Live News it!

ジャニーズ頼みでビリ脱出か…フジ『イット!』リニューアルへ

フジテレビの夕方ニュース『Live News イット!』に、リニューアル案が急浮上した。 現在の番組MCは、宮司愛海アナウンサーが務めている。昨年10月に、加藤綾子から引き継いでMCに就いたばかりだが、なぜリニューアルするのだろうか。 「打ち切りだと、MCを変えてタイトルも内容も変える必要がある。それでは宮司アナの起用…

つづきを見る

フジ・宮司愛海アナ『イット!』低迷で囁かれる“番組ごと消滅”のウワサ

フジテレビの夕方ニュース『Live News イット!』が来年にも終了。それとともにMC・宮司愛海アナを降板させる案が浮上してきたという。 宮司アナは去る10月より同番組の新MCに就いたばかり。唐突な話にも聞こえるが、これが意外にも現実味があるというから驚きだ。 「さかのぼると『――イット!』の前は『プライムニュース …

つづきを見る

加藤綾子“休業宣言”どこへやら…『イット!』復帰へ再売り込みのウワサ

目下休業中のフリーアナ・加藤綾子が、なりふり構わぬ〝復帰工作〟に出ているという。 彼女は去る9月末でフジテレビの夕方ニュース『Live News イット!』を降板。その後、仕事のオファーがなく、「しばらく休業」と公言してミエを張っていたのだが…。 「9月いっぱいで仕事を辞めると言っていたのに、10月初めに一部出版社のW…

つづきを見る

宮司愛海アナ『イット!』早くもクビ!? 地震速報の慌てぶりにクレームが…

フジテレビ・宮司愛海アナウンサーの後任候補が早くも浮上した。 現在、宮司アナはフジテレビの夕方ニュース『Live News イット!』のMCとして出演中。去る10月から前任の加藤綾子に代わり、新MCの座に就いたばかりだったが…。 「平均視聴率は4~5%で、前任者の加藤とほとんど変わらないまま推移しています。加藤のときは…

つづきを見る

加藤綾子に何ひとつオファーなし…「しばらく休業」宣言あぁ虚し

時の流れは早い。今や女子アナ関連のニュースにおいて、フリーアナ・加藤綾子のことを扱うところはほとんどなくなった。 加藤がフジテレビ系の夕方ニュース『Live News イット!』を降板したのは9月末のこと。本人は「しばらく休業」と語ったものの、もはや雑誌のネタにもならない。 「本人は仕事がないので、負け惜しみで『しばら…

つづきを見る

元女流棋士のフジ・竹俣紅アナに“意外なところ”から厳しい評価が…

フジテレビの竹俣紅アナウンサーに〝意外なところ〟から厳しい評価が下されている。 女子アナに優しい記事が多いとされるA誌のウェブ版が、この10月に彼女を酷評。現在、竹俣アナは、宮司愛海アナがMCを務める夕方ニュース『Live News イット!』に出演中。A誌は、竹俣アナが宮司アナにとって〝懸念材料〟になると評しているの…

つづきを見る

フジ・宮司愛海アナ『イット!』あぁ虚しき“健闘”の声…最下位は変わらず

フジテレビの夕方ニュース『Live News イット!』の新MCに就いた宮司愛海アナウンサーに、早くも「苦戦」が伝えられている。 数字は正直だ。宮司アナのMC初日は10月3日。同日の視聴率は4.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。翌4日は5.2%、5日は4.5%、6日は2.3%、7日は5.4%だった。 「2週…

つづきを見る

フジ宮司愛海アナ『イット!』に辛辣声…“代打”扱いで早くも後任候補が浮上

フジテレビの宮司愛海アナウンサーに、早くも「ビリ脱出絶望」の評価が下されている。宮司アナは、この10月より夕方ニュース『Live News イット!』のMCとして登場。前任者である加藤綾子が作った低視聴率の挽回役として起用された。 「加藤と同じレベルか、加藤より視聴率が落ちるという声が出ています。特に知名度が高いわけで…

つづきを見る

加藤綾子「しばらくお休み」撤回? ピンク衣装に透ける“出番欲しい”のホンネ

9月末でフジテレビの夕方ニュース『Live News イット!』のMCを降板し、レギュラー番組がゼロになったフリーアナウンサーの加藤綾子が、早くも馬脚を現した。彼女は10月11日、WEBインタビューに登場。結婚から1年が経った現在の生活について語ったのだが…。 「〝アレッ、違うじゃない〟と思いましたね。彼女は10月から…

つづきを見る

加藤綾子アナ“節電”でも美貌は健在! 暗いスタジオでも「肌キレイ」「女神」

3月22日、電力の供給が非常に厳しい状態にあるとして、経済産業省が〝電力需給ひっ迫警報〟を発令。各テレビ局も節電対策を行う中、加藤綾子アナに注目が集まったようだ。 電力需給ひっ迫警報が発令されていたのは、東京電力と東北電力の管内。 3月16日に起きた福島県沖の地震で、東北電力の発電所の一部が停止していることに加え、急激…

つづきを見る