賛否

『スッキリ』“あだ名禁止”論争に近藤春菜たちが苦言も…「仕方ないと思う」

昨年ごろからネット上でたびたび話題になっている、学校での〝あだ名禁止〟という都市伝説。2月24日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)がこれを取り上げ、またもやネット上で賛否湧く話題となった。 番組はあだ名禁止の現状について、実際に取り入れている学校などを取材。イジメの一因になることを避けるためあだ名を禁じ、「さん付け」を…

つづきを見る

ダレノガレ明美“保護猫トラブル”に賛否「マウント取ってる」「説明責任を…」

タレントのダレノガレ明美が、保護した子猫の〝メイちゃん〟を巡って拾い主とトラブルに。この騒動がネットで賛否を呼んでいる。 ダレノガレは昨年11月、片目にダメージを負っていたメイちゃんを保護したと自身のインスタグラムで報告していた。 そして、2月25日に《メイちゃんについて少し書きたいと思います。お付き合いください》と…

つづきを見る

最年少CDデビュー2歳児“ののちゃん”に批判…「完全に親のエゴ」

史上最年少の2歳11カ月で童謡歌手としてCDデビューした〝ののちゃん〟こと村方乃々佳が話題になっている。 ののちゃんは、2018年5月31日生まれ。2歳5カ月で『第35回 童謡コンクール こども部門』に出場し、「いぬのおまわりさん」を歌って史上最年少で銀賞を受賞。1月4日に、公式YouTubeチャンネル『ののちゃんねる…

つづきを見る

中川翔子の『ひるおび』出演に賛否!「失礼な意見」「やっぱかわいい」

YouTubeやTikTokといった動画サービスが流行する一方、苦境に立たされているテレビ業界。視聴率を上げるために試行錯誤しているのか、2月25日放送の『ひるおび!』(TBS系)では意外なゲストが初登場したようだ。 そのゲストとは、マルチタレントの中川翔子。昼間の情報番組ではあまり見かける機会がないタレントだが、「ひ…

つづきを見る

渡部建“豊洲ボランティア”は復帰への布石? 情報リークでワザと撮らせた可能性

〝多目的トイレ不倫騒動〟で活動自粛中の『アンジャッシュ』渡部建が、東京・豊洲市場で働いていると話題になっている。 現在、SNS上ではたびたび荷物の運搬や整理などの仕事をこなす渡部の目撃情報がアップされており、各メディアも市場関係者に取材を進めているようだ。 「渡部が働いているお店は、妻・佐々木希と親交のあるお店だといい…

つづきを見る

綾瀬はるか『天国と地獄』第6話14.7%で復調! 一方で“先行き”に暗雲も…

女優・綾瀬はるか主演のドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系)第6話が2月21日に放送。世帯平均視聴率が14.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)だったことが分かった。 初回は16.8%と好発進したものの、第2話は14.7%、第3話は14.1%とやや下降ぎみに。第4話は13.4%、第5話は13.2%と回…

つづきを見る

小倉優子の“歯磨き粉PR”に賛否「旦那への復縁アピール」「ほんと気の毒」

タレントの小倉優子が2月18日、自身のブログを更新。歯科医と共同開発した〝歯磨き粉〟を猛烈PRしており、ネット上で物議を醸している。 小倉はブログに《子供達が大好きなポテトサラダ 切れてるチーズを入れています》とつづり、ポテトサラダを作ったことを報告。しかし、後半からはなぜか、歯磨き粉の話題になり、《3本セットご購入で…

つづきを見る

上白石萌音&萌歌の“朝ドラ起用”が大荒れ…2人が『NHK』に認められたワケ

女優の上白石萌歌が、2022年春スタートのNHK連続テレビ小説に出演すると、2月18日発売の『週刊文春』が報道。ネット上では賛否の声があがっている。 今年秋から放送される朝ドラ『カムカムエヴリバディ』では、姉の上白石萌音がヒロイン役を演じることになっており、姉妹が連続で朝ドラに出演するのはかなり異例なこと。 また、萌音…

つづきを見る

黒木メイサの“イメチェン”写真に賛否「ヤンキーっぽい」「仁くんに似てきた」

モデルで女優の黒木メイサが2月17日、自身のインスタグラムを更新。明るいブラウンにヘアチェンジした姿を公開した。 黒木は《髪が明るくなりすぎましてん。ほんでもって痛みまくりですねん》と、現在の髪のコンディションを報告。続けて、《でもそんなのかんけーねー! はいっ、おっぱっぴー》と、お笑い芸人・小島よしおの…

つづきを見る

“地震的中”市川海老蔵の次なる予言に賛否「不安を煽るだけ」「意識が高まる」

歌舞伎役者の市川海老蔵が、2月13日に発生した東北の地震を〝予言した〟と話題になっている。 海老蔵は13日13時44分にツイッターを更新し、《なんとなくだけど、地震きて欲しくないなーとふと思う》とツイート。するとこの投稿から約9時間後、福島県沖を震源とする地震が発生。本人も驚いたようで、直後に《やっぱりきた、、》とツイ…

つづきを見る