ikura

Ado、YOASOBI、milet…注目を浴びる令和の嫌われアーティスト

爆発的ヒット曲を生み出し、一世を風靡した令和を代表するシンガー・Ado。一時期は『うっせぇわ』を聴かない日がないほど、メディアで取り上げられていたが、その人気に陰りが出て来ているようだ。 今年3月、AdoはYouTubeに新曲『永遠のあくる日』のMVを投稿。人気楽曲『ギラギラ』と同じく、作詞作曲を音楽家・てにをはが手掛…

つづきを見る

戦犯はYOASOBIと優里?“TikTokバズ”にファン呆れ声「軽音サークルの延長線」

米津玄師やあいみょんの登場によって、大きな盛り上がりを見せていた日本国内の音楽だが、ここ最近は再び衰退していっている模様。その戦犯として、音楽ファンの間では〝ある有名アーティスト〟の名前を出す人が続出している。 賛否の分かれるところではあるが、『AKB48』や『嵐』などのアイドルが台頭してきた時代、「日本の音楽は終わっ…

つづきを見る

YOASOBIの音楽は全部一緒?「すぐ飽きる」のは聴き手の問題なのか…

トレパク疑惑の絵師が描いたビジュアルを使い続けて批判を集める一方、若者から絶大な支持を集める2人組音楽ユニット『YOASOBI』。その人気は飛ぶ鳥を落とす勢いだが、世の中には彼らの楽曲が全て同じに聴こえるという層も存在するようだ。 「YOASOBI」を一躍有名にしたのは、疑惑の絵師によるイメージビジュアルでお馴染みの2…

つづきを見る

『YOASOBI』ネットニュースに困惑? 古塔つみ氏の“イラスト使用”継続も…

大人気音楽ユニット『YOASOBI』がついに炎上しつつある。発端はキービジュアルなどを手掛けた、イラストレーター・古塔つみ氏に〝トレス疑惑〟、〝性別詐称疑惑〟、〝未成年女性への自撮り要求疑惑〟などが持ち上がったことだ。 昨年、古塔氏は自身のツイッターで、自身の個展を訪れた『YOASOBI』のikura(幾田りら)と喋っ…

つづきを見る

『YOASOBI』は“古塔つみ”の正体を知っていた? 過去ツイートが波紋…

大人気音楽ユニット『YOASOBI』のキービジュアルなどを手掛けた、イラストレーター・古塔つみ氏に〝トレス疑惑〟、〝性別詐称疑惑〟、〝未成年女性への自撮り要求疑惑〟などなど、やばいスキャンダルが次々にあがっている。そんな中、ついに騒動の火が『YOASOBI』にまで着火してしまったようだ。 一部メディアの報道などから、古…

つづきを見る

『YOASOBI』ikuraにセクハラ! 霜降り・粗品が炎上「アカンやろ」

『霜降り明星』粗品のセクハラ発言が、ネット上で炎上している。 粗品は12月14日に放送されたラジオ番組『YOASOBIのオールナイトニッポンX』(ニッポン放送)にゲスト出演。天才芸人として活躍する傍ら、音楽が好きで昨年からボカロPとして楽曲を発表しており、アーティスト・プロデューサーとしての立場から機材のディープな話題…

つづきを見る

YOASOBI“初の有観客ライブ”に酷評…「生歌が下手すぎてびっくり」

若者を中心に人気を集める音楽ユニット『YOASOBI』が、12月4日と5日に初の有観客ライブを開催。ファンから絶賛の声が寄せられている一方で、ボーカル・ikuraの〝歌声〟に関する指摘も相次いでいる。 アーティストの聖地・日本武道館にて、2日間にわたって開催された「YOASOBI」の有観客ライブ『NICE TO MEE…

つづきを見る

『ベストアーティスト』YOASOBIに口パク疑惑!「歌が上手すぎる」と話題

11月17日放送の音楽特番『ベストアーティスト2021』(日本テレビ系)に、大人気音楽ユニット『YOASOBI』が登場。圧倒的歌唱力でお茶の間を歓喜の渦に巻き込んだが、その歌唱力が災いし、一部で〝口パク疑惑〟が浮上していたようだ。 4時間にわたって生放送された同番組。「YOASOBI」は、昨年9月にリリースされた5作目…

つづきを見る

『YOASOBI』ikuraの“隠れバスト”にネット騒然「凶暴すぎる…」

地味なベビーフェイスと、透き通る歌声で人気を博す『YOASOBI』のボーカル・ikuraこと幾多りら。40度近い猛暑が列島を襲うこの夏、彼女がインターネットの世界に、興奮という名の熱を煮えたぎらせた。 発端となったのは7月25日と8月3日、とある匿名掲示板のアイドルと野球カテゴリに立てられたスレッドだった。スレ主は幾田…

つづきを見る

星野源がデレデレ!『YOASOBI』ikuraの天然エピソードに「かわいい」

音楽ユニット『YOASOBI』のボーカル・ikuraこと幾田りらが、7月6日深夜、パーソナリティーを務める『YOASOBIのオールナイトニッポンX』(ニッポン放送)で天然エピソードを披露した。 ツルスベ肌や「ほっぺがぷにぷにすぎる」として、同世代のみならず、父親ほど年の離れたオジサマ方からも人気が高いikura。楽曲性…

つづきを見る