黒歴史

松本人志“勘違いツイート”で大スベリ?「ダサすぎ」「これは恥ずかしい」

9月6日、お笑い界のレジェンド『ダウンタウン』松本人志が自身のツイッターで、ネットユーザーを煽るような投稿を行った。すぐさまネット上で話題になったが、ここにきて松本の投稿は勘違いなのではないか…という疑惑が浮上している。 松本は6日に《〝松本はお笑いに向いてない〟って書き込みを発見。お疲れ様でーす!》と投稿。松本が反応…

つづきを見る

阿部華也子“元アイドル”だった! ダンス動画にファン驚き「踊れるって尊敬」

新宿・歌舞伎町の出会いバーでテキーラをあおり、その場にいた初対面の男性と10分に及ぶ唾液交換キスをしていたタレント・阿部華也子。彼女がYouTubeに投稿した動画が、ファンの分断を招いた。 阿部は8月14日に『【ダンス】元アイドルの力発揮!? 阿部華也子が「45秒で何ができる?」踊ってみた』なる動画を投稿。『feat….

つづきを見る

『かのキレ』宇垣美里の“女優デビュー”が黒歴史に…「全く存在感ない」

8月10日、小芝風花と『Sexy Zone』中島健人のW主演ドラマ『彼女はキレイだった』(フジテレビ系)の第5話が放送された。レギュラー出演している元TBSアナウンサーの宇垣美里が「モブすぎる」と話題になっている。 子どもの頃、美少女でクラスの人気者だった佐藤愛(小芝)は、親友の桐山梨沙(佐久間由衣)と2人暮らし。そん…

つづきを見る

草彅剛“一番後悔していること”は?「自分で掘り返すのか」「正直すぎて好き」

8月1日放送のバラエティー番組『7.2新しい別の窓』(AbemaTV)では、草彅剛が〝一番後悔していること〟を明かす一幕が。反応に困ってしまうような草彅の生々しい発言が、ネット上で大きな話題を呼んでいる。 同番組は2017年11月にSNSデビューを果たした草彅、稲垣吾郎、香取慎吾の3人がSNSを本気で遊び倒すという世界…

つづきを見る

『しくじり先生』峯岸みなみ“恋愛話”を蒸し返されて遠い目「悪意しかない」

元『AKB48』の峯岸みなみが、8月2日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!』(テレビ朝日系)に出演。スタッフや『オードリー』の若林正恭らに過去の恋愛話を蒸し返されて視聴者を驚かせている。 この日のしくじり先生は『おかずクラブ』のオカリナ。ドラマ『おっさんずラブ』にハマるあまり、「いろんなことにひも付けて、思い出し…

つづきを見る

阿部寛、玉木宏の黒歴史は…?“好きな男優”ランキングに疑問「賛否分かれそう」

7月25日に『週刊文春』が、男女を対象にした『好きな男優 2021』アンケートのベスト15を発表。この結果に、ファンからは歓喜の声があがる一方で、疑問の声も相次いでいる。 2020年の「好きな男優」アンケートでは1位が阿部寛、2位が玉木宏、3位が長谷川博己という結果に。今年は1位に阿部、2位に林遣都、3位に玉木が輝いた…

つづきを見る

“いじめ自慢”小山田圭吾に擁護の声も…炎上は時代変化が生み出した?

東京オリンピック・パラリンピックの開会式および閉会式のクリエイティブチームのメンバーが発表された。 開会式と閉会式のショーディレクターを小林賢太郎、アドバイザーには野村萬斎、聖火台デザイナーには佐藤オオキ氏が担当。また、開会式は『コーネリアス』の小山田圭吾らが作曲を担当することになった。 そんな中、一部の音楽ファンから…

つづきを見る

『THE MUSIC DAY』ドリカム“再現ドラマ”に違和感…黒歴史は封印?

7月3日の『THE MUSIC DAY 音楽は止まらない』(日本テレビ系)で、人気アーティスト『DREAMS COME TRUE』の歴史を辿るスペシャルドラマが放送された。しかしドラマ内で〝一部の真実〟が語られず、ネット上で物議を醸している。 今回のドラマは「ドリカム」中村正人の証言に基づき、知られざるデビュー秘話を描…

つづきを見る

黒木瞳“娘の同級生”イジメ疑惑が再燃! 家庭教師との再会で…

俳優・黒木瞳がパーソナリティーを務めるラジオ『あさナビ』(ニッポン放送)に、信州大学特任教授・NY州弁護士の山口真由氏が出演。東大在学中に黒木の娘の〝家庭教師〟だった意外な過去が発覚し、ネット上をザワつかせている。 番組ゲストとして登場した山口氏に、黒木は「ご無沙汰しております。なんと、うちの娘の最初の家庭教師でいらし…

つづきを見る

『世にも奇妙な物語』ピース又吉の“棒演技”に酷評殺到「逆にすごいわ」

6月26日、大人気オムニバスドラマ『世にも奇妙な物語 ’21夏の特別編』が放送された。『ピース』又吉直樹の演技に酷評が殺到している。 又吉が出演したドラマは『成る』。有名棋士・岩屋賢太郎(又吉)は、〝不惑〟という妙な名前のAI棋士との対局に臨んでいる。岩屋が駒を返すと、〝朮〟という見たことのない文字が。さらにAI棋士が…

つづきを見る