Live News it!

加藤綾子アナ“節電”でも美貌は健在! 暗いスタジオでも「肌キレイ」「女神」

3月22日、電力の供給が非常に厳しい状態にあるとして、経済産業省が〝電力需給ひっ迫警報〟を発令。各テレビ局も節電対策を行う中、加藤綾子アナに注目が集まったようだ。 電力需給ひっ迫警報が発令されていたのは、東京電力と東北電力の管内。 3月16日に起きた福島県沖の地震で、東北電力の発電所の一部が停止していることに加え、急激…

つづきを見る

撮り鉄がローカル線に激怒!「無断侵入が問題なだけ」発言にネット民ドン引き

12月20日の『Live News イット!』(フジテレビ系)が、房総半島を走るローカル線『いすみ鉄道』について特集。マナー違反の〝撮り鉄〟を報道したのだが、鉄道ファンが激怒しているようだ。 「いすみ鉄道」は12月に入ってから、新型コロナで延期していたイベントを実施。昭和30年代に使用されていたキハ25系の準急列車を再…

つづきを見る

加藤綾子『News イット!』打ち切り!? レジ袋“無料化”反対で大ピンチ

10月6日放送のニュース番組『Live News イット!』(フジテレビ系)で、レジ袋有料化の見直しが検討されているニュースを紹介。MCの加藤綾子が繰り出したコメントが、視聴者の間で物議を醸しているようだ。 10月4日、岸田文雄内閣総理大臣による新内閣が発表され、小泉進次郎環境相は退任。翌日に後任の山口壮氏に引き継ぎが…

つづきを見る

加藤綾子“レジ袋有料化”擁護するも批判殺到「スーパーに嫁いだ人だもんね…」

フリーアナウンサーの加藤綾子が10月6日、自身がキャスターを務める『Live News イット!』(フジテレビ系)に出演。小泉進次郎前環境相が推進したレジ袋有料化の見直しを求める議論が起こっていることに反対意見を述べたが、ネット上では厳しい声があがっている。 レジ袋の有料化はプラスチックごみ節減のため、昨年7月1日から…

つづきを見る

フジの“街頭インタビュー”に一般女性ブチギレ!「すげーなこの人…」

短時間で絶大なるインパクトを残し、ネット上の伝説と化す〝街頭インタビュー〟の人々。「自己防衛おじさん」「働いたら負けかなと思ってるニート」といったスター揃いなこのジャンルに、新たな逸材が彗星のごとく現れた。 ルーキー誕生の瞬間を報じたのは、フジテレビ系で放送されている夕方の帯ニュース『Live News イット!』だっ…

つづきを見る

加藤綾子が大炎上! ニュース番組でのコメントに「こういう感覚が1番怖い」

アメリカ大統領選の開票真っ只中である11月4日夕方、フリージャーナリストの木村太郎氏が『Live Newsイット!』(フジテレビ系)に出演。大統領選挙に関しての私見を述べた。 前回の大統領選時、〝トランプ当選を唯一予想していた男〟として有名な木村氏。今回も選挙前から一貫して〝トランプ当選〟を予想し、各番組でもトランプ寄…

つづきを見る

加藤綾子“破局報道”自らリーク!? オトコより仕事のアッパレ眼力!

〝カトパン〟こと加藤綾子が、交際中とウワサされてきた『三代目 J SOUL BROTHERS』のNAOTOと破局したという。8月6日発売の『女性セブン』が詳細を伝えているが、これが加藤側から出た情報だとされ、今後の彼女の対応が注目されている。 「昨年9月、『週刊文春』がNAOTOとのスイス旅行を写真入りでスクープ。この…

つづきを見る

安藤優子リストラ断行…フジテレビの真の狙いは加藤綾子のクビ!?

ニュースキャスターの安藤優子がMCを務めるフジテレビの情報番組『直撃LIVE グッディ!』が、9月をもって終了することが明らかになった。俳優の坂上忍がMCを務める情報番組『バイキング』(同系)が、10月の改編から放送時間を1時間延長して放送することが決まり、そのための〝リストラ〟だという。 「とんでもなく視聴率が悪いわ…

つづきを見る

加藤綾子クビ!? 後任キャスターに“犬猿同期”竹内由恵の名前が急浮上

早ければ秋の番組改編期での降板説も飛び交う〝カトパン〟こと加藤綾子。彼女は現在、フジテレビの夕方ニュース『Live News it!』に出演中だが、視聴率で同時間帯の他局番組、日本テレビ『news every.』、テレビ朝日『スーパーJチャンネル』、TBS『Nスタ』から大きく離され〝ひとり負け〟の状態が続いている。 「…

つづきを見る

加藤綾子ガケっぷち! 田中みな実に抜かされて“過去の人”に!?

フリーアナの〝カトパン〟こと加藤綾子が崖っぷちだ。現在、彼女はフジテレビの夕方ニュース『Live News it!』に出演中だが、早晩の降板説が飛び交っているという。 「バラエティーや『めざましテレビ』程度しかやったことがない彼女が、ニュースキャスターをすること自体、無謀だったのかもしれません。起用した局の責任はあるに…

つづきを見る