評判

不評芸人ヒロミが復帰3年でまた慢心!「もう消えろ」冷遇望む声

最近、インターネットのアンケートで『消えてほしいタレント』、『見たくないお笑い』、『つまらない芸能人』などが募集されると、1位か決まって上位に顔を出すのはヒロミだ。 「ヒロミに不快感を持っているネットユーザーは多いです。かつては体を張ったお笑いでならしていた時期がありましたが、すでに20年以上も前のことで、大して面白く…

つづきを見る

「ハーフタレント」は滝沢カレン1強に

一時期は群雄割拠だったハーフのタレント枠が、滝沢カレンの“1強”になりそうな気配だ。 ベッキーとマギーは不倫問題で、ローラも所属芸能事務所の社長と問題が生じていると女性週刊誌に報じられた。その間隙を突いて、滝沢がのし上がりそうなのだ。 「カレンは支離滅裂な日本語を話しますが、ほとんど日本語の意味が分からないところが特筆…

つづきを見る

タレントが芸能記者に「神対応」すると記事が優しくなる?

お笑いコンビ『トレンディエンジェル』の斎藤司が、新たな恋人と同棲していることが報じられた。 斎藤は、まだ無名の時代から付き合ってきた30代前半の看護師と、結婚が間近だと言われ続けてきたが、今年2月中旬に別れていた。 新しい恋人は、西内まりやに似た20代半ばの女性で、後輩の芸人がセッティングした福岡の合コンで出会い、ひと…

つづきを見る

「貴族探偵」新視聴者層に人気で月9再生?

フジテレビのドラマを代表する“月9”放送枠で、4月から鳴り物入りでスタートした『貴族探偵』。制作費が通常の2倍という話があり、中山美穂や仲間由紀恵、生瀬勝久といった豪華なキャストが勢ぞろいするとあって、前評判は高まっていた。だが、平均視聴率は第5話の時点で8.0%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)と、期待外れな状態が続い…

つづきを見る

「中居正広のミになる図書館」がゴールデン移籍後に絶不調

深夜放送で人気のあったバラエティー番組『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)が、月曜夜8時のゴールデンタイムに移動して、思わぬ苦戦を強いられている。ビデオリサーチによる関東地方の視聴率データによると、4月24日に放送された初回の2時間スペシャルは7.6%、5月9日の2回目の2時間スペシャルは6.8%と、低視聴率が…

つづきを見る

スキージャンプ高梨沙羅のシースルーグラビア披露に酷評の嵐

女子スキージャンプ選手の高梨沙羅が雑誌の表紙を飾った。高梨が登場したのはファッション誌『エル・ジャポン』(5月27日発売)の別冊付録『Women’s Health』。シースルーの衣装を身にまとい、健康的なボディーラインを披露している。 「インターネットのスポーツサイトのコメントには《サイテー》、《出ない方が良かった》、…

つづきを見る

亀梨和也「ボク、運命の人です。」の棒読み演技に罵声の嵐

ジャニーズ事務所の亀梨和也が主演している連続ドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)がピンチだ。 第6話の終了時点での平均視聴率は9.96%と、ひと桁に落ちこんでいる。初回は12.0%だったものの、以後9.6%、9.2%、9.8%、9.1%、9.5%と、ふた桁を記録していない。ドラマは視聴率10%以上でなければ失…

つづきを見る

子役時代の輝き再来?「女囚セブン」安達祐実に高い評価

現在放送中の連続ドラマ『女囚セブン』(テレビ朝日系)に出演している安達祐実が高評価されている。主演の剛力彩芽や共演のトリンドル玲奈、橋本マナミら、華麗なルックスの出演者が多いなか、童顔の安達が“はまり役”だと評判だ。 女性刑務所を舞台にした同ドラマのなかで安達は、無銭飲食を繰り返す情報通の女囚を演じている。かつて、子役…

つづきを見る

藤原竜也主演の低視聴率ドラマ「リバース」が高評価の理由

藤原竜也が主演している連続ドラマ『リバース』(TBS系)が、低視聴率にもかかわらず高い評価を得ている。 視聴率は初回と3話目に10%をかろうじて上回ったものの、2話目が6.3%、4話目が8.6%、5話目が9.0%とひと桁台に落ちこんでいる。しかし、なぜか視聴者から評価が高いのだ。   視聴率低迷でも見逃し配信は「高視聴…

つづきを見る

木村拓哉がカンヌの失態でJKから無慈悲な「キムたたき」浴びる

フランスで開催された『第70回カンヌ国際映画祭』のレッドカーペットで、木村拓哉が着物姿の杉咲花をまったくエスコートせず、批判を浴びた。この“男尊女卑”の行動を巡る炎上は、いまだに収まる気配を見せない。 「これで女性ファンがまた離れるでしょう。今回は特に、10代の女性からの反発が凄まじく《キムタクはKY》、《女性をどう見…

つづきを見る