MLB

女子アナの「大谷翔平争奪戦」に遅れてきた本命候補が浮上

MLBのロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平に、どのテレビ局の女子アナが接触するか注目の的になっている。 「大谷は両親の意向で25歳まで交際厳禁。特に女子アナとの交際は猛反対していて、大谷もその約束を守るつもりでいます。でも、恋愛をそう簡単にコントロールできれば、人間、苦労はしません。いま大谷を取材できるのは、ア…

つづきを見る

大谷翔平「週間MVP」獲得で早くも国民栄誉賞候補に?

MLBのロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平が4月9日にアメリカン・リーグの週間MVPに選出された。打者として3試合連続本塁打。投手としては7回を投げて被安打1の無失点、そして12奪三振。開幕直後から目覚ましい活躍を見せている。 「昔、日本人メジャーリーガーのパイオニアとして日米通算で200勝を挙げた野茂英雄氏は…

つづきを見る

大谷翔平「オープン戦の結果は度外視」開幕メジャー登録へ

今年からMLBのロサンゼルス・エンゼルスへ移籍した大谷翔平は、オープン戦で結果を残せていない。3月21日時点で投手としては防御率27.00、打者としては28打数3安打、打率は1割7厘だ。 大谷自身はキャンプの打ち上げで「よかったこと悪かったこと、できたことできなかったことありましたけど、1日1日全部がいい経験だったと思…

つづきを見る

大谷翔平が女子アナに「交際お断り」を宣言

MLBのロサンゼルス・エンゼルスへ移籍した大谷翔平の交際相手に関する情報が浮上してきた。 「これまではどこの球団へ行くかが最大の焦点でした。しかし、移籍先が決まったいまは誰が大谷を射止めるか大いに注目が集まっています」(スポーツ紙記者) 大谷の両親は女子アナ、女優とは交際や結婚しないで欲しいと希望しており、これに大谷も…

つづきを見る

大谷翔平「SF・ジャイアンツ」移籍となった場合の懸念

ポスティングシステムを利用してMLBへの移籍を目指す北海道日本ハムファイターズの大谷翔平が、移籍先の本命と目されていたニューヨーク・ヤンキースに「断り」の連絡を入れたという。このことで、地元各紙は「何てチキン(臆病者)だ! 日本のスターは大都市を恐れた」という見出しを掲げ、そろって恨み節が並んだ。 「大谷は12月4日(…

つづきを見る

「MLBインディアンスが草だらけwww」公式ツイッターに異変

MLBのクリーブランド・インディアンスの公式ツイッターアカウント名が、ローマ字の“W”だけになってしまい、日本のファンのあいだでも話題になった。 インディアンスは8月25日に行われたボストン・レッドソックスとの試合から連勝を重ね、9月13日のデトロイト・タイガースとの試合で20連勝を達成するまで勝ち続けた。インディアン…

つづきを見る

大谷翔平の今オフMLB挑戦に暗雲

今オフのMLB移籍が伝えられる北海道日本ハムファイターズの大谷翔平に、意外なところから“待った”が掛かった。 「MLBの30球団も“発言の真意”を確認しています。日本にもその波紋は遅かれ早かれ及ぶものと思われます」(アメリカ人ライター) 真意が問われた発言とは、2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次…

つづきを見る

侍ジャパンWBC敗退にふたつの要因

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝ラウンドの準決勝で、野球日本代表『侍ジャパン』はアメリカと対戦し、1-2で敗れた。試合終了後、小久保裕紀監督は「力を尽くしてくれた。選手たちはよくやってくれた。感謝したいと思う」と敗戦の弁を述べた。 侍ジャパンの準決勝敗退には、これまでにないふたつの要素が絡んでい…

つづきを見る

各選手が「WBCの制約」を抱えるなかで名采配を見せたアメリカ

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝ラウンドでアメリカは野球日本代表『侍ジャパン』を2-1で下し、決勝へと駒を進めた。 アメリカのジム・リーランド監督がこの準決勝を前に、昨季ピッツバーグ・パイレーツとワシントン・ナショナルズで活躍した投手のマランソンを追加招集した。マランソンは昨季47セーブを挙げて…

つづきを見る

WBC観客増が五輪の野球復活を後押しか

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は、これまで以上に盛況であるため、野球・ソフトボール競技が正式に五輪で復活する可能性が出てきたという。 「2次ラウンドを終えた時点でのWBCの観客動員数は約60万人。前回大会の同じ時点では約40万人だったので、今大会は興行面で成功したと言っていいでしょう」(米国人ライ…

つづきを見る