高橋由伸

明暗を分けている巨人と阪神の「世代交代」進捗状況

『動』の金本知憲監督(48)、『静』の高橋由伸監督(41)。 今季、伝統球団の巨人と阪神タイガースを指揮している、高橋由伸監督(41)と金本知憲監督(48)の2名は、新監督として何かと比較されることが多い。 現役時代は同じ右投左打の外野手で、打線の中核として活躍していたという経歴が似ているせいもあるのだろう。しかし、両…

つづきを見る

阪神金本、巨人高橋、横浜ラミレスら外野手出身新監督の「独自」チーム構築

「外野手出身の監督は“細かい野球”ができない」――昔から球界で言い古されてきた言葉だ。 奇しくも今季初めて指揮を執る巨人、阪神、横浜DeNAの新監督は全員が外野手出身だ。 「外野手はポジションの性質上、守備のサインプレーに参加する機会が少ないので、ゲームビジョンを組み立てるのが巧くないと言われています。これが、外野手出…

つづきを見る

【吉見健明のダッグアウト取材メモ】長嶋野球に舵を切る・高橋監督の決断

高橋由伸監督(40)が誕生して長嶋茂雄さんのリハビリに活気が増してきた。 12月7日月曜日午前6時55分。自宅近くの多摩川台公園。気温6℃の寒さにもかかわらず、いつになく力強い足取りだ。 目の錯覚ではない。一般の人への「おはようございます!」という甲高い声に、熱いものが感じられた。さらに、ここを訪れたファンにミスターは…

つづきを見る

高橋由伸新監督すでに四面楚歌! 原前監督が画策する「傀儡政権」

「まさか原さんが欠席とは…。退団後は会ってもいないし、話もしていない」 原氏が欠席したのは、高橋新監督の引退式となった11月23日の『ジャイアンツフェスタ2015』(東京ドーム)。背番号24を付けた高橋新監督は「由伸コール」の中で引退スピーチを行ったが、原氏の姿はそこになく、両氏の亀裂が明らかになった。 「10月19日…

つづきを見る

「長嶋さん、助けて!」高橋由伸が怯える原院政内閣の影

“原院政”が始まる。 高橋由伸新監督(40)は、11月7日から始まる秋季キャンプを前に“地獄”を見せることを予告していた。 「10月30日、ジャイアンツ球場で行われた全体練習で、ヨシノブは30分間にわたってダッシュ練習をさせました。終了と同時に中堅、若手が次々と倒れ込み、しばらく起き上がれませんでした」(ベテラン記者)…

つづきを見る