Fukase

セカオワ再ブレーク! 話題の新曲『Habit』はRADWIMPSに似てる?

若手アーティストの勢いに押され、全盛期の輝きを失っていた〝セカオワ〟こと『SEKAI NO OWARI』。そんな彼らが最近、『TikTok』の影響で大きな注目を集めているようだ。 「セカオワ」は6月22日、ニューシングル『Habit』をリリース。『オリコン』が発表した7月4日付の『週間シングルランキング』(6月20日か…

つづきを見る

『CDTV』セカオワに“口パク”疑惑!「演奏もしてない」今週のテレビ事件簿ランキング

今週もさまざまなバラエティ番組やCMが話題となったテレビ業界。旬の話題をお届けする『まいじつ』の読者に、今週もっとも注目された、バラエティ番組やCMのランキングと記事をご紹介します(5/12配信まで、独自ポイントで集計)。 1位 CDTV : 『CDTV』セカオワに“口パク疑惑”浮上「演奏もしてない」「なめてんの?」 …

つづきを見る

『SEKAI NO OWARI』ドームツアー発表に驚き「まだ人気あるんだ」

2010年代に絶大な人気を博していた4人組ロックバンド『SEKAI NO OWARI』。彼らが2月22日に全国ドームツアー『SEKAI NO OWARI DOME TOUR 2022』の開催を発表したが、ネット上では意外な反応が溢れ返っているようだ。 ツアーは8月14日の愛知県から始まり、9月3日の大阪公演、9月14、…

つづきを見る

セカオワ・Fukase絵本作家デビュー! 特装版の価格にファンもドン引き

映画『キャラクター』で俳優デビューを飾るなど、マルチな活躍を見せている『SEKAI NO OWARI』のボーカル・Fukase。そんな彼が今度は絵本作家としてデビューするというのだが、特装版の価格設定が物議を醸している。 7月27日、「セカオワ」公式ツイッターは、絵本『ブルーノ』でFukaseが絵本作家デビューすること…

つづきを見る

映画『キャラクター』セカオワ・Fukaseの演技に「怖いというよりキモい」

6月11日に公開された映画『キャラクター』。『SEKAI NO OWARI』のボーカル・Fukaseの俳優デビュー作だが、一部の映画ファンからは酷評が相次いでいるようだ。 同作の主人公は、菅田将暉が演じる新人漫画家の山城。彼はお人好しな性格ゆえに、悪者が描けずに漫画家として伸び悩んでいた。そんなとき、偶然にもFukas…

つづきを見る

セカオワに解散フラグ!? Fukaseの告白にファン動揺「悪い予感がする…」

6月16日放送の『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)に、『SEKAI NO OWARI』のボーカル・Fukaseが出演。グループの未来に関わりそうな〝重大な決断〟を明かし、ファンを動揺させている。 番組でFukaseは、大人気占い師・木下レオン氏に占ってもらうことに。その中で〝男っぽい〟という一面やヤンチ…

つづきを見る

セカオワ・Fukaseの“病気歴”告白にファン納得「やっぱり」「それが魅力」

『SEKAI NO OWARI』のボーカル・Fukaseが6月6日早朝の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。かつて入院するほどの状態であったことを明かした。 Fukaseは公開中の映画『キャラクター』の宣伝として、歌舞伎俳優の中村獅童、俳優の菅田将暉と3人で対談。菅田から音楽の道に進むきっかけを尋ねられると、「もと…

つづきを見る

セカオワ・Fukase『行列』で幼少期のトンデモ話を披露「強すぎ」「カッケー」

髪色が奇抜なことで知られている『SEKAI NO OWARI』のボーカル・Fukase。そのスタイルは昔からのものだったらしく、5月30日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)では、ヘアカラーにまつわるエピソードを披露した。放送直後にツイッターで「Fukase」というワードがトレンド入りを果たすなど、大きな話…

つづきを見る

『Mステ』“セカオワ”リスナーは厨二病? Adoもビックリのイタいコメント続出

2月5日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に、大人気ロックバンド『SEKAI NO OWARI』が登場。〝ダークな世界観〟を持つ楽曲を披露し、ファンの気持ちを大きく揺さぶったようだ。 この日の番組で『セカオワ』が披露した楽曲は、『Death Disco』と『スターライトパレード』の2曲。「Death D…

つづきを見る

セカオワ・Fukaseの俳優デビューに賛否「なんで抜擢されたのか…」

来年6月に公開が予定されている俳優・菅田将暉の主演映画『キャラクター』。同作で、人気ロックバンド『SEKAI NO OWARI』のボーカル・Fukaseが、満を持して〝俳優デビュー〟を飾ることが明らかに。公開前にも関わらず、ネット上では賛否の声があがっている。 同作は漫画原作者・長崎尚志、映画プロデューサー・川村元気、…

つづきを見る