舛添要一

舛添要一批判の都民ファ・音喜多駿都議が「ブーメラン大炎上」

インターネット上では《ツイッターはバカ発見器》と言われることがある。それほど連日、ツイッターでは炎上騒ぎが続いており、芸能人、スポーツ選手はもとより、政治家も炎上を起こしている。その代表格は上西小百合衆議院議員だが、地方議員でも炎上騒ぎを起こしているのがいた。『都民ファーストの会』所属の音喜多駿東京都議会議員だ。 音喜…

つづきを見る

舛添要一氏テレビ復帰で極貧生活を明かすも「つまらない」の声

昨年6月に政治資金を公私混同で使用した問題で東京都知事を辞任した舛添要一氏が、8月27日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演し、「月給11万円でカップ麺をすする生活をしている」と吐露した。 番組冒頭から女医でタレントの西川史子が「お金は返したんですか?」、「湯河原の別荘はまだ売れていないんですよね」と問い詰め…

つづきを見る

舛添前都知事の「セコすぎる」テレビ出演売り込みの胸中

舛添要一前東京都知事(67)が、早くもテレビ出演復帰に動いている。 7月31日に行われた東京都知事選挙は小池百合子氏が当選し、初の女性都知事が誕生する。今回の選挙で50億円もの税金を使う羽目になったのは、兎にも角にも舛添氏が政治と金の問題で辞任したからだ。 「辞任要因は政治資金使途の公私混同、公用車問題、政党交付金の不…

つづきを見る

SMAP、ベッキー、清原、長友…今年の「流行語大賞」は上半期で十分?

今年も今月で上半期が終わろうとしている。 年初から様々な大型ニュースが相次いだことで、早くも年末に発表される『新語・流行語大賞』が出揃ったと話題になっている。 「芸能関係は1月から大きな事件が続発しました。一つはSMAPの解散危機発覚。もう一つはタレントのベッキー(32)と音楽バンド『ゲスの極み乙女。』ボーカルの川谷絵…

つづきを見る

政治資金私的流用疑惑の舛添都知事叩きで東国原英夫氏が「次期都知事選」準備万端をアピール

元宮崎県知事で、タレントのそのまんま東こと、東国原英夫氏(58)が東京都知事を狙っていると評判だ。 現都知事の舛添要一氏(67)は、政治資金の私的流用が取り沙汰されて責任問題を追及されている。 「舛添都知事はお正月に家族旅行へ出掛け、政治関係者と会議をしたから支出は公費だと言っています。同様に、関係者と回転寿司を食べた…

つづきを見る

舛添都知事の政治資金流用を指南した夫人の「やり口」

古くは、特別養護老人ホーム汚職事件の岡光序治元厚生事務次官。最近では渡辺喜美元衆議院議員の、8億円借入金問題など、収賄や流用に“妻のおねだり”がちらつくのは世の習いだ。 今回、政治資金の私的流用疑惑が持ち上がっている舛添要一都知事(67)にも、やはりそんな妻の影が見え隠れしている。 毎週末、公用車で足しげく通った神奈川…

つづきを見る

Roulette gambling in a casino

海外企業が築地市場移転で跡地に「カジノ誘致」を狙う

今年で75年の歴史に幕を閉じる築地市場(東京都中央区)。その東京ドーム約5個分という広大な跡地をめぐり、一度は頓挫したはずの東京へのカジノ誘致が、再び本格化しているという。 全国紙経済担当記者が言う。 「カジノのメッカ、米ラスベガス最大のカジノ運営企業である『MGMリゾーツ・インターナショナル』の最高幹部が昨年来、何度…

つづきを見る

舛添都知事を脅かす猪瀬直樹氏大阪府・市特別顧問就任

突然の一報だった。松井一郎大阪府知事が、猪瀬直樹前東京都知事に大阪府市特別顧問への就任を要請したことで、舛添要一都知事周辺が騒々しくなってきた。 「最初は『次の都知事選の布石か?』という、うがった見方も飛び出したほどでした。しかし、猪瀬氏は公民権停止中の身で、次の2018年の都知事選出場は不可能です。それでも、舛添知事…

つづきを見る

東京五輪に「舛添不要論」渦巻く! 次期都知事は猪瀬前都知事の大合唱

「舛添要一氏は2020年の東京五輪知事は揺るがないと思っているが、オリンピックはやらせない。引きずり下ろす」 そんな物騒な発言をするのは、都議会与党、自民党幹部の一人。今、都議会自民党の一部で“舛添不要論”が蔓延し、「東京五輪は別の知事で」との声が強まっているという。自分たちが支持し、当選させた舛添知事との間で何が起き…

つづきを見る