綾瀬はるか

綾瀬はるか『天然』が爆発!聖火ランナーイベントで「思いを伝えたい人」は?

6月17日、東京都千代田区の「KITTE アトリウム」で、『日本生命 東京2020 オリンピック聖火ランナー募集 記者発表会』が行われ、綾瀬はるか、『ゆず』の2人、陸上の桐生祥秀選手、『ロバート』秋山竜次らが、「チームニッセイ」のメンバーとして登壇した。 オリンピックの聖火リレーを盛り上げる「チームニッセイ」では、動画…

つづきを見る

ピエール瀧の“逮捕”で得する人は?「代役」でブレークした芸能人たち

NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺』に出演していたピエール瀧の代役に、三宅弘城が決まった。 コカインを使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された瀧容疑者が『いだてん』で演じていたのは、足袋職人の黒坂辛作。主人公の金栗四三(中村勘九郎)をサポートし、競技用のシューズを開発するという重要な役どころだ。 三宅は…

つづきを見る

浜崎あゆみの「足首が歪んだ」恐怖写真! 今週の嫌われ女ランキング

今週もさまざまな女子アナ、女優、女性タレント、アイドルが話題となった芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』の読者に、今週もっとも“嫌われた女”ランキングと、代表的な記事をご紹介します。(3/21配信まで、独自ポイントで集計)。 1位 浜崎あゆみ : 「足首が…!」浜崎あゆみ“恐怖”の変形写真に加工を疑う声 310pt…

つづきを見る

まるで新興宗教!? 綾瀬はるか出演の“謎CM”が「めちゃウザい」

女優の綾瀬はるかが出演する『江崎グリコ』の新CMが、ネット上で「意味が分からない」「狂気を感じる」などと、悪い意味で話題になっている。 同CMは「スキパニスマイル」篇のタイトルで3月1日からオンエアされているもの。綾瀬はオフィスや工場などで同社の従業員総勢400名と「スキパニ体操」なるものを踊り、「スーキースーキースキ…

つづきを見る

石原さとみ、新垣結衣がついに結婚!?「5月に注目」の根拠

今年5月1日に新元号が施行される。これに伴って活況を呈しているのがブライダル業界だという。 「“平成のうちに”あるいは“新元号の元年で”というニーズから、結婚式場やホテルなどに問い合わせ、申込みが増加しているそうですよ」(女性誌記者) 過去にも改元や皇室の慶事に合わせて婚姻数が増加したことがあった。 『婚姻に関する統計…

つづきを見る

『義母と娘のブルース』一挙放送!視聴者を引き寄せた「革新的」設定とは…

平均視聴率14.2%、最高視聴率19.2%(最終話)と予想外の大ヒットをした、綾瀬はるか主演ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)のディレクターズカット版が、1月2日昼12時から放送される。 同ドラマはバリバリのキャリアウーマンだった岩木亜希子(綾瀬はるか)が、子持ちのサラリーマン・宮本良一(竹野内豊)と結婚。良一の…

つづきを見る

売上389部?写真集が「大コケ」した恥ずかしい芸能人たち

 大人気アイドルグループ『乃木坂46』の白石麻衣が、昨年2月に発売した2ndソロ写真集『パスポート』が通算22度目の重版で1万部を増刷し、累計発行部数が33万部を突破した。 こんな華やかしい記録がある一方で、写真集に対して苦い経験を持つ芸能人も多い。 『SKE48』の須田亜香里が今年8月末に満を持して発売した写真集『可…

つづきを見る

綾瀬はるか「ノースリーブ」の“奥”チラ見せはスタッフのセクハラ!?

女優の綾瀬はるかが、自身がCMを務める航空会社『ANA』の就航発表会に出席。同社の魅力を存分にPRするはずが、大衆の視線は綾瀬の“エロさ”に集中してしまったようだ。 綾瀬が出席したのは、来年春に就航するハワイ線の新サービス『ANA HAWAii』の発表会。同路線では日本初の2階建て機体が成田-ホノルル間を飛ぶ予定で、同…

つづきを見る

中谷美紀が「プラチナ・ミューズ アワード」受賞

書道8段も!? 中谷美紀だけじゃない意外過ぎる“達筆”な芸能人たち

女優の中谷美紀が、以前から熱愛が報じられていたドイツ出身のビオラ奏者・ティロ・フェヒナー氏と国際結婚を果たした。 実に9000キロにも及ぶ日本とドイツの“超遠距離恋愛”が話題となった中谷だが、さらに注目されたのは、結婚に際してマスコミ各社に送った直筆コメント。筆で書かれた縦書きの文章は“和”の雰囲気が全開で、あまりの達…

つづきを見る

広瀬すず、安藤サクラ、綾瀬はるか?『紅組司会』候補に「視聴者ドッチラケ」の理由

今年の大みそか、平成最後の『NHK紅白歌合戦』の紅組司会に、一転して女優の広瀬すずの名前が浮上してきた。すでに一部スポーツ紙が“綾瀬はるか内定”をスクープしたばかり。果たしてどちらが正解に近いのか――。 「綾瀬は過去に二度、司会を務めている。でも正直、視聴率はパッとしなかった。先ごろ内定が報じられ、世間の反応の薄さにN…

つづきを見る