FC町田セルビア

Jリーグで「違う選手を退場」させる大誤審

8月16日に行われたサッカーJ2のFC町田ゼルビア対名古屋グランパスの試合でとんでもない誤審があった。 「3-3で迎えた87分に、相手ゴール前へ抜け出そうとした名古屋MF青木亮太が、町田DF深津康太と奥山政幸に挟まれる形で倒されました。これを見た家本政明主審はレッドカードを提示しました。この流れであれば、レッドカードは…

つづきを見る