韓国

韓国・文在寅大統領が選んだ「公用車」のメーカーは?

庶民派を自負する韓国の文在寅大統領が乗る専用車は、どこの国のどのメーカーになるのかが韓国の国民的な関心事になっていた。日本車は100%ないが、韓国車なのか、はたまた輸入車なのかに注目が集まるなか、5月10日に執り行われた大統領就任式で文大統領が搭乗したのは、メルセデス・ベンツの最上級モデル『マイバッハS600』だった。…

つづきを見る

韓国・文在寅大統領に教えたい「従軍慰安婦の真実」~その4~

(その3からの続き) 1991~1992年、日本が韓国に対して朝日新聞の報じた“従軍慰安婦の強制連行説”に基づき謝罪をしているさなか、ソウル大学の韓国史学者として名高い安乗直(アン・ビョンジョク)名誉教授(当時)をキャップとする『挺身隊研究会』(通称:安研究会)が立ち上げられ、元慰安婦40人を聞き取り調査している。その…

つづきを見る

韓国・文在寅大統領に教えたい「従軍慰安婦の真実」~その3~

(その2からの続き) 従軍慰安婦に対する賠償を日本政府に求めた初の裁判は、2004年に最高裁で原告の敗訴が確定している。その原告のなかに金学順(キム・ハクスン)さん、文玉珠(ムン・オクチュ)さんがいた。韓国の人々は、金、文両ハルモニの“慰安婦稼業”後を知れば、目を剥くに違いない。 文ハルモニの訴訟では、3年間の慰安婦時…

つづきを見る

韓国・文在寅大統領に教えたい「従軍慰安婦の真実」~その2~

(その1からの続き) 従軍慰安婦に関する朝日新聞の“詐術的表現”はまだある。以下は1991年12月6日付の記事だ。 《金学順(キム・ハクスン)さんは1939年ごろ平壌で、地区の世話役に『お金になる仕事がある』と誘われ、平壌駅から日本の軍人たちと一緒に軍用列車に乗せられた~(中略)~物売りの朝鮮人業者に「自分も朝鮮人だ。…

つづきを見る

韓国・文在寅大統領に教えたい「従軍慰安婦の真実」~その1~

1990年、大分県在住の青柳敦子という主婦が韓国に行き、強制連行された人々や慰安婦たちに対して「日本を相手に裁判をしませんか。費用は全部わたしが持ちます」というビラをまいた。結局、青柳氏は“原告”探しに失敗するが、日本に帰国後、徴用された人たちの遺族が「やりたい」と申し出てきた。その訴訟過程で登場したのが元慰安婦の金学…

つづきを見る

ジャニーズ独立の草彅剛が「韓国芸能界へ完全移籍」か

昨年末で解散した『SMAP』の稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人が、9月8日をもって契約期間満了によりジャニーズ事務所を退所することが発表された。この3人は、昨年8月にグループ解散が決まった際に、活動休止ではなく解散を強く望んでいた。 【関連】なぜ中居も独立しないのか|中居正広の決断 その1  ジャニーズ事務所からの独立…

つづきを見る

もしもいま南北朝鮮が「統一」したら

韓国で大統領に就任した文在寅の経済音痴ぶりは常軌を逸している。経済失政が明らかになるのはそう遠くないが、火の粉を被るのは朝鮮半島に甘過ぎる日本だ。 朝鮮半島の南北統一が世界平和への一里塚のような理論の“リベラル派”もいるが、それはとんでもない間違いだ。それがたとえ文大統領の描く「高麗連邦(一国二制度)」であっても、日本…

つづきを見る

レッドラインはどこに?アメリカが北朝鮮に軍事制裁をしない理由

シリアのアサド政府軍が化学兵器を使用した際、アメリカのバラク・オバマ前政権は当時「レッドラインを超えた」と表明した。 北朝鮮の場合は、アメリカ本土に届く大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発か、6度目の核実験が“レッドライン”と見て間違いない。そのため、北朝鮮が頻繁に中・短距離ミサイルを発射しても、アメリカはレッドラインを…

つづきを見る

Pop art retro fist

戦後の朝日新聞の出発点「共産主義運動への参加宣言」を振り返る

韓国メディアが崇拝してやまない独島(日本名=竹島)について「私が守る」と驚くべき発言を行った元朝日新聞主筆のK・Y氏は、「安倍首相たたきは社是だ」と言い放ったことがある。朝日の政治的意図をあらわにした“中韓のプロパガンダ機関”としての堂々たる宣言だ。 このK・Y主筆は、「安倍の葬式はうちで出す」とも言ったが、実際、“葬…

つづきを見る

朝日新聞の慰安婦問題報道は「日韓分断」が目的だった

“慰安婦狩りの証言者”として登場した吉田清治。生まれも、その正体も分からないままに亡くなった彼の“嘘の経歴”を示してみる。 吉田清治の本名とされる『吉田雄兎』の名が、門司市立商業学校(現・福岡県立門司大翔館高等学校)の卒業生名簿にあり、そこには《死亡》と記されている。朝日新聞は法大卒と報じ、1990年の『著作権台帳』に…

つづきを見る