LGBT

またBL作品…LGBTQを“流行り扱い”する日本エンタメに呆れ「流れが酷い」

まるで〝流行〟のごとく日本のエンターテインメントで、おもちゃ扱いされているLGBTQ。またも彼ら彼女らを扱う作品の制作が発表された。 それは、映画『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』。同名の原作漫画の人気を受け、2020年秋にテレビ東京系で実写ドラマ化された。そしてこのたび、映画が制作されることに。メインキャス…

つづきを見る

LGBT配慮が過剰?“同性愛”連発の日本ドラマに「入れ込みすぎじゃない?」

性的マイノリティーへの理解と対応が、日々進化しているこの世界。しかし、配慮のしすぎなのでは?と感じてしまう現象が起こっている。 それは、日本のドラマだ。『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)、『きのう何食べた?』(テレビ東京系)など、元々のコンセプトがLGBTQのことを扱った題材なら全く問題ないが、最近は恋愛ドラマにLGB…

つづきを見る

金ロー『ボヘミアン・ラプソディ』“男同士のキス”ノーカット放送に称賛!

6月4日の『金曜ロードショー』(日本テレビ系)で、ロックバンド『Queen』のフレディ・マーキュリーを描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』が放送された。劇中には彼の半生を再現したシーンが数多く登場する。しかし、それらのシーンにネット上から〝時代錯誤〟な反応が続出していたようだ。 実にドラマチックな人生を送ってきたフレデ…

つづきを見る

阿部寛『ドラゴン桜』LGBT描写へ批判! 時代遅れな脚本に「あまりにも軽率」

5月2日、阿部寛の主演ドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)第2話が放送された。ゲイの教師が登場したが、その描かれ方が物議を醸しているようだ。 ドラマの主人公は、低偏差値で落ちこぼれの生徒たちを、たった半年で東大に合格させた伝説の弁護士・桜木建二(阿部)。前作の『ドラゴン桜』から16年が経過し、〝今の時代の日曜劇場でやるべき…

つづきを見る

綾瀬はるか『ユニクロ』新CMに賛否!「感動した」「主張し過ぎ」

先日、『ユニクロ』が新CM『21SS LifeとWear/エアリズムインナー篇』を公開。同性カップルの日常をフィーチャーしたCMで、多くの注目を集めている。 同CMで描かれているのは〝他愛のない日常〟で、とある女性の同性カップルが歯を磨いたり、2人で朝食を食べたり、記念日の花束を買いに行ったり、ベッドの上でイチャイチャ…

つづきを見る

“女装”のサブスクが話題!「着眼点がすごい」「時代が進んだ感じ」

コーヒーから自動車に至るまで、最近は〝サブスクリプションサービス〟が流行し、ありとあらゆるものが定額で利用できるようになっている。そんな中、前代未聞の新たなサービスが登場し、大きな話題になっているようだ。 「変身願望のある男性向けに7月1日から開始されるのが、株式会社UNIの女装レンタルサービス『ガールズクローゼット』…

つづきを見る

和田アキ子“LGBT”差別!? IKKOに向かって「私は本物の女」と発言

6月14日に放送された『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、MCの和田アキ子から〝LGBT〟差別を連想させる発言が飛び出した。時代錯誤な彼女の振る舞いに、ネット上では批判の声が続出している。 同日の番組は、複数女性との不倫報道で芸能活動を自粛した『アンジャッシュ』渡部健について特集。多目的トイレでの不倫が話題に挙がる…

つづきを見る

“テラハ”の二の舞!? フジテレビ『とくダネ』の報道姿勢に疑問の声

6月3日に放送された『とくダネ!』(フジテレビ系)では、〝東京アラート〟発動後の歓楽街について特集。マスクをせずに営業するゲイバーが取り上げられ、ネット上で物議を醸している。 この日の番組では、東京アラートの発動当日に営業しているお店を取材。新宿二丁目にあるゲイバーを訪れた番組スタッフは、〝マスク〟をしないで営業してい…

つづきを見る

椿姫彩菜、佐藤かよ… 消えた「LGBT芸能人」の現在とは…

トランスジェンダータレントの中には、元男性とは思えないほどの美貌を持つ者が存在している。しかし、今も第一線で活躍中のタレントがいる一方で、ブームが去ったかの如く見なくなった者も少なくない。 『わたし、男子校出身です。』がベストセラーを記録し、〝美し過ぎるニューハーフ〟として有名になった椿姫彩菜。彼女は2014年6月にホ…

つづきを見る

『新潮45』LGBT大炎上と「マレーシア同性愛公開杖打ち刑」の共通点

同性愛などLGBT(セクシュアル・マイノリティー=性的少数者)に対する理解は、保守性の強い発展途上国ではまだまだ低い。 今年4月、マレーシア東部のトレンガヌ州で、広場に停めた車内で性行為をしようとしていた22歳と32歳のマレーシア人の女性イスラム教徒が、宗教警察に見つかり逮捕された。 「イスラム教の『シャリア法』にもと…

つづきを見る