綾瀬はるか

『義母と娘のブルース』一挙放送!視聴者を引き寄せた「革新的」設定とは…

平均視聴率14.2%、最高視聴率19.2%(最終話)と予想外の大ヒットをした、綾瀬はるか主演ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)のディレクターズカット版が、1月2日昼12時から放送される。 同ドラマはバリバリのキャリアウーマンだった岩木亜希子(綾瀬はるか)が、子持ちのサラリーマン・宮本良一(竹野内豊)と結婚。良一の…

つづきを見る

売上389部?写真集が「大コケ」した恥ずかしい芸能人たち

 大人気アイドルグループ『乃木坂46』の白石麻衣が、昨年2月に発売した2ndソロ写真集『パスポート』が通算22度目の重版で1万部を増刷し、累計発行部数が33万部を突破した。 こんな華やかしい記録がある一方で、写真集に対して苦い経験を持つ芸能人も多い。 『SKE48』の須田亜香里が今年8月末に満を持して発売した写真集『可…

つづきを見る

綾瀬はるか「ノースリーブ」の“奥”チラ見せはスタッフのセクハラ!?

女優の綾瀬はるかが、自身がCMを務める航空会社『ANA』の就航発表会に出席。同社の魅力を存分にPRするはずが、大衆の視線は綾瀬の“エロさ”に集中してしまったようだ。 綾瀬が出席したのは、来年春に就航するハワイ線の新サービス『ANA HAWAii』の発表会。同路線では日本初の2階建て機体が成田-ホノルル間を飛ぶ予定で、同…

つづきを見る

中谷美紀が「プラチナ・ミューズ アワード」受賞

書道8段も!? 中谷美紀だけじゃない意外過ぎる“達筆”な芸能人たち

女優の中谷美紀が、以前から熱愛が報じられていたドイツ出身のビオラ奏者・ティロ・フェヒナー氏と国際結婚を果たした。 実に9000キロにも及ぶ日本とドイツの“超遠距離恋愛”が話題となった中谷だが、さらに注目されたのは、結婚に際してマスコミ各社に送った直筆コメント。筆で書かれた縦書きの文章は“和”の雰囲気が全開で、あまりの達…

つづきを見る

広瀬すず、安藤サクラ、綾瀬はるか?『紅組司会』候補に「視聴者ドッチラケ」の理由

今年の大みそか、平成最後の『NHK紅白歌合戦』の紅組司会に、一転して女優の広瀬すずの名前が浮上してきた。すでに一部スポーツ紙が“綾瀬はるか内定”をスクープしたばかり。果たしてどちらが正解に近いのか――。 「綾瀬は過去に二度、司会を務めている。でも正直、視聴率はパッとしなかった。先ごろ内定が報じられ、世間の反応の薄さにN…

つづきを見る

『義母と娘のブルース』今期No.1の大ヒットとなった3つの理由

綾瀬はるか主演の7月期TBSドラマ『義母と娘のブルース』(通称:ぎぼむす)最終回の平均視聴率が19.2%を記録し、今クール連続ドラマの平均視聴率1位の座が確定した。 同ドラマは、桜沢鈴氏の同名4コマ漫画が原作。綾瀬演じるバリバリのキャリアウーマン亜希子と、結婚相手である良一(竹野内豊)の連れ子の娘、みゆき(上白石萌歌)…

つづきを見る

『義母と娘のブルース』ラストの謎演出に「感動がひっこんだ」

9月18日にドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)の最終回が放送された。綾瀬はるか演じる継母と娘の愛の物語が描かれ、ドラマそのものは総じて高評価を得た。一方で最後のシーンには「意図が分からない」との声も。最後の最後に「モヤモヤ」を残す展開となった。 最終話では、母子家庭となっていた娘のみゆき(上白石萌音)と亜希子(綾…

つづきを見る

『義母と娘のブルース』シリーズ化へ!『半沢直樹』『逃げ恥』との違い

綾瀬はるか主演の人気ドラマ“ギボムス”こと『義母と娘のブルース』(TBS系)の視聴率が絶好調で、「早くもシーズン2の制作に突入準備」の声もちらほらと聞かれるようになってきた。 「初回は平均視聴率11.5%とまずまずのスタートでしたが、回を増すごとに右肩上がりで数字が上昇。後半に進むにつれて目の離せない展開が続き、ついに…

つづきを見る

人気女優の必須条件になりつつある「アクションシーン」の身のこなし

ハーフタレントのダレノガレ明美が先ごろ、日本テレビ系『行列のできる法律相談所』に出演した際、「ハリウッド女優になるために、しばらく日本を離れます」と宣言した。米映画『オーシャンズ8』を劇場で見て「(ハリウッドから)呼ばれた」と感じたのがきっかけだという。 ダレノガレは「アクションがやりたいので、カリフォルニアに行って銃…

つづきを見る

佐藤健「売れっ子の罠」ドラマの掛け持ちを視聴者が不快に思ったのは…

8月21日にドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)が放送された。ドラマは先週から第2部に突入。主演の綾瀬はるかの相手役を佐藤健が務めているが、その役どころをめぐって批判が相次いでいる。 第1部では竹野内豊演じる良一が綾瀬演じる亜希子と結婚し、良一の娘・みゆき(横溝菜帆)を育てる展開だった。第2部の冒頭、かねてから胃が…

つづきを見る