綾瀬はるか

綾瀬はるか「義母と娘のブルース」で母親役の今後の成長

7月10日からTBS系列で放送が始まった連続ドラマ『義母と娘のブルース』は第1話の平均視聴率が11.5%(関東地区=ビデオリサーチ調べ)だった。このドラマは、綾瀬はるかが主演で、竹野内豊と夫婦役で出演している。原作は桜沢鈴氏による同名の4コマ漫画だ。 ドラマは、母の病死から立ち直れずにいる父子家庭のもとに、新しい母とし…

つづきを見る

綾瀬はるか「バスト強調」シーンが鮮烈すぎる新ドラマ「義母と娘のブルース」

綾瀬はるかが主演する新ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)が7月10日にスタートした。父子家庭の義母という役どころを初めて演じることとなった綾瀬だが、視聴者はその設定以上に“胸が強調された衣装”に目を奪われてしまったようだ。 綾瀬の役はキャリアウーマンで部長という岩木亜希子。仕事に真面目で成功のためには手段をいとわ…

つづきを見る

「交際中!?」松坂桃李&綾瀬はるかの共演に視聴者がハラハラ

7月2日にTBS系列でスペシャル番組『関口宏の東京フレンドパーク』が放送された。今夏から放送される同局ドラマのキャストが多数出演したが、インターネットなどで交際が噂されている綾瀬はるかと松坂桃李が“ニアミス”したと話題になっている。 綾瀬は『義母と娘のブルース』(10日午後10時スタート)で、松坂は『この世界の片隅に』…

つづきを見る

「代役」からブレイクした女優たち

先日、女優の松岡茉優が舞台『江戸は燃えているか』の昼の公演中に体調不良となり、同日の夜公演で急遽、この舞台の作・演出を手掛けた三谷幸喜が代役を務めた。 三谷氏は開演前に自分が代役を務めることになった経緯を説明。松岡が演じていた勝海舟の長女ゆめの役を、黒子姿で台本を手に持ちながら務めたそうだ。 「三谷氏は代役を務めること…

つづきを見る

放送事故!? 綾瀬はるかの「脇汗」に視聴者が大興奮

2月8日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)で、ゲストに綾瀬はるかと坂口健太郎が出演した。男性視聴者は綾瀬がTシャツ姿で激しく運動し、汗をかく姿に興奮した様子で、SNSは大いに盛り上がった。 綾瀬と坂口は10日から公開の映画『今夜、ロマンス劇場で』で共演していることからVS嵐に出演。『嵐』メンバーらとゲームに挑んだ。 綾瀬…

つづきを見る

石原さとみの人気を上回る女優は現れるのか?

2018年も石原さとみの人気が続くのか、注目が集まっている。 昨年まで石原の人気は突出していた。女性誌の人気ランキングでは1位の常連。男性誌でも以前から不動の人気だった。ドラマにも数多く出演している。 「石原は視聴率を“持っている”女優です。連続ドラマに主演すれば、視聴率ふた桁は当たり前で、ドラマ界のヒットメーカーとい…

つづきを見る

「奥様は、取り扱い注意」マンネリ打破で視聴率追い上げへ

綾瀬はるか主演の連続ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)が好調だ。11月8日放送の第6話では、これまでマンネリ化が危惧されていた勧善懲悪のパターンからの脱却が垣間見えた。 元特殊工作員という変わった肩書きの主婦である伊佐山菜美(綾瀬)が、町で起こるさまざまな事件を秘密裏に解決していくというドラマで、これまでは…

つづきを見る

某ドラマ出演者「奥様は、取り扱い注意」へ続々集結!

11月1日に連続ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)の第5話が放送された。そして、次週予告に登場した主人公らの“最凶の敵”横溝健が「意外な俳優」だったと話題になっている。 第5話では、日ごろから夫に不満を抱いていた大原優里(広末涼子)が、不満を爆発させて家出を決意する。同じような状況にあった伊佐山菜美(綾瀬は…

つづきを見る

早くもマンネリ化!視聴者呆れた「奥様は、取り扱い注意」

10月11日に放送された連続ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)で、ワンパターンな展開に飽きた視聴者からの批判が続出している。さらに、早くも主役の綾瀬はるかの夫役を演じる西島秀俊の“正体”を想像し始めるなど、視聴者の話題が本題から脇道にそれる展開になっている。 この日は第2話目で、夫の伊佐山勇輝(西島)との関…

つづきを見る

綾瀬はるか新ドラマに早くも心配される「視聴率下降の法則」

10月4日から始まった連続ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)で、主演の綾瀬はるかのアクションシーンが絶賛されている。 第1話では、綾瀬の演じる伊佐山菜美の過去が明らかになった。菜美は中華人民共和国の某所で、マフィアと見られる男らに捕らえられていたのだが、菜美はある国家に雇われた特殊工作員で、捕まったふりをし…

つづきを見る