裁判

「不倫がバレて脅迫された!」賠償金はいくらに?

4月2日、多くの企業が新入社員を迎え入れた。若い新人が新たな部下に加わった人も多いだろう。だが、社内での“火遊び”にはくれぐれも注意だ。不倫が社内にバレると立場を危うくしかねないのはもちろんのこと、最近は特にSNSなどでの誹謗中傷、あるいは脅迫なども少なくないという。 都内の商社に勤務するAさんはこう話す。 「20代の…

つづきを見る

朝日新聞が名誉毀損で安倍晋三首相の「お友達」を提訴

昨年の12月25日に朝日新聞が訴訟を起こした。それは、飛鳥新社が刊行した『徹底検証「森友・加計事件」朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』(著者:小川榮太郎氏)に対する名誉毀損である。 この書籍に関しては以前に当サイトでも報道した通り、小川氏は、朝日新聞から謝罪や訂正、賠償を求める申し入れをされるも《朝日新聞よ、新聞社と…

つづきを見る

泰葉が元夫・春風亭小朝と和田アキ子を提訴!記者会見の一部始終

タレントでアーティストの泰葉が、6月2日に東京の日比谷にある帝国ホテルで“音楽活動状況並びに一連の告発に関する記者会見”を開いた。 泰葉は元夫の春風亭小朝のDVについて提訴するとし、また和田アキ子について「あるときTBSの楽屋であいさつした際、『なんでそんな肌を露出させた服を着てるんや』と公衆の面前で言われました」と怒…

つづきを見る

大沢樹生の実子裁判が決着

『光GENJI』の元メンバーで俳優の大沢樹生の実子騒動に決着がついた。 3月14日に、大沢と長男が親子ではないとする判決が東京家裁で確定。裁判は2015年に、「DNA鑑定の結果などに照らすと長男は大沢さんの子ではないと認めるのが相当」という判断が出ていた。しかし、海外で暮らしている長男に判決の内容を伝えるのに時間がかか…

つづきを見る

フジテレビ「ヤラセ株主総会」裁判に判決

株式会社において、会社の実質的な所有者は株主だ。その株主を対象とした株主総会は、会社の重要事項に対する最高の議決機関である。もしそこで経営者側が仕組んだ“やらせ”が行われていたとしたら…。 フジテレビや産経新聞の親会社であるフジ・メディア・ホールディングス(フジHD)が2014年6月と2015年6月に開催した株主総会に…

つづきを見る

Arrest, hands cuffed

普通に働いただけで刑務所送り…日本式ビジネスがアメリカで狙い撃ちにされている!

アメリカでは、日本の企業慣習が『反トラスト法(米国の独占禁止法)』の餌食になっているという。 日本企業の特性を熟知している司法省が狙い撃ちにしているためだ。 「2013年9月下旬、同省のエリック・ホルダー長官(当時)は、日本企業9社が自動車部品分野で反トラスト法違反を認め罰金の支払いに応じたと発表しました。それ以後も摘…

つづきを見る

麻原彰晃の三女アーチャリーがオウム事件判決の「国策裁判」ぶりを批判

192名が起訴されたオウム真理教(現アレフ)裁判は、昨年4月30日、17年間の逃亡の末逮捕された最後の被告人、高橋克也被告(58)に対して東京地裁が無期判決を言い渡したことですべての一審審理を終え、司法の場においてのオウム裁判は一応終結した。 10月5日に『日本の司法を正す会』で講演したドキュメンタリー映画監督の森達也…

つづきを見る

日本でも導入すべきか? アメリカの「ストーカー裁判」で下された驚きの判決

シンガーソングライターの冨田真由さん(20)が、岩埼友宏容疑者(27)によってライブ会場の外で刺された事件で、意識不明の状態にあった冨田さんの意識が回復した。 だが、健康を取り戻しても心に大きな傷を負ったのは間違いない。このような不幸を防ぐため、性犯罪者に対する刑罰として「去勢」という手段が、世界でにわかに注目されてい…

つづきを見る

清原被告は実刑判決が濃厚? 執行猶予の付かない根拠

覚せい剤取締法違反で起訴された清原和博被告(48)の初公判が、5月17日に行われる。 1年間に1万件以上も起きている覚せい剤関連事件数を考えると、清原容疑者が有名人であるということ以外、変わったところはない。初犯であることも考慮され、大方の予測では執行猶予が付くとされていた。 だが、ここにきて、実刑になるのでは? との…

つづきを見る

神田正輝と三船美佳が熱愛報道に「ブチ切れ」で離婚裁判はドロ沼化必至

歌手の高橋ジョージ(57)と離婚裁判中のタレントの三船美佳(33)と、俳優の神田正輝(65)の交際が一部で報じられた。 この件を受けて、三船と神田が1月9日に会見を開き、怒りを露わにして反論。この騒動で、裁判が再びドロ沼化しそうな雰囲気が漂ってきている。 熱愛を報じた一部スポーツ紙は、情報番組『朝だ!生です旅サラダ』(…

つづきを見る