35歳の少女

11歳差の同級生! 佐藤健、GACKT、坂口健太郎… 無茶な配役に疑問の声

10月10日より放送がスタートしたドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系)の、キャスティングミスが大きな話題になっている。 問題は、39歳の柴咲コウと29歳の坂口健太郎が同級生役で共演していること。2人とも「35歳」としてドラマに登場しており、それぞれ単体で見ると、役と実年齢のギャップはそれほど大きくないように思える。し…

つづきを見る

『森三中』黒沢をハブった『ヒルナンデス』に批判! 今週の嫌われ女ランキング

今週もさまざまな女子アナ、女優、女性タレント、アイドルが話題となった芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』の読者に、今週もっとも“嫌われた女”ランキングと、代表的な記事をご紹介します。(10/15配信まで、独自ポイントで集計)。 1位 黒沢かずこ : 『森三中』黒沢をハブに…『ヒルナンデス!』の独身差別に批判「普通に…

つづきを見る

『35歳の少女』柴咲コウと鈴木保奈美の“親子設定”にツッコミ!

女優・柴咲コウ主演の連続ドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系)が10月10日に放送され、世帯平均視聴率が11.1%(関東地区・ビデオリサーチ調べ、以下同)だったことが分かった。 同ドラマは10歳のときに不慮の事故に遭い、長い眠りについていた主人公・望美(柴咲コウ)が25年ぶりに目覚め、すっかり変わってしまった世界に戸惑…

つづきを見る

柴咲コウ『35歳の少女』は超キャスティングミス! 実年齢“10歳差”の同級生

10月10日より放送がスタートしたドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系)。第1話から視聴者を作品の世界観に引き込んだのだが、メインキャストのキャスティングミスを指摘する声が続出している。 同作は、10歳の時に不慮の事故で寝たきりとなり、25年後に目覚めた少女・望美(柴咲コウ)が主人公。望美は、心は10歳、体は35歳の『…

つづきを見る