裁判

泰葉が元夫・春風亭小朝と和田アキ子を提訴!記者会見の一部始終

タレントでアーティストの泰葉が、6月2日に東京の日比谷にある帝国ホテルで“音楽活動状況並びに一連の告発に関する記者会見”を開いた。 泰葉は元夫の春風亭小朝のDVについて提訴するとし、また和田アキ子について「あるときTBSの楽屋であいさつした際、『なんでそんな肌を露出させた服を着てるんや』と公衆の面前で言われました」と怒…

つづきを見る

大沢樹生の実子裁判が決着

『光GENJI』の元メンバーで俳優の大沢樹生の実子騒動に決着がついた。 3月14日に、大沢と長男が親子ではないとする判決が東京家裁で確定。裁判は2015年に、「DNA鑑定の結果などに照らすと長男は大沢さんの子ではないと認めるのが相当」という判断が出ていた。しかし、海外で暮らしている長男に判決の内容を伝えるのに時間がかか…

つづきを見る

フジテレビ「ヤラセ株主総会」裁判に判決

株式会社において、会社の実質的な所有者は株主だ。その株主を対象とした株主総会は、会社の重要事項に対する最高の議決機関である。もしそこで経営者側が仕組んだ“やらせ”が行われていたとしたら…。 フジテレビや産経新聞の親会社であるフジ・メディア・ホールディングス(フジHD)が2014年6月と2015年6月に開催した株主総会に…

つづきを見る

麻原彰晃の三女アーチャリーがオウム事件判決の「国策裁判」ぶりを批判

192名が起訴されたオウム真理教(現アレフ)裁判は、昨年4月30日、17年間の逃亡の末逮捕された最後の被告人、高橋克也被告(58)に対して東京地裁が無期判決を言い渡したことですべての一審審理を終え、司法の場においてのオウム裁判は一応終結した。

つづきを見る

日本でも導入すべきか? アメリカの「ストーカー裁判」で下された驚きの判決

シンガーソングライターの冨田真由さん(20)が、岩埼友宏容疑者(27)によってライブ会場の外で刺された事件で、意識不明の状態にあった冨田さんの意識が回復した。 だが、健康を取り戻しても心に大きな傷を負ったのは間違いない。このような不幸を防ぐため、性犯罪者に対する刑罰として「去勢」という手段が、世界でにわかに注目されてい…

つづきを見る

清原被告は実刑判決が濃厚? 執行猶予の付かない根拠

覚せい剤取締法違反で起訴された清原和博被告(48)の初公判が、5月17日に行われる。 1年間に1万件以上も起きている覚せい剤関連事件数を考えると、清原容疑者が有名人であるということ以外、変わったところはない。初犯であることも考慮され、大方の予測では執行猶予が付くとされていた。 だが、ここにきて、実刑になるのでは? との…

つづきを見る

神田正輝と三船美佳が熱愛報道に「ブチ切れ」で離婚裁判はドロ沼化必至

歌手の高橋ジョージ(57)と離婚裁判中のタレントの三船美佳(33)と、俳優の神田正輝(65)の交際が一部で報じられた。 この件を受けて、三船と神田が1月9日に会見を開き、怒りを露わにして反論。この騒動で、裁判が再びドロ沼化しそうな雰囲気が漂ってきている。

つづきを見る

電車痴漢しても「諭旨解雇」は無効判決!裁判官の人材不足の恐ろしさ

昨年12月25日に大手新聞も驚く意外な裁判判決が出た。 電車内で痴漢をしたとして略式命令を受けた東京メトロの元男性社員が、諭旨解雇は不当だと訴えた裁判で、東京地裁は解雇を無効とする判決を言い渡した。 「男性は2013年12月、出勤のため乗車していた東京メトロ車内で、当時14歳の女性のお尻などを服の上から約5分間触った疑…

つづきを見る

たばこの煙「スモハラ訴訟」原告敗訴で分かったこと

去る11月19日、受動喫煙により心臓病を再発したなどとして、勤務先を訴えていた男性の『スモハラ(スモークハラスメント)』裁判の判決が横浜地裁で下された。 同地裁は男性の訴えを全面的に退けた。 原告男性は横浜市内の自動車学校に勤務。職場での受動喫煙の影響で持病の心臓病を再発したほか、分煙を求めるなどした結果、職場で嫌がら…

つづきを見る