J-POPアーチスト

miwaがすっかり過去の人に…オリコンTOP10圏外でシングルCDも自粛中

キュートなルックスと甲高い歌声、身長149センチという〝強力な武器〟で、多くのファンを魅了してきた女性ソロシンガーのmiwa。しかし、一時期の勢いはすっかりなくなってしまったようだ。 miwaは〝小柄なギター女子〟という特徴が男性に大ウケし、数年前まではアイドルのようにも扱われてきた。MV(ミュージック・ビデオ)や出演…

つづきを見る

『いきものがかり』CM歌に「イラっとする」 今週の芸能ニュースTOP5

いろんな事件が相次いだ今週の芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』で、今週最も話題となった芸能記事をご紹介します(5/16配信まで、独自ポイントで集計)。 1位 『いきものがかり』のCMソングに「不愉快」「鬱陶しい」と不満噴出 321pt. 『いきものがかり』のCMソングに「不愉快」「鬱陶しい」と不満噴出 2位 裸に…

つづきを見る

『ゲス極』川谷が『AAA』浦田を擁護で大反論続出「的外れすぎ」

かつてタレントのベッキーとの〝ゲス不倫〟で名を馳せた『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音が、4月29日にツイッターを更新。世間が「君の音楽を知らない」などとミュージシャンを批判してマウント気味の態度を取っていることに苦言を呈した。 この日、川谷はツイッターで、 《関係ない話なのだけど、音楽において〝知らない〟は評価をする以前…

つづきを見る

『春夏秋冬』で大ブレーク!『ヒルクライム』現在の活動状況が…

近年、アイドルやバンドの楽曲がブームの中心を担っている邦楽界。かつての音楽シーンとは異なり、ラップやR&Bといった楽曲は、よほど有名な歌手でない限りはやることはない。 そんな時代背景もあってか、過去にヒット曲を生んだものの全くメディアに姿を現さない歌手も多い。2009年に発売されたシングル『春夏秋冬』がスマッシュヒット…

つづきを見る

『トイレの神様』植村花菜の現在が衝撃!『キンコン』西野と破局後に…

1曲だけが爆発的にヒットし、その後リリースする曲は全く売れずに消えてくミュージシャンたち。そんな「一発屋」と呼ばれる歌手が、音楽業界には多数存在する。 近年では、2010年リリースのミニアルバム『わたしのかけらたち』のリード曲『トイレの神様』が大ヒットしたシンガーソングライター・植村花菜が〝一発屋〟と呼ぶにふさわしい歌…

つづきを見る

暴行『AAA』浦田直也のパワーワード“知らない”がイジられ大ダメージ?

4月20日に報道され、各ワイドショーがトップで扱った男女6人組音楽グループ『AAA』のリーダー・浦田直也の暴行騒動。酔っぱらった状態で一般女性に「俺はAAAのメンバーだ、知らないの?」とナンパし、「知らない」と断られると、平手打ちをした上に、逃げる女性を追い掛けて蹴ったという。 この最初から最後まで情けない事件に、芸能…

つづきを見る

90年代に大活躍! WANDS、DEEN…『ビーイングバンド』の現在

平成初期となる1990年代初頭、音楽界には〝ビーイングブーム〟が到来。直前に起きた「バンドブーム」と後の「小室ブーム」に挟まれる形で、『ZARD』や大黒摩季といった『ビーイング』所属アーティストがヒットチャートを独占していた。 「ビーイング」には他にも『B’z』など、その後も大ヒット曲を連発したアーティストがいた一方、…

つづきを見る

椎名林檎「せっかくの乳出しが…」とガッカリされた超加工!

歌手の椎名林檎が、デビュー記念日にあたる5月27日にアルバム『三毒史』をリリースすると発表。同時にアルバムのビジュアル画像も公開したが、これに賛否両論が寄せられている。 椎名がオリジナルアルバムをリリースするのは、2014年の『日出処』以来、実に5年ぶり。今作には『エレファントカシマシ』宮本浩次や『ウルフルズ』トータス…

つづきを見る

「お前が歌うんじゃねぇ!」純愛ソングに全く説得力がない歌手たち…

多くの人に共感と感動をもたらすラブソング。しかし中には、「お前が歌うんじゃねー」とツッコまれるミュージシャンも。 新生代の“ラブソングの帝王”となった3人組バンド『back number』は、まさにその例だろう。ここ数年で、『ヒロイン』『花束』『クリスマスソング』など数々のラブソングをヒットさせ、多くの女子を泣かせてき…

つづきを見る

西野カナが“海老蔵似と結婚”の報道にモヤモヤ「歌のイメージが…」

無期限の活動休止を発表した歌手の西野カナが結婚すると、3月18日に一部スポーツ紙が報じた。ツイッターでは西野を祝福する声が相次いでいるが、お相手の〝似ている芸能人〟が報道で明かされると、往年のヒット曲を愛好していたファンからは「複雑な気持ち」と漏らす声も聞かれる。 西野といえば『トリセツ』や『会いたくて 会いたくて』な…

つづきを見る