綾瀬はるか

綾瀬はるか“金銭トラブル”に冷ややかな声「普段、母親と会話してないの?」

俳優の綾瀬はるかが〝1億円の投資トラブル〟に巻き込まれていることが分かり、話題になっている。 9月16日発売の『女性セブン』によると、綾瀬の母が代表取締役を務め、兄が取締役を務める綾瀬の個人事務所が地元の税理士に1億円を投資。配当は月利2~4%で、綾瀬の母は月3%の利回りがつく契約をしていたという。 これまでは問題なく…

つづきを見る

綾瀬はるか“ユニクロ新CM”出演に批判殺到! 今週の芸能ニュースTOP10

いろんな事件が相次いだ今週の芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』で、今週もっとも話題となった芸能記事をご紹介します(9/2配信まで、独自ポイントで集計)。 1位 綾瀬はるか“ユニクロ新CM”出演に批判!「ショックだわ」「終わってる」 212pt. 綾瀬はるか“ユニクロ新CM”出演に批判!「ショックだわ」「終わってる…

つづきを見る

綾瀬はるか“コロナ入院”で好感度急落!?「すごい不公平」「融通きくんだね」

俳優の綾瀬はるかが、新型コロナウイルスに感染し、都内の大学病院に入院していることが分かった。肺炎の症状などが見られ緊急入院したというが、ネット上では〝芸能人特権〟を疑う声が相次いでいる。 綾瀬は8月20日に発熱し、翌21日にPCR検査を受けたものの陰性。しかし、その後も体調がすぐれず、26日にあらためて抗原検査を受けた…

つづきを見る

綾瀬はるか“ユニクロ新CM”出演に批判!「ショックだわ」「終わってる」

ウイグル問題が解決しておらず、未だにヘイトを集め続けている『ユニクロ』。いまや「ユニクロ」は芸能人にとって、触れてはいけない地雷なのかもしれない…。 8月23日から「ユニクロ」は、俳優の綾瀬はるかを起用したテレビCM『21FW LifeとWear/Wジーンズ地下鉄篇』の放送を開始。綾瀬は以前から『LifeWear』のイ…

つづきを見る

綾瀬はるか“五輪CM”に視聴者興ざめ…「本気でやめて」「冷めちゃう」

7月26日に行われた東京五輪「卓球混合ダブルス」の決勝戦で、水谷隼・伊藤美誠組が勝利。日本史上初となる卓球での金メダル獲得という偉業を果たした。その直後に流れたCMを巡って、ネット上で大きな反響が起こっている。 メダル獲得後に流れたのは、『コカ・コーラ』のCM。卓球のラケットを持った綾瀬はるかが「メダル獲得おめでとうご…

つづきを見る

石原さとみには代表作がない!? 新垣結衣、綾瀬はるかとの決定的な差…

超売れっ子俳優となれば、代表作の一つや二つはあると思うだろう。しかし案外、すんなり出てこない人も少なくない。 石原さとみはまさにその例。超売れっ子の彼女だが、彼女の代表作と言われてピンとくるものはあるだろうか。『Ns’あおい』、『失恋ショコラティエ』(ともにフジテレビ系)、『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野…

つづきを見る

綾瀬はるか『ユニクロ』新CMに賛否!「感動した」「主張し過ぎ」

先日、『ユニクロ』が新CM『21SS LifeとWear/エアリズムインナー篇』を公開。同性カップルの日常をフィーチャーしたCMで、多くの注目を集めている。 同CMで描かれているのは〝他愛のない日常〟で、とある女性の同性カップルが歯を磨いたり、2人で朝食を食べたり、記念日の花束を買いに行ったり、ベッドの上でイチャイチャ…

つづきを見る

綾瀬はるか『天国と地獄』最終回20%!“伏線未消化”で続編希望の声

女優・綾瀬はるか主演のドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系)の最終回・第10話が、3月21日に75分スペシャルで放送。平均世帯視聴率は20.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と好記録だったが、総評は賛否が分かれているようだ。 最終視聴率は、第1回の16.8%を3.3ポイント上回り、番組最高を更新。今…

つづきを見る

『天国と地獄』最終回で不完全燃焼!? 視聴者のモヤモヤが残ったワケ…

3月21日、女優・綾瀬はるか主演のドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系)の最終回・第10話が放送された。世帯平均視聴率20.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と有終の美を飾ったが、視聴者からは疑問の声も多くあがっている。 同ドラマは警視庁捜査一課の刑事・望月彩子(綾瀬)が、連続殺人事件を捜査する中で、サイコ…

つづきを見る

『天国と地獄』高橋一生“死亡フラグ”でバッドエンド? 悲しき考察が続々…

女優・綾瀬はるか主演のドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系)が終盤に差し掛かり、視聴者からは〝バッドエンド〟を心配する声が漏れている。 同ドラマは警視庁捜査一課の刑事・望月彩子(綾瀬)が、連続殺人事件を捜査する中で、サイコパスな殺人鬼・日高陽斗(高橋一生)と魂が入れ替わってしまうサイコサスペンス。 これまでの…

つづきを見る