではないか」と囁かれている。 「今年の紅白歌合戦では間違いなくジャニーズの出場枠が減るでしょう。代わって稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人に、紅白出場内定の情報…

つづきを見る

和田アキ子「紅白復帰」NHKが頭を悩ませる営業の大攻勢

NHKが和田アキ子の存在に頭を悩ませているという。2015年まで和田が通算39回出場していた『NHK紅白歌合戦』。その出演の選考から外して“引導”を渡したはずなのに、猛烈な営業攻勢を受けているというのだ。 「和田は40回目の出場となるはずだった2016年に紅白から落選し、本人はかなりショックを受けていると伝えられ、NH…

つづきを見る

稲垣、香取、草彅の3人が「紅白内定」第1号か

大みそか恒例の『NHK紅白歌合戦』の出演者に稲垣吾郎、香取慎吾、草彅剛の『新しい地図』の3人が内定したという話が浮上している。 「NHKは稲垣たちがジャニーズを退社したあとも出演番組を終了させたり方針を変えるようなことはしませんでした。特に草彅剛に関しては出演舞台『バリーターク』のインタビューをニュース番組で特集するな…

つづきを見る

TWICE「紅白出場」ピークでオワコン化?自然消滅が濃厚

女子高校生を中心に人気という触れ込みで、昨年末の『第68回NHK紅白歌合戦』にいきなり初出場した女性ユニット『TWICE』が“消滅寸前”だという。 「TWICEは先の紅白で『TT -Japanese ver.-』という曲で歌とダンスを披露しました。指や肘を使って泣いていることを示す顔文字の“(T_T)”に似せた“TTダ…

つづきを見る

内村光良「今年の紅白司会」着任を予感させた番組

3月4日放送の『シブヤノオト』(NHK)に出演したタレントの内村光良とアイドルグループ『欅坂46』のメンバーが、昨年12月31日の『第68回NHK紅白歌合戦』で起きたハプニングについて語った。 欅坂46は紅白歌合戦で『不協和音』を歌唱後、総合司会を務めていた内村とともにサビ部分のコラボレーションを披露した際、メンバーが…

つづきを見る

中森明菜が早くも「2018年紅白」の目玉出演者に浮上か

気の早い話だが、2018年末の『NHK紅白歌合戦』に中森明菜の出演する可能性が大きいという。 「昨年12月27日に発売された『週刊文春』で、中森明菜のディナーショーに潜入取材した様子が報じられました。明菜のディナーショーは“プラチナチケット”と呼ばれるほど人気で、価格も五木ひろしに次ぐ額とされ、3万6000円から5万円…

つづきを見る

松田聖子が紅白歌合戦での「大幅劣化」指摘される

昨年の大みそかに放送された『第68回NHK紅白歌合戦』に出演した松田聖子に対して、“劣化”したという意見が広がっている。 松田は31番目という後半パートの早い段階で登場し、『新しい明日』という11月に発売された曲を歌った。 「紅白は“お祭り”ですから、別に新曲をアピールする必要はないはずです。思いっきり古いヒット曲でも…

つづきを見る

安室奈美恵「紅白歌合戦」高視聴率が及ぼす今後への影響

2017年の大みそかに放送された『第68回NHK紅白歌合戦』の歌手別視聴率が明らかになった。関東地区の瞬間最高視聴率は特別枠で出演した安室奈美恵が『Hero』を熱唱中の48.4%で、前年の44.8%を3.6ポイント上回った。関西地区の最高も同曲の時間帯に記録した49.7%だった。第1部(19時15分から21時まで)の瞬…

つづきを見る

土壇場で桑田圭祐が紅白出場となった「大人の事情」

安室奈美恵に続いて、『サザンオールスターズ』の桑田圭祐も『第68回NHK紅白歌合戦』に出場することが決まった。桑田は大みそか当日に、横浜アリーナでカウントダウンライブがあるため紅白歌合戦への出演は厳しいとされていたが、NHKの熱望が叶って特別枠で出演する。 桑田は今年放送されたの朝の連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)…

つづきを見る