LGBT

殺人予告が届いた「LGBTは生産性がない」発言の杉田水脈議員の真意とは

自民党の杉田水脈衆議院議員による月刊誌『新潮45』誌上での「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」という発言について、いまだ炎上が止まらない。 当該団体である性的マイノリティーを支援する全国団体『LGBT法連合会』は7月23日に…

つづきを見る

田中圭「おっさんずラブ」しゃべくり007が無神経にイジって大不評

7月30日の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に俳優の田中圭が出演した。今年4〜6月期に同性同士の三角関係を描き、人気を博した『おっさんずラブ』(テレビ東京系)で主演した田中は『しゃべくりー』出演者から同性愛に関する「いじり」を受けた。視聴者は平然と返答した田中をたたえた一方で、『しゃべくりー』出演者の茶化し方を批判…

つづきを見る

マツコ・デラックスに対し性的に「配慮のない発言」した心理学者に批判

7月4日にフジテレビ系列で放送された『ホンマでっか!?TV』の2時間スペシャルにおいて、マツコ・デラックスがゲストの心理学者から「差別発言を受けた」と視聴者から指摘される一幕があった。 この日の放送では63歳の誕生日を迎えた司会の明石家さんまにプレゼントを送ろうと、俳優の中尾明慶や元サッカー選手の澤穂希氏らゲストが手渡…

つづきを見る

石橋貴明の「保毛尾田保毛男に救われた」ミッツ発言に賛否両論

6月4日の深夜に『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)が放送された。そのなかで、レギュラー出演者のミッツ・マングローブが炎上騒動に発展した“保毛尾田保毛男問題”に言及し、石橋を擁護する一幕があった。 昨年、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(同)でゲイを茶化したキャラクターの保毛尾田保毛男を演じて猛バッシング…

つづきを見る

おしゃれイズム「軽率LGBTネタ」に非難の声

俳優の千葉雄大が1月21日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)にゲスト出演した。その際の司会者とのやりとりについて、一部から批判が寄せられている。 千葉は仲のいい後輩が多く、一緒に酒を飲みに行くことが好きだという。飲酒するとどうなるか聞かれたところ、「肉体的な距離が近くなる。後ろから抱きつく」と答え、会場の女性から…

つづきを見る

「保毛尾田保毛男騒動」番組の謝罪が無く炎上

10月12日にバラエティー番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が放送された。セクシャル・マイノリティ(LGBT)への配慮が足りないと炎上した“保毛尾田保毛男騒動”が起こってから初の放送だったが、番組内でフジテレビや『とんねるず』からの謝罪が無かったことで、視聴者から疑問の声が上がっている。 この日…

つづきを見る

「保毛尾田保毛男」騒動をトドメにとんねるず番組終了か

9月末に放送された『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の30周年スペシャルで、石橋貴明が過去の人気キャラクター『保毛尾田保毛男』に扮したことに、批判が殺到した。このことで謝罪に追い込まれたフジテレビの宮内正喜社長は怒りを露わにしているようで、番組が終了しそうだという。 ビートたけしやタモリら、大物タレ…

つづきを見る

フジテレビ「ゴールデン番組で差別用語連発」批判殺到

9月28日に放送されたフジテレビ『とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP』の平均視聴率が10.0%を記録した。今回の放送は30年目を迎えた同番組を祝福するという形で、タモリやビートたけし、笑福亭鶴瓶など大物芸能人がゲスト参加。中でもたけしが『鬼瓦権造』、石橋貴明が『保毛尾田保毛男』、木梨憲武が『ノリ子』と…

つづきを見る

ドラマで欠かせなくなった「オネエ役」

各テレビ局で10月から新しい連続ドラマが始まるが、ここ最近の傾向として“オネエ役”が登場するパターンが増えている。 『Kis-My-Ft2』の玉森裕太が主演する『重要参考人探偵』(テレビ朝日系)は、『NEWS』の小山慶一郎との初共演が話題になっているが、このドラマでもモデル事務所の社長を演じる遠藤賢一がオネエキャラとし…

つづきを見る

LGBT人口7000万人の中国で「夜の街」から起きている変化

雑誌『TIME』(3月20日号)によると、中国のLGBTコミュニティー人口は推定で7000万人といわれる。LGBTとは性的少数者を指すが、同性愛者・両性愛者に加えトランスジェンダーも含まれている。トランスジェンダーは、身体の性と心の性が一致しない人をいう。 中国では過去に、同性愛者にはむち打ちを行ったり、精神病院へ強制…

つづきを見る