運営批判

AKBのオワコンは不可避? 39歳・鈴木亜美とのコラボに「ズレてるなぁ」

アイドルグループ『AKB48』チームAが6月13日、舞台『AKB48 THE AUDISHOW』を開催。歌手の鈴木亜美がゲスト出演し、ファンを沸かせている。 今回の舞台は、ライブと演劇を融合させたものとなっており、オーディション形式の芝居ではメンバーそれぞれがパフォーマンスを披露。鈴木は舞台終盤でAKB入りを志願する設…

つづきを見る

配信事故!?『日向坂46』チア生配信で生気を失った表情に「酷使しすぎ」

今や『乃木坂46』としのぎを削るほど人気の『日向坂46』。しかし、人気に比例して〝酷使〟されていく彼女らに、ファンからは悲しみの声が続出している。 5月26日に『日向坂46 OFFICIAL YouTube CHANNEL』では、5thシングル『君しか勝たん』のヒット祈願として「全員チアリーディング生配信」が行われた。…

つづきを見る

AKB48“空気除菌ゲート”導入で炎上! ファンも呆れ顔「狂気の沙汰」

アイドルグループ『AKB48』の結成15周年を記念した約1年半ぶりの単独コンサート『~好きならば好きだと言おう~』が5月23日、神奈川の『ぴあアリーナMM』で開催。会場では新型コロナウイルスの感染対策として〝空間除菌ゲート〟が設置されたが、医療従事者などから批判の声が殺到している。 AKB48の公式ツイッターは、23日…

つづきを見る

乃木坂46運営に“2期生ファン”から不満殺到!「オタ卒する」「扱いが雑過ぎる」

先日『乃木坂46』2期生の伊藤純奈と渡辺みり愛が、同グループからの卒業を発表。以前から指摘されてきた2期生の不遇っぷりに、ファンからは悲しみの声があがっている。 公式ブログで伊藤は、《卒業について考える時間が増えて、悩んで、やっぱりいまの自分はもう乃木坂にいるのではなく知らない道に進んでいくべきだと思い、卒業を決めまし…

つづきを見る

宮脇咲良の卒業だけじゃない! 運営の“お漏らし”が問題となったアイドルグループ

近頃、アイドルグループを中心とした、運営による解禁前情報の「お漏らし」が話題となっている。 まずは、人気グループ『HKT48』や、グローバルグループ『IZ*ONE』など、日本だけではなく世界を股にかけるトップアイドル・宮脇咲良。つい先日、日本に帰国した彼女だったが、公式の発表を待たずして〝HKT卒業〟の情報が漏れてしま…

つづきを見る

『乃木坂46』選抜発表でファン大荒れ! 不遇過ぎる2期生に「納得できない」

4月18日放送のバラエティー番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で、『乃木坂46』通算27枚目となる新シングルの選抜メンバーが発表された。あまりにも不遇な〝あるメンバー〟に、ネット上では「残酷だ」と運営を批判する声があがっている。 今回の選抜では、4期生の遠藤さくらがセンターとなり、齋藤飛鳥、秋元真夏、星野みなみ、松村…

つづきを見る

NGT48裁判は山口真帆の1人負け! 和解内容に怒りの声「こんな終わり方…」

2018年12月に起きた、元『NGT48』山口真帆への暴行事件。元運営会社『AKS』(現ヴァーナロッサム)が、暴行容疑で逮捕された男性ファン2人に3000万円の損害賠償を支払うよう求めた裁判が〝和解〟という形で幕を閉じたが、その内容を巡ってネット上では怒りの声が続出している。 今回の裁判では、被告側は請求棄却を求め、争…

つづきを見る

『Snow Man』ゴリ押しに揶揄の声止まらず…「タッキーのおかげだね」

ジャニーズ事務所・滝沢秀明副社長がプロデュースするグループ『Snow Man』のゴリ押しが止まらない。3月25日からは、地上波初の冠番組『それSnow Manにやらせて下さい』(TBS系)の放送が決定した。 デビューして間もない新人グループが、地上波の冠番組を持てるのは異例なこと。ジャニーズの事情通は以下のように語って…

つづきを見る

グラビアオーディション企画が大炎上! 審査員のLINEがえげつない…

コスプレーヤーを対象としたグラビア争奪オーディション『ヤングチャンピオン コスプレクイーン 2020』が、候補者の告発により炎上状態と化している。 同オーディションは、グラビアコミック誌『ヤングチャンピオン』(秋田書店)と、動画コミュニティーサービス「ミクチャ」こと『Mix Channel』の協同企画によるコンテスト。…

つづきを見る

中島美嘉の舞台パリ公演“突然中止”に憤怒の声…囁かれる裏事情

歌手で女優の中島美嘉が主演を務める舞台『イノサンmusicale』のパリ公演が突如中止となり、ファンをざわつかせている。 同舞台は『週刊ヤングジャンプ』で2013年第9号から2015年第20号まで連載されていた人気漫画作品を舞台化したもので、原作となったコミックの発行部数は150万部にも上っている。 公式サイトでは、「…

つづきを見る