J-POPアーチスト

『帰れマンデー』倖田來未の“ヒール靴”が物議「注意しないの?」「大丈夫?」

歌手の倖田來未が5月10日放送の『帰れマンデー見っけ隊!!』(テレビ朝日系)に出演。小旅行中の出で立ちが、視聴者の間で物議を醸している。 倖田は『サンドウィッチマン』の2人と『King & Prince』の神宮寺勇太、『ずん』の飯尾和樹とともにロケ。東京の奥多摩をバスで移動し、山道を歩きながら飲食店を探した。 蜂の巣の…

つづきを見る

『Mステ』人気バンドの新ドラマーが物議「違和感」「受け入れられない…」

5月7日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に、人気4人組ロックバンドの『[Alexandros]』が出演。しかし、今年4月に正式加入した新ドラムの存在が、ファンを複雑な気持ちにしているようだ。 『[Alexandros]』は、映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の主題歌として起用されている『閃光』…

つづきを見る

『Mステ』タモリもポカン顔? ネクストブレーク特集に「全然楽しくない」

5月7日の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で、ブレーク寸前のアーティスト特集を放送。司会であるタモリの、興味なさそうな態度が視聴者の間で話題になっている。 この日放送されたのは、「次にブレークするアーティストが分かる! 先取りチャート特集」。YouTubeで流行っている楽曲のチャート『Top User Ge…

つづきを見る

『Mステ』Novelbrightに超辛辣な声続々「素人のカラオケ」「下手すぎ」

高い演奏技術と端正なルックスで人気のバンド『Novelbright』が、4月30日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演。新曲を披露したのだが、歌はイマイチなことがバレてしまったようだ。 この日のゲストは、4年ぶりの出演となったYUKI、あいみょん作詞作曲の新曲が話題の『ジャニーズWEST』、『霜降り…

つづきを見る

『Mステ』49歳・YUKIの“かわいさ”に驚愕「時空ゆがんでる」

4月30日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演したソロ歌手・YUKIが、全く老けていないとネット上で驚きを巻き起こしている。 自身がボーカルを務めていたバンド『JUDY AND MARY』解散から丸20年が経ったYUKI。今回は実に4年ぶりとなる「Mステ」の出演で、2年半ぶりの新曲『Baby, it…

つづきを見る

LiSA、あいみょん…パクリ疑惑が浮上した人気アーティストたち

アメリカでも公開され、大ヒットを記録しているアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。同作の主題歌『炎』を歌う歌姫・LiSAに以前、パクリ疑惑が浮上していた。 『炎』のインスパイア元は、2013年に惜しまれつつ解散した3人組グループ『FUNKY MONKEY BABYS』の『桜』。たしかに「炎」と「桜」は全体的な曲調…

つづきを見る

『CDTV』YOASOBIだらけのランキングに不満の声「偏りまくってる」

5月3日放送の『CDTV』(TBS系)で4月分のランキングが発表されたが、『YOASOBI』がランキングを独占する展開に、視聴者から妬みの声が漏れている。 番組では中盤から終盤にかけ「オリジナルランキング」を紹介した。YOASOBIの楽曲は30位に『優しい彗星』、26位に『ハルカ』、23位に『ハルジオン』がランクイン。…

つづきを見る

キングヌー・常田の「ヒットソング=優れた音楽ではない」論は本当に正しいのか?

最近『King Gnu』の常田大希が、SNSで《ヒットした音楽=優れた音楽だなんて死んでも思わないくれ(メジャーレーベルにもウヨウヨいる)そういう奴が文化を殺す》と発言し、話題になっていた。しかし彼の考え方は、本当に正しいのだろうか。 いわゆるネット上で定期的に議論されている「世界一売れているハンバーガーは世界一優れた…

つづきを見る

ドリフ版『バカ殿』地上波初公開! GWにチェックすべき豪華番組まとめ

政府は4月23日、新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、東京都と大阪府、京都府、兵庫県に緊急事態宣言を発令。期間は4月25日から5月11日までで、飲食店に営業時間の短縮を求めたほか、酒類を提供する飲食店、カラオケ設備を提供する飲食店、1000平米超の大型施設に休業を要請した。また、パチンコ店に対しても床面積の合計が10…

つづきを見る

大塚愛の“最新写真”に違和感?「こんな顔だっけ…」「別人だわ」

容姿の変化がたびたび注目を集める、シンガーソングライターの大塚愛。4月22日、彼女が自身のインスタグラムにアップした画像が、またも注目を集めたようだ。 大塚がアップしたのは、オフィスのような場所のソファにもたれかかった画像。脱力してまどろむような雰囲気と、派手目なメイクとの対称性が目を引く1枚だ。どうやら新たに染めた髪…

つづきを見る