趣味

趣味の喫茶店を経営する店長に「どのくらいもうかるの?」と聞いてみた

喫茶店の店舗数は1981年をピークに、現在は減少の一途をたどっている。だが、ここ数年は“昭和レトロ雑貨”に焦点を置いた喫茶店や、文房具、爬虫類、プラモデル、ミシンなど、趣味性の高い喫茶店のオープンが相次いでいる。「打ち合わせなどの用途は安いチェーン店で十分、どうせお金を出すなら自分の趣味に合ったお店で」という考えの人が…

つづきを見る

知られざるプロのプラモデル作り「プロモデラー」の裏事情

最近、注目を集めている趣味にプラモデルがある。といっても“ガンプラ”のようなコンテンポラリーなものではない。子供時代にプラモデルに親しんだ世代が大人になり、経済的余裕が出てきたため、当時は買えなかったミリタリーやSFメカや怪獣などのプラモデルをオークションなどで入手し、余暇の時間に作って楽しんでいるというのだ。いくつか…

つづきを見る

ここまで身近になった「3Dプリンター」の世界

2008年ごろから普及し始めた3Dプリンター。10年が経ち、個人や小人数でも使用できる環境が整ってきた。 そんな3Dプリンター界でいま、DMM.makeが始めたサービス『クリエイターズマーケット』(https://make.dmm.com/market/)が話題沸騰中だという。 「描いたイラストや漫画をダウンロード販売…

つづきを見る

愛好家も急増中!「ポールダンス」の意外な歴史

『ポールダンス』といえば、かつてはストリップクラブで女性が踊るダンスというイメージが強かった。だがいまや、アクロバティックな技を競い合うスポーツや、エクササイズへと広がりを見せている。 「知名度も高まっており、世界大会も開催されています。将来的には五輪の正式種目に採用されるかもしれません。日本でも人気上昇中で、レッスン…

つづきを見る

自分の「特技」をインターネットで「売って」みよう!

『メルカリ』や『Yahoo!オークション』などを利用して、物品を売ったり買ったりしている人は多いだろう。いまやインターネットであらゆるものが売買できる時代になったが、驚くべきことに最近では自分の“特技”が商品になるという。 自分の“特技=スキル”を分け合うということで『スキルシェアサービス』と言われているが、これは自分…

つづきを見る

レトロ製品「カセットテープ」人気の落とし穴

デジタル化が進み、多くの人が定額ストリーミングで音楽を聴く時代に突入した。しかし、この時代に逆行するようにカセットテープの人気が再燃しつつある。中高年によるただの懐古的な動きではなく、普及していた時代をリアルタイムで知らない若者までが、その魅力にはまっているようだ。 かつてはレコードが音楽を聞くための主な媒体だった。そ…

つづきを見る

釣りキチ葉加瀬太郎「マグロ食いちぎるサメ動画」紹介しドン引き

7月31日に放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系)にゲストとして出演したバイオリニストの葉加瀬太郎が、釣りなどの趣味に没頭しすぎる姿を明かした。そのあまりの没頭ぶりに、出演者たちは一様に引き気味だったが、視聴者はマニアックさを逆に賞賛している。 番組内で葉加瀬は、釣りが好きなことを話し、石垣島で釣りをしたときの…

つづきを見る

「広島カープ監督夫人」緒方かな子が絵画で受賞!プロ並みと評判

プロ野球の広島東洋カープで監督を務めている緒方孝市監督の婦人で、タレントの緒方かな子が、美術団体『白日会』の『第93回白日会展』(3月22日~4月3日=東京・国立新美術館)でオンワードギャラリー賞を受賞した。 出展した油絵は『夏休み』というタイトルで、100号(1620mm×1300mm)という大きなサイズの渾身作だ。…

つづきを見る

人気が再燃しているアイドル系の鉄道プリペイドカード

JRと私鉄のプリペイドカードに、アイドルをデザインしたものが相次いで発売され、ファンや鉄道マニアから注目を浴びている。 アイドルのカードといえば、かつてはNTTの『テレホンカード』やJRの『オレンジカード』が定番だった。そのオレンジカードは2013年に発売を終了し、それに代わって登場した現在の鉄道系カードは、『スイカ』…

つづきを見る

松方弘樹の釣りや華原朋美の馬術以外にも…本格的な芸能人の趣味

趣味がプロ並みの実力になっている芸能人は珍しくない。例えば、先ごろ亡くなった松方弘樹さんはマグロの一本釣りで有名だった。 「2008年と2009年に山口県萩市で行われた『萩クロマグロ』では2年連続優勝。それぞれ351kgと、325kgのマグロを釣り上げています。2005年には石垣島で361kgのマグロを釣り上げて自己最…

つづきを見る