食品

夏に試したい「冷やしておいしい」お菓子

口どけがなめらかで、冬のお菓子というイメージがあるチョコレート。夏には“冷やしチョコ”がおすすめだ。 数年前から夏季限定でコンビニやスーパーなどで“冷やしておいしい”チョコレート菓子が発売されている。商品のパッケージにも“夏”や“冷”などの文字が表記されているので分かりやすい。 ちょっと小腹が空いたときに重宝するチョコ…

つづきを見る

アラフォー女性も「しじみ」で体調を整えよう

女性にとっての更年期とは、卵巣機能が衰え始め、女性ホルモンの分泌が減少する、“閉経を迎える前後の期間”のこと。この時期のホルモンバランスの乱れが原因で引き起こされる身体的・精神的な不調を『更年期障害』という。 更年期障害はまだ早いとはいえど、視力が落ちてきたり徹夜で仕事ができなくなったり、日中も何となくやる気がでなかっ…

つづきを見る

いまさら聞けない「グルテンフリー」ってなに?

『グルテンフリー』という言葉をよく目にしたり耳にするようになった。では、そもそも、グルテンフリーって何だろう? グルテンフリーとは、小麦粉製品を食べない食生活のことだ。ただし、『グルテン』は小麦そのものを指す言葉ではなく、小麦に含まれるタンパク質のことだ。 そもそも、なぜ小麦粉製品を食べないのか? 現在食べられている小…

つづきを見る

台湾でポピュラーな果物「竜眼(りゅうがん)」とは?

『竜眼(りゅうがん)』という果物をご存じだろうか。 竜眼は東南アジア一帯や台湾などでよく食べられているフルーツで、日本では沖縄の一部で栽培されている。しかし、そのほかの地域ではほとんどなじみがない。同じムクロジ科のライチに似ていて、小枝にたくさんの実をつける。皮はライチと違って薄茶色で、皮をむくと白い半透明のつるんとし…

つづきを見る

サプリメントで聞くようになった「ミドリムシ」とは?

健康食品やダイエット系のショップ、あるいは雑誌などで何となく目にした覚えのある『ミドリムシ』。実際、その正体は何者? と、知らない人も多いのでは。 中学生のときに、理科の授業でミドリムシを顕微鏡で覗いて見た覚えのある人もいるだろう。植物と生物の中間のような特徴を持ち、ワカメやコンブのような“藻”の仲間だ。学名は『ユーグ…

つづきを見る

長期常温保存の粉製品で「アナフィラキシー」加熱も効かず警鐘

お好み焼きなどの“粉もの”の食べ物には注意が必要だ。 お好み焼の粉に潜伏する『コナヒョウヒダニ』や『ケナガコナダニ』が口に入ると、皮膚症状や呼吸器症状が出現し、ひどい場合には血圧が低下して意識を失ったり、アナフィラキシーショックを起こすこともあるのだ。 都内のある皮膚科医が、国内で発症した38例を分析したところ、9割が…

つづきを見る

しっかり食べてキッチリ痩せる!ダイエットにおすすめの肉はコレ

ダイエットをするときに肉を食べないというのは、もはや昔の話。いまは、肉もしっかり食べて、きっちりやせるのがダイエットの常識だ。 肉、つまりたんぱく質は筋肉を作る大切な栄養素で、筋肉量が増えれば基礎代謝が上がり、脂肪を燃焼しやすくなる。 とはいえ、いくら肉を食べてたんぱく質を摂取しようとしても、霜降り牛肉のステーキでは、…

つづきを見る

「あんこ論争」つぶあんvsこしあんで衝撃のアンケート結果

インターネット上で空前の“あんこ論争”が繰り広げられた。『つぶあん』と『こしあん』のどちらがより好きかについて行ったアンケートに、1週間で約27万の回答が寄せられたのだ。 過去には、同様に明治のお菓子『きのこの山』と『たけのこの里』のどちら派? という論争が日々熱く交わされたことがあった。今回はツイッターユーザーのGi…

つづきを見る

店頭に並び密かに注目を集める「高機能野菜」とは何か?

  2016年4月より、『機能性表示食品制度』がスタートした。 特定保健用食品(トクホ)、栄養機能食品と並ぶ保健機能食品の1つに位置づけられており、《国の定めるルールに基づき、事業者が食品の安全性と機能性に関する科学的根拠などの必要な事項を、販売前に消費者庁長官に届け出る》ことによって食品の安全性と機能性に関する表示を…

つづきを見る

大豆自給率6%なのに豆腐売場は「国産大豆使用」商品ばかりなのはなぜ?

先ごろ、消費者庁と農水省は、国内で製造された全加工食品の主な原材料の原産国表示を義務付ける素案を提示した。今後、検討会で詳細を詰め、早ければ来年にも“新ルール”ができるという。 「実現すれば、これまでの“国産”を強調する表示も、例えば『原材料名:大豆(北海道産またはアメリカまたは中国)』などと複数国名がしっかりと記載さ…

つづきを見る