薬物

清水アキラが良太郎を保釈させないのは「追加報道」対策か

覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで警視庁目白署に逮捕されて勾留されているタレントの清水良太郎被告に対し、父親でものまねタレントの清水アキラが、「保釈させるつもりはない」と伝えたことを明かした。東京地検は10月27日に同容疑で起訴している。 アキラは10月31日に同署で面会を済ませたあと、集まった報道陣に対応した際に保釈…

つづきを見る

清水良太郎の逮捕で注目される闇カジノと違法薬物の接点

タレントの清水アキラの三男で、同じくタレントの清水良太郎が覚せい剤使用の疑いで逮捕されたのは10月11日だった。 10日午後1時40分ごろ、東京の池袋にあるホテルで、30代のデリヘル嬢から「薬物を飲まされた」と警察に110番があった。デリヘル嬢と一緒にいた良太郎容疑者がホテルから出てきたところを、捜査員が任意同行を求め…

つづきを見る

清水良太郎覚せい剤逮捕の「余波」

タレントの清水アキラの三男で、同じくタレントの清水良太郎容疑者が、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された。良太郎容疑者は、今年2月に闇カジノでの違法賭博疑惑があったことで謹慎し、6月に復帰したところだった。 「ホテルでデリヘル嬢相手に薬物を使用しながら性行為をする“キメセク”をしようとしたところ、女性が警察に通報…

つづきを見る

清水良太郎の逮捕に松本人志「気持ち悪い」と一刀両断

10月15日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)にて、清水アキラの三男で、同じくものまねタレントの清水良太郎容疑者が、11日に覚せい剤取締法違反で逮捕された話題が取り上げられた。 同番組では今年2月、清水良太郎が違法カジノに出入りしていた疑惑が原因で4カ月謹慎したあと、『ノンストップ』(フジテレビ系)の取材を受けた…

つづきを見る

経済制裁渦中の北朝鮮「覚せい剤を国内消費」か

国連の対北朝鮮経済制裁決議で、これまで制裁項目にはなかった、《繊維製品の輸出禁止》が含まれた。石油禁輸とは比べ物にならないとはいえ、北朝鮮の外貨獲得においては大きな痛手だ。昨年の北朝鮮の輸出実績における繊維製品は、石炭や他の鉱物に次いで2番目に大きく、計7億5200万ドル(約845億円)を稼ぎ出しているからだ。 しかし…

つづきを見る

あとを絶たない芸能界「薬物汚染」酒井法子は今どうしている?

芸能人の薬物報道はあとを絶たず、続々と新たな逮捕者が出ている。また近年、薬物問題で世間を騒がした人たちは、その後にどのような道を進むことになったのだろうか。 まず記憶に新しいのが6月に逮捕され、覚せい剤取締法違反罪(使用)で起訴された橋爪遼被告だ。連続ドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)に出演するなど着実に実力をつけ…

つづきを見る

Vintage police officer COP arrests

出演作タイトルそのままの事件や不祥事を起こした芸能人

橋爪功の長男の橋爪遼容疑者が先日、埼玉県内の知人宅で警視庁の捜査員に踏み込まれ、覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で逮捕された。 レギュラー出演していた連続ドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)からはすぐに降板になり、公開中の出演映画『たたら侍』は一旦打ち切りが決定したものの、再編集して上映を再開した。また、収録済みだっ…

つづきを見る

実録!違法薬物売買の取引に使われる「3大スポット」

昨年から芸能人の違法薬物事件があとを絶たない。 昨年は高知東生、清原和博、ASKA、高樹沙耶らが世間を騒がせたが、今年も5月に田中聖、6月に橋爪遼が立て続けに違法薬物関連で逮捕された。違法薬物事件を起こすと、ほぼ確実にタレント生命が絶たれるわけだが、それでも芸能人と違法薬物の関係は密接だ。 「違法薬物には“芸能人価格”…

つづきを見る

のだめ共演の小出恵介と橋爪遼が奏でた「不祥事二重奏」

写真週刊誌『フライデー』に《17歳女子高生と飲酒&SEX》という見出しの記事を掲載された俳優の小出恵介。未成年と知りつつ、ドラマロケの合間にそうした行為をしてしまったことで、当然ながら非難が集中している。 だが、この騒動によって「記事の扱いが小さくなった」と胸をなで下ろしている人物がいる。覚せい剤取締法違反(所持)容疑…

つづきを見る

田中聖周辺を「交友関係を洗え」で戦々恐々の元ジャニーズ

ジャニーズの『KAT-TUN』の元メンバーで、ミュージシャンの田中聖が大麻所持の現行犯で逮捕されたことで、次はどの元ジャニーズが逮捕されるのかと、芸能界関係者のあいだで話題になっている。 「田中は誰とでも仲よくするタイプなので、音楽関係の交遊ならば、パンク系やロック系など幅広いです。同じ元KAT-TUNの赤西仁とはいま…

つづきを見る