自然

人の及ばない自然の力…「激減」する植物と「激増」する植物

全国有数のハスの群生地だった琵琶湖の一角(滋賀県草津市烏丸半島)で昨年、原因不明のままハスが“消滅”するという事件が起きた。同市の商工観光労政課では、開花時季に合わせた熱気球のフライトや、クルージング、ハス祭りは予定通り開催し、「来年は何とか回復してほしい」と願ったものの、今年もピンク色の花が一面に咲く絶景は望めそうも…

つづきを見る

外来種生物が自然にもたらす「良い影響」に関する議論

外来種と言えば、琵琶湖の在来種を脅かすブルーギルやブラックバスがまず頭に浮かぶ人も多いだろう。ほかでは、私立の動物園が破たんして逃げ出し野生化した小型のシカであるキョンや、ニホンザルとの交雑個体が発見された台湾ザルなども、人間の生活や生態系に多くの影響を与えている。最近では、台湾タケクマバチが、農耕地や庭にある水まきホ…

つづきを見る

11月14日に観測予定のウルトラスーパームーンと自然災害の関係

11月に入り、朝晩の寒さも増してきたこの頃、寒い夜空に大きく輝くスーパームーンを見上げるのは格別だ。 2016年の今年は、大きいサイズの『ウルトラスーパームーン』という満月が観測されるとあって関心が高まっている。   ■68年ぶりの近さを体感できる 68年前というのは、1948年1月26日を指す。 21世紀に入ってから…

つづきを見る