趣味

「広島カープ監督夫人」緒方かな子が絵画で受賞!プロ並みと評判

プロ野球の広島東洋カープで監督を務めている緒方孝市監督の婦人で、タレントの緒方かな子が、美術団体『白日会』の『第93回白日会展』(3月22日~4月3日=東京・国立新美術館)でオンワードギャラリー賞を受賞した。 出展した油絵は『夏休み』というタイトルで、100号(1620mm×1300mm)という大きなサイズの渾身作だ。…

つづきを見る

人気が再燃しているアイドル系の鉄道プリペイドカード

JRと私鉄のプリペイドカードに、アイドルをデザインしたものが相次いで発売され、ファンや鉄道マニアから注目を浴びている。 アイドルのカードといえば、かつてはNTTの『テレホンカード』やJRの『オレンジカード』が定番だった。そのオレンジカードは2013年に発売を終了し、それに代わって登場した現在の鉄道系カードは、『スイカ』…

つづきを見る

松方弘樹の釣りや華原朋美の馬術以外にも…本格的な芸能人の趣味

趣味がプロ並みの実力になっている芸能人は珍しくない。例えば、先ごろ亡くなった松方弘樹さんはマグロの一本釣りで有名だった。 「2008年と2009年に山口県萩市で行われた『萩クロマグロ』では2年連続優勝。それぞれ351kgと、325kgのマグロを釣り上げています。2005年には石垣島で361kgのマグロを釣り上げて自己最…

つづきを見る

2017年最強のパワースポットと名高い「雲取山」

2017年の最強のパワースポットに、雲取山(東京都)を推す声が挙がっている。標高は西暦と同じ2017mで、名前も「くもとりやま」と、干支の「とり」が入っているからだ。すでに雲取山で新年を迎えようとする登山家などで、山小屋は予約でいっぱいだという。 同山は東京都の最高峰で『日本百名山』にも選定されている。山頂付近は埼玉山…

つづきを見る

夢の寝台列車だった「カシオペア」と「北斗星」のいま

JR東日本の豪華寝台列車『カシオペア』が、6月4日から復活する。 カシオペアは上野―札幌間の臨時特急として1999年7月にデビューした。その後、北海道新幹線開業の影響で今年3月いったん引退したものの、今後は旅行代理店が企画する団体列車として運転される。1泊2日の『カシオペア紀行』と、3泊4日(1泊は北海道内のホテル)の…

つづきを見る

知っておきたいお得な「動画配信」サービス

地上波テレビの視聴率が低迷し始めて久しい。 10~20代の若者から、テレビを見る暇もあまりない30~40代の働き盛りの人たちまで、スマートフォンやタブレット、パソコンなどを使い、インターネットでドラマや映画などの動画配信を楽しむのが、ここ数年の日本でも主流になりつつある。

つづきを見る

年末年始に走る全国SL情報

40年前の1975年12月に営業運転を終えた日本のSL(蒸気機関車)――。しかし、この冬も“復活”したSLが全国各地で元気に走っている。 「現在、現役のSLは15両(8形式)あり、10路線で定期運転を行っています。大半は3月から11月までの運転なんですが、最近は冬期の臨時運転も実施していて、今年も6路線で『クリスマスト…

つづきを見る

凝り性・草彅剛が「ハマった絵画収集」その驚きのお値段は?

SMAPの草彅剛(41)が、コンビニで飲み物やおにぎりを購入するかのように、高価な絵画を買い漁っているという。 草彅がハマっているのが、海外セレブ御用達のイタリア人アーティストのダニエル・ドンデ氏が制作した『ラグジュアリー・アート』と呼ばれる作品群だ。 「昨年6月に国内で唯一、ドンデの作品を販売するギャラリーが東京の六…

つづきを見る

シンガポールで人気沸騰の「けん玉」!ママも絶賛の理由

日本の伝統的な玩具の『けん玉』が、欧米を中心に、『Kendama』として世界の注目を集めるようになった。そして現在は、東南アジアのシンガポールでブームに火が付き、人気沸騰中だという。 シンガポールの東急ハンズや百貨店の玩具売り場では、1個約3000~1万円で販売されている。けん玉の材質も、ブナ材、くるみ材、そして高級な…

つづきを見る