離婚危機

後藤真希「不倫裁判」和解後もくすぶり続ける“灰色仮面夫婦”のウワサ…

今年3月に〝ドロ沼不倫〟が報じられた元『モーニング娘。』の後藤真希。裁判を経て、現在は元サヤに収まったはずだが、にわかに〝仮面夫婦説〟が持ち上がっているという。 「裁判で和解したのに結局は離婚ということになれば、大きな話題になることは確実。芸能メディアが注目するのは当たり前でしょう。そうでなくても、あんなことがあったの…

つづきを見る

佐々木希&渡部建“離婚危機”再び!? 不自然さ際立つ2ショット写真が物議

渡部建と佐々木希夫婦に、またもや〝怪しい写真〟が出てきた。やはり「夫婦危機」なのだろうか…。 「結婚当初から2人の年齢差からくる危うさを指摘する芸能関係者は多い。それと渡部は、本当は結婚する気はなかった。これはいまだにいわれていることです」(芸能記者) 去る7月、佐々木が自身のインスタグラムから、入籍時に撮ったツーショ…

つづきを見る

佐々木希“高級グルメ”堪能も渡部の影なし…「うまくやってますか?」

女優の佐々木希が10月2日、インスタグラムを更新。高級寿司店での食事を大いに楽しみ、寿司の写真を多数アップした。 View this post on Instagram あぁ、、、 とても美味しくて贅沢で、 幸せなひと時でした😌 お久しぶりのすぎたさん。 大将と女将のコンビが本当に可愛らしい❤︎ お弟子さんも笑顔たっぷ…

つづきを見る

佐々木希&渡部建“円満”なのに消える気配が微塵もない『Xデー』のウワサ

お笑い『アンジャッシュ』の渡部建と女優・佐々木希の〝円満夫婦〟から、「Xデー」への囁きが一向に消えない。円満を強調すればするほど、逆に〝危機〟にも見えるというのだ。 「コトの発端は佐々木のインスタグラム。彼女は渡部との入籍直後の2017年、おそろいのTシャツでのツーショットをインスタに掲載。これを削除したことで騒ぎとな…

つづきを見る

小栗旬の“モラハラ”ぶりにドン引き「もう夫婦として終わりだね」

9月3日放送のトーク番組『川柳居酒屋なつみ』(テレビ朝日系)に俳優の小栗旬が出演。自ら〝モラハラエピソード〟を明かし、視聴者をドン引きさせた。 小栗は私生活の話題になると、娘の様子には敏感に心配をするが、妻の山田優に対しては無意識の内に傷つけてしまったこともあると明かす。 ある日、友人の生田斗真、笠原秀幸とともにゴルフ…

つづきを見る

山川恵里佳“37歳の露出”は不倫願望の証し!? SNSがエッチ過ぎ!

8月27日、タレントの山川恵里佳が自身のアメブロを更新。セクシーな水着姿を公開したのだが、これに呆れ声が多く上がっている。 お笑い芸人のモンキッキーと結婚し、2人の子どもを持つ山川。この日は《今年最後のプールかな? 寒かったよー》とつづりながら、白いキャップにスカート状の水着を合わせた若々しい写真を投稿。《水着着るとコ…

つづきを見る

南野陽子に囁かれる「52歳フルヌード写真集」で借金返済→離婚回避!

いささか旧聞に属する話だが、8月8日に発売された『週刊文春』に《離婚危機? 南野陽子は直撃に「グラビア出してください!」》という、やや刺激的なタイトルの記事が載った。その冒頭には、 《銀座のクリニックを舞台とした夫・X氏の「横領」と「暴行」疑惑(3月7日号)を報じた女優・南野陽子に離婚説……》 《現在、南野陽子に単発の…

つづきを見る

後藤真希“やっぱり無理”だった…離婚に向け話し合い説が浮上

タレントの後藤真希が、いよいよ〝離婚モード〟に入ったという情報が流れてきた。今年3月、後藤の夫A氏は後藤の不倫相手B氏に対し、損害賠償の民事訴訟を起こしたと報じられ、ひと騒動となった。 「B氏は後藤の元カレで、後藤が夫A氏のDVに耐えかね相談。そこでB氏とヨリ戻し、肉体関係まで持ってしまったというのです。後藤はB氏に気…

つづきを見る

椿鬼奴が涙で離婚危機を否定も「夫がクズ過ぎ」「なんでフォローするの?」

8月26日に放送された『しくじり先生 俺みたいになるな!』(テレビ朝日系)に、お笑い芸人の椿鬼奴が出演。夫の奇妙な行動をネタにして〝離婚危機〟と報じられた失敗談を明かしたが、視聴者からは「相変わらず夫がクズ過ぎる」「早く離婚した方がいい」と促す声が相次いでいる。 鬼奴は2015年5月に、事務所の後輩に当たる『グランジ』…

つづきを見る

佐々木希・渡部健夫妻“円満スクープ写真”にモノスゴイ数の疑問点が…

一部ネット上で別居報道までされてしまった『アンジャッシュ』渡部健と女優の佐々木希夫妻。コトの発端は、佐々木が自身のインスタグラムに掲載していた入籍報告の〝夫婦ツーショット〟を削除したことだ。 この別居説に反論するかのごとく、家族3人で仲むつまじく公園で遊んでいる姿を、8月2日発売の『FRIDAY』が報じた。 しかし、ネ…

つづきを見る