音楽

『NiziU』の音楽ジャンルは!? 死語になりつつある“J-POP”という概念

ここ最近、『NiziU』や『TWICE』、『IZONE』といったガールズグループが人気を集めている。日本に馴染みのある音楽ジャンルといえば〝J-POP〟だったが、その常識が変わり始めているようだ。 かつて日本の音楽シーンは歌謡曲がメインだったが、1989年ごろにJ-POPの概念が誕生し、その後、大きな枠組みとしての音楽…

つづきを見る

『Mステ』ビリー・アイリッシュに視聴者激怒!「腹から声出せ」「舐め過ぎで草」

12月25日に放送された『ミュージックステーション ウルトラSUPER LIVE2020』(テレビ朝日系)に、世界的アーティストのビリー・アイリッシュが出演。日本のテレビで初のパフォーマンスを披露したのだが、物議を醸しているようだ。 ビリーは、アメリカ・ロサンゼルスのシンガーソングライターで、現在19歳。2019年3月…

つづきを見る

放送事故レベル!? お茶の間が凍り付いた『音楽番組』人気ニュースランキング

『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)や『CDTVサタデー』(TBS系)など、お茶の間を賑わしてくれる人気の音楽番組の数々。旬の話題をお届けする『まいじつ』に掲載された中から、芸能記者が選りすぐった〝音楽番組〟にまつわる記事をご紹介します(11/30配信まで集計)。 1位 『Mステ』木梨憲武の“暴走”が恥ずかしい…

つづきを見る

『東大王』鈴木光“お胸の生え際”チラ見えノースリーブにファン大熱狂!

大人気クイズ番組『東大王』(TBS系)の華でありエースとして、アイドル的人気を博す才色兼備の現役美女東大生・鈴木光。先ごろ、ネット上に公開された彼女の画像と動画が、これまたアイドルのような熱狂的反響を呼んでいる。 11月20日早朝、大手レコード会社・ソニーミュージックの洋楽版ツイッターアカウントは、4年ぶりとなる『ベス…

つづきを見る

『炭治郎のうた』“露出コスプレ”ピアニストに全集中「長男だけど我慢できない」

チャンネル登録者数173万人を誇る、爆乳ユーチューバー『Pan Piano』が大人気となっている。10月27日に投稿した、大ヒット中のアニメ『鬼滅の刃』の〝竈門炭治郎のうた〟は、公開10日足らずで、すでに57万回以上の再生回数を記録している。 Pan Pianoは台湾・新北市に住むピアニストで、2016年11月からピア…

つづきを見る

『金スマ』広瀬香美“ピアノの扱い”に落胆の声「なんかガッカリ」

10月30日に放送された『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)に、人気女性シンガーソングライターの広瀬香美が登場。そこで披露したピアノの扱いに対して、ネット上では批判の声が続出している。 番組では、広瀬がYouTubeチャンネルを開設し、さまざまな「歌ってみた」動画で話題を呼んでいると紹介。動画制作の裏側に迫…

つづきを見る

狩野英孝“元カノ”に未練?『ロンハー』で歌った曲に「川本真琴じゃん!」

10月8日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、お笑い芸人・狩野英孝が即興で歌を披露するシーンがあった。この歌が、かつての恋人の曲そっくりだと話題になっている。 この日は、狩野が扮する『50TA』の公式ライバルとして、『ぺこぱ』の松陰寺太勇、シュウペイが扮する『50PA』が登場。それぞれ3曲を作って披露し、視聴者…

つづきを見る

『ロンハー』狩野英孝がクビに!? 非情な結末に「かわいそう」「ムカついた」

10月8日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)では、かねてから歌手活動を展開していた狩野英孝が、視聴者投票で後輩芸人に活動の場を奪われた。視聴者からは「長年活躍してきたのにかわいそう」との声が漏れている。 狩野が扮する『50TA』の公式ライバルとして、『ぺこぱ』の松陰寺太勇、シュウペイが扮する『50PA』が登場。そ…

つづきを見る

話題のピアノユーチューバーは「ラッキー」なだけ? 小倉智昭の皮肉に共感の声

皮肉たっぷりな物言いで反発を招くことが多い一方、コメントそのものは的確に物事を捉えている小倉智昭。彼の発言がまたも的を射て、視聴者の賛同を呼んだようだ。 10月6日、小倉がメインキャスターを務める『とくダネ!』(フジテレビ系)は、ストリートピアノユーチューバー・ハラミちゃんを紹介した。ストリートピアノとは、施設のエント…

つづきを見る

佐村河内守氏“ゴーストライター騒動”から6年…行方知れずの今…

連日、ワイドショーは新型コロナウイルス一色となっているが、今から6年前の2014年は〝ある男性〟について、ほぼ毎日が大盛り上がりだった。その男性とは、音楽家の佐村河内守氏。思い返せば何とも平和な時代だったと言えそうだが、果たして彼は今、何をしているのだろうか。 佐村河内氏は、失聴障害がありながら数々のゲーム音楽や『交響…

つづきを見る