経済

街の「米屋」「本屋」「豆腐屋」が消えていく理由

テレビ番組では街や“商店街”を探訪する番組が人気だ。そんな商店街の“三種の神器”とも言える米屋、本屋、豆腐屋が消えつつあるといい、それが商店街衰退の象徴ともなっている。 米屋の経営不振に影響を与えているのは、政府の方針に沿って、補助金が多い『飼料米』にシフトする農家が増えていることが挙げられる。 「飼料米とは、輸入のト…

つづきを見る

中国に進出する外国企業に義務付けられた「新規制」

アメリカのドナルド・トランプ大統領がアジア諸国の歴訪を終えた。訪韓した折には、トランプ大統領を迎えた国賓晩さん会で『独島(ドクト=日本名:竹島)エビ』料理が出され、日韓合意を見たはずの元従軍慰安婦が出席するなど韓国の反日ぶりが際立っていた。 「トランプ大統領も独島エビどころか、慰安婦など知る由もない様子で、これは韓国の…

つづきを見る

キャッシュレスの最先端!「寺社発行クレカ」御利益のほどは?

近年はさまざまなものの“キャッシュレス化”が進んでおり、神社仏閣にもその波が押し寄せている。 今年の3月には高野山真言宗・総本山金剛峯寺(和歌山県伊都郡)の納経所でクレジットカード決済が導入され、拝観料だけでなく御守や御札の授与でクレジットカードを利用できるようになった。さらに愛宕神社(東京都港区)では、賽銭を『楽天E…

つづきを見る

Man with TV instead of head

テレビ局の収入と視聴率を改めて解説

テレビ放送には『WOWOW』や『スカパー!』のようなペイ・パー・ビュー(PPV)方式を採用しているものがある。PPVは有料テレビの課金方式の一種で、視聴するコンテンツ(番組)ごとに視聴料金を支払うものだ。定額方式(月額料金制など)のように、視聴しないコンテンツも含めて課金される方式もあるが、PPVの方が見たいコンテンツ…

つづきを見る

日本に輸入される魚の20~40%が密漁によるもの!?

魚の国内総消費量の約4割を輸入に頼る日本。日常的に口にしているその外国産の魚の2~4割が、実は“密漁”されたものだ。金額ベースにして1800~2700億円に達する。 「最近問題になったのは、日本海の排他的経済水域(EEZ)にあるスルメイカなどの好漁場『大和堆』で、武装した北朝鮮籍船による違法操業が相次ぎ、日本漁船が追い…

つづきを見る

韓国がインスタントラーメン消費量世界一になった経緯

日清食品は8月25日を『ラーメン記念日』と制定している。世界初のインスタントラーメン『チキンラーメン』が、1958年8月25日に同社創業者である安藤百福氏によって発売された日であるためだ。来年はインスタントラーメンの発売から60周年を迎える。 安藤百福氏は台湾出身の実業家で、日本統治下の1910年3月に生まれた。本名は…

つづきを見る

くじイメージ

当選金額増加傾向なのに「宝くじ」の売り上げが減り続けている

『宝くじ』がの売り上げが減ってきているという。総務省の発表によると、昨年度の宝くじの総売り上げは18年ぶりに9000億円を割ったそうだ。 「2015年度は、『年末ジャンボ宝くじ』で1等前後賞合わせて当選金額を10億円に引き上げた結果、宝くじの発売実績が9154億円と増加しましたが、2016年度は減少に転じ、18年ぶりに…

つづきを見る

コンビニから「日本人アルバイト」が消えた理由

コンビニエンスストアのアルバイト募集に集まる日本人が減少している。なぜ日本人バイトが集まらなくなっているのか。第一に挙げられるのが、有効求人倍率の上昇である。 現在の有効求人倍率は「バブル以来の高水準」といわれるほどで、約1.4倍程度で推移している。2009年度は0.4倍ほどだったことを思い起こすと隔世の感がある。 有…

つづきを見る

A5ランク和牛が「最高級」という価値が崩壊寸前!

赤身の牛肉にどれだけ“サシ”(霜降り)が入っているかを表す霜降り肉の指標の代表格『A5ランク』は、テレビ番組でも依然として高価でおいしいともてはやされている。ところが、消費者の味覚はすでに“A5離れ”を起こし、赤身に移りつつあるという。その結果、高級牛肉のイメージが揺らぎつつあり、A5の呪縛に取り付かれた畜産業者が危機…

つづきを見る

安室奈美恵引退の「経済効果」は1千億単位!?

歌手の安室奈美恵が9月20日に、2018年9月16日をもって引退することを発表した。この発表のあった日は安室の40歳の誕生日で、同月16日にデビュー25周年を迎えたばかりだった。 ライブはいまでも盛況で、多くのファンが駆けつける。そんな安室が1年をかけて引退へ向かうということもあり、その経済効果にも注目が集まっている。…

つづきを見る