自動車

自動車盗難車種3年連続1位「プリウス」が狙われる理由 

2017年に日本損害保険協会が発表した自動車盗難事故実態調査において、自動車本体の盗数ワースト4車種はプリウス、ハイエース、ランドクルーザー、アクアだった。この順位は3年連続で変動がないという。 「ハイエースは、壊れにくく多人数が乗れることによって世界各国で人気があるため、世界的な窃盗団に狙われて2007年から7年連続…

つづきを見る

厳冬期には忘れずに「猫バンバン」を

寒さが厳しくなり、冬が本格化している。出掛ける際には寒さ対策をしっかりしたいところだが、もうひとつ忘れてはいけないのが、自動車を発進させる際の“猫バンバン”だ。 猫バンバンとは、日本自動車連盟(JAF)や日産自動車が推奨している新しい乗車前マナーのこと。この季節、冷え込みが厳しくなると、猫が暖を求めて駐車中の車のなかに…

つづきを見る

Amazon配信のバラエティ番組「戦闘車」が大酷評

地上波テレビのCMでも告知され、10月6日から配信されているAmazonプライム・ビデオのインターネット配信番組『戦闘車』の評判がひどいようだ。 『ダウンタウン』の浜田雅功、千原ジュニアら、自動車好きで知られる芸能人18名が、ボルボ、アルファロメオ、ベンツ、ビートルなどの高級車に乗り込み爆走。クラッシュや炎上シーンが醍…

つづきを見る

橋本マナミが突然に自動車の賞を受賞した理由

タレントの橋本マナミが、自動車のある生活を楽しんでいる著名人に贈られる『日本ベスト・カー・フレンド賞』を受賞し、9月7日に東京都内で行われた授賞式に出席した。橋本は「もともと運転が大好き。レンタカーを借りたりして運転していました。男性の助手席に乗るのも好きで、横顔を見ながらキュンキュンしていました」と、車にまつわる思い…

つづきを見る

「黄色は止まれ?」勘違いしがちな交通取り締まりルール3選

歩行者として道を歩いているだけのときには、あまり気にならないが、道路を使う際には細かいルールがある。幼いころに教わったことや、周りから言われていることと、法令が実は違うということも多々ある。この記事では、これから免許を取る方が気を付けなければならない“交通取り締りの秘密”を3つに絞ってお伝えする。   「黄色信号は気を…

つづきを見る

韓国・文在寅大統領が選んだ「公用車」のメーカーは?

庶民派を自負する韓国の文在寅大統領が乗る専用車は、どこの国のどのメーカーになるのかが韓国の国民的な関心事になっていた。日本車は100%ないが、韓国車なのか、はたまた輸入車なのかに注目が集まるなか、5月10日に執り行われた大統領就任式で文大統領が搭乗したのは、メルセデス・ベンツの最上級モデル『マイバッハS600』だった。…

つづきを見る

アメ車が日本で売れない理由と中国で勝負せざるを得ない状況

アメリカの自動車が日本で売れないのは、ドナルド・トランプ米大統領が指摘しているように、日本市場が閉鎖的だからではない。アメ車が日本人の心に響かないだけの話だ。 昨年実績を見ると、日本市場でのアメ車販売台数は約1万3600台。一方、アメリカでの日本車販売台数は役666万1000台で、アメ車は約490分の1しか売れなかった…

つづきを見る

メモから始まった子猫救出劇!これからの季節ボンネットをバンバンしよう

Twitterでこんなツイートが話題になった。 その日、釣りに出かけようと車に乗り込んだなべぞさん。少し発進してから、ワイパーにメモが挟まっていることに気づいたという。 はい?ワイパーにはさんであったわ。 pic.twitter.com/zF7kGmx5Ll — な べ ぞ (@muchbaron) November …

つづきを見る

自動車整備士不足でやってくる車検のできる工場の不足

2016年はアクセルとブレーキの踏み間違い、高速道路の逆走など、自動車運転で高齢者のドライバーを中心とした誤認事故が多く目立った。国土交通省や自動車メーカー、その関連企業は、事故防止装置の開発や、運転免許返上などによって事故防止に努めている。しかし、もっと大きな別の問題も差し迫っている。それは自動車の安全に欠かせない自…

つづきを見る

桐谷美玲が運転免許取得までに「10回不合格」に

女優の桐谷美玲(26)が、一部女性誌のインタビューで、自身の重大ニュースを問われたところ、自動車免許を取得したことを挙げた。 その取得に際して、かなりの苦労があったようだ。 昨今は少子化が進んでいるうえ、若者が自動車を持つことも少なくなっているため、自動車教習所の教習生は減少の一途を辿っている。 「昔は教官(現インスタ…

つづきを見る