J-POPアーチスト

『RADWIMPS』野田洋次郎が一般人のカラオケに乱入「奇跡だ!」

都内の大きな街では、有名人に偶然会う機会があるかもしれない。とはいえ、ほとんどは「見かけた程度」だったりするもの。だが中には、あっと驚くような、一生モノの出会い方もあるようだ。7月9日に投稿されたある男性のツイッターが、「まさに〝奇跡〟だ」として話題になっている。 投稿者の男性はある夜、ヒット曲『前前前世』でも知られる…

つづきを見る

ジュディマリは無理!?「99%あり得ない」から復活した伝説のバンドたち

7月9日、ネットニュースメディア『週刊女性PRIME』が、『JUDY AND MARY』(通称:ジュディマリ)の再結成が絶望的だと報じた。 記事によると、6月30日のイベントで、元ジュディマリのベース・恩田快人、ドラム・五十嵐公太、ギター・TAKUYAという、ボーカル・YUKI以外のメンバーが集結。ジュディマリに関する…

つづきを見る

16歳JKシンガー「みゆな」の呼び声“椎名林檎2世”に偽りナシ!

生まれつきのハスキーボイスと熱量あふれる歌唱力から〝椎名林檎2世〟との呼び声もある歌手・みゆなが、絶賛ブレーク中だ。みゆなは現在16歳の高校1年生。中学生のときに受けたボーカルコンテストで全国大会に出場したことをきっかけに、本格的に音楽活動をスタートさせた。 昨年8月に音楽配信サイト『Eggs』で、デモ音源の無料配信が…

つづきを見る

47歳・ジュディマリYUKIの“プラべ姿”に衝撃「やっぱ年取るんだ…」

1990年代に一世を風靡し、解散から約20年たとうとしている現在も、いまだに多くの人から再結成を望まれているロックバンド『JUDY AND MARY』(通称:ジュディマリ)のメンバーとボーカル・YUKIとの間に潜む〝埋められない溝〟について、7月9日に『週刊女性PRIME』が報じた。直撃取材をした際のYUKIの写真が掲…

つづきを見る

『セカオワ』Fukaseの“激変”に衝撃「おばさんみたい」「太り過ぎ…」

歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが、4人組バンド「セカオワ」こと『SEKAI NO OWARI』との写真を自身のツイッターに投稿した。 6月23日、きゃりーは「セカオワ」のライブをゲスト鑑賞したことを明かし、《久しぶりのセカオワのライブ踊っちゃった~ 超よかった~!!!》とツイート。「セカオワ」メンバー全員とピースを決めた画…

つづきを見る

miwaがすっかり過去の人に…オリコンTOP10圏外でシングルCDも自粛中

キュートなルックスと甲高い歌声、身長149センチという〝強力な武器〟で、多くのファンを魅了してきた女性ソロシンガーのmiwa。しかし、一時期の勢いはすっかりなくなってしまったようだ。 miwaは〝小柄なギター女子〟という特徴が男性に大ウケし、数年前まではアイドルのようにも扱われてきた。MV(ミュージック・ビデオ)や出演…

つづきを見る

『いきものがかり』CM歌に「イラっとする」 今週の芸能ニュースTOP5

いろんな事件が相次いだ今週の芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』で、今週最も話題となった芸能記事をご紹介します(5/16配信まで、独自ポイントで集計)。 1位 『いきものがかり』のCMソングに「不愉快」「鬱陶しい」と不満噴出 321pt. 『いきものがかり』のCMソングに「不愉快」「鬱陶しい」と不満噴出 2位 裸に…

つづきを見る

『ゲス極』川谷が『AAA』浦田を擁護で大反論続出「的外れすぎ」

かつてタレントのベッキーとの〝ゲス不倫〟で名を馳せた『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音が、4月29日にツイッターを更新。世間が「君の音楽を知らない」などとミュージシャンを批判してマウント気味の態度を取っていることに苦言を呈した。 この日、川谷はツイッターで、 《関係ない話なのだけど、音楽において〝知らない〟は評価をする以前…

つづきを見る

『春夏秋冬』で大ブレーク!『ヒルクライム』現在の活動状況が…

近年、アイドルやバンドの楽曲がブームの中心を担っている邦楽界。かつての音楽シーンとは異なり、ラップやR&Bといった楽曲は、よほど有名な歌手でない限りはやることはない。 そんな時代背景もあってか、過去にヒット曲を生んだものの全くメディアに姿を現さない歌手も多い。2009年に発売されたシングル『春夏秋冬』がスマッシュヒット…

つづきを見る

『トイレの神様』植村花菜の現在が衝撃!『キンコン』西野と破局後に…

1曲だけが爆発的にヒットし、その後リリースする曲は全く売れずに消えてくミュージシャンたち。そんな「一発屋」と呼ばれる歌手が、音楽業界には多数存在する。 近年では、2010年リリースのミニアルバム『わたしのかけらたち』のリード曲『トイレの神様』が大ヒットしたシンガーソングライター・植村花菜が〝一発屋〟と呼ぶにふさわしい歌…

つづきを見る