評判

『ドクターX』松下奈緒でスピンオフ決定!? “ナースX”大好評で動きが…

11月11日、米倉涼子主演の大ヒットシリーズドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の第5話が放送された。ゲストキャラの大好評により、早くも〝スピンオフ制作〟の話が出ているという。 どんな困難の中でも「私、失敗しないので」。『ドクターX』誕生から10年目の第7シリーズの舞台は、100年に1度のパンデミ…

つづきを見る

『アバランチ』綾野剛の評価が大回復! クソドラマ『恋はDeepに』から一転…

10月18日より、俳優・綾野剛主演のドラマ『アバランチ』(フジテレビ系)の放送がスタート。綾野の姿に、視聴者から歓喜の声があがっている。 政治家、官僚、大企業といった富と権力を持った〝強者〟だけではなく、一般市民においてもモラルハザードが叫ばれて久しい令和の日本を舞台に、常識外れのアウトロー集団・アバランチの過激かつ痛…

つづきを見る

『恋です!』めるるの“演技力”に驚き「本田翼より上手い」「自然で良い」

俳優の杉咲花と杉野遥亮が出演するドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系)の第2話が、10月13日に放送された。視聴者からは、〝めるる〟こと生見愛瑠の演技に感心する声が多くあがっている。 色と光がぼんやりわかる程度の弱視の主人公・赤座ユキコ(杉咲)は、おっちょこちょいなカメラマンの父・誠二(岸谷五朗)…

つづきを見る

“干され芸人”楽しんごがスピリチュアルに傾倒か…「いよいよヤバい」

お笑い芸人で整体師の楽しんごの〝近影〟に注目が集まっている。 楽しんごは10月3日、都内で開催された『癒しフェア2021 in TOKYO』に出演。マッサージの仕事を25年務めている楽しんごは、同イベントのトークブースで「皆さん僕の芸能界でのブレークが先だと思ってると思うんですけど、マッサージのお店を宣伝したくて、テレ…

つづきを見る

『キングオブコント』さまぁ~ず三村を排除でお笑いファン大満足「公平感ある」

審査員が一新されることで注目を集めていた、10月2日放送の『キングオブコント2021』(TBS系)。評判の悪かった元審査員の『さまぁ~ず』三村マサカズがいなくなり、視聴者も大満足だったようだ。 第14回大会となる今回は、予選を勝ち抜いた『空気階段』、『蛙亭』、『ザ・マミィ』、『男性ブランコ』、『ニューヨーク』、『マヂカ…

つづきを見る

『ドラゴン桜』をネタに? 江口のりこ“主演ドラマ”の番宣に「めちゃ楽しそう!」

9月23日、比嘉愛未主演のドラマ『推しの王子様』(フジテレビ系)第11話・最終回が放送された。ドラマ放送直後に流れた次クールドラマの番宣が話題を呼んでいる。 誰も共感できない展開で、視聴者をあきれ果てさせた『推しの王子様』の最終回。お茶の間があんぐりしていると、唐突にコーヒーポットを持った俳優の江口のりこの姿が映し出さ…

つづきを見る

『家事ヤロウ』の“BGM”に大絶賛「センス抜群」「仲良くなれそう」

今年4月のゴールデン進出に伴い、評判を下げ続けている『家事ヤロウ!!!』(テレビ朝日系)。しかし9月21日放送の3時間スペシャルでは、珍しく視聴者から歓喜の声が沸いていたようだ。 この日のスペシャルでは、『コストコ』と『業務スーパー』を特集。また2つのスーパーで大ヒットしている商品のアレンジレシピに、前田敦子、上白石萌…

つづきを見る

『相席食堂』ラッパー・呂布カルマのロケが「放送事故レベル」と話題に

9月21日放送の『相席食堂』(朝日放送テレビ)に、大人気ラッパー・呂布カルマが登場。ラッパーとは思えない礼儀正しい姿を見せ、ネット上で大きな反響を呼んでいる。 同日の番組では前週に引き続き、新たな〝ロケスター〟を発掘する企画「ロケスター発掘! 青田買いSP 2021」を放送。今回は3人のロケスター候補が登場し、日本各地…

つづきを見る

Adoの新曲が「うっせぇわ」レベルの中毒性? 木村拓哉とのコラボで話題に

『うっせぇわ』で今年の顔となっている歌手・Adoの最新楽曲『蝸旋(らせん)』が、ネット上で話題となっている。 今回のAdoの楽曲もタイアップつき。9月24日に発売される〝キムタクが如く〟の愛称で大ヒットを飛ばした『PlayStation 4』用ゲームソフト『JUDGE EYES:死神の遺言』の続編『LOST JUDGM…

つづきを見る

『有吉の壁』四千頭身がキャラ変!? センス派から脱却で「過去一面白かった」

9月15日に、大人気バラエティー『有吉の壁』(日本テレビ系)が放送。雰囲気はセンス派のお笑いトリオ『四千頭身』が、いつもと違ったテイストのネタを披露して視聴者を驚かせた。 この日は「特撮の壁を越えろ! おもしろヒーロー選手権」と題して、サバゲー場を借りてロケを敢行。〝ヒーロー〟というテーマのため、爆薬を使ったコントが繰…

つづきを見る