NEWS ZERO

櫻井翔“生田斗真の結婚”をスルー!「生コメント聞きたかったのに…」

6月5日に俳優の生田斗真と清野菜名が結婚を発表。さまざまな著名人たちが祝福のコメントを寄せていたが、中には同じジャニーズ事務所の仲間にもかかわらず〝スルー〟した人もいたようだ。 結婚発表後の翌週6月8日の『news zero』(日本テレビ系)はキャスターが『嵐』櫻井翔ということもあり、放送前からファンの間で大きな盛り上…

つづきを見る

櫻井翔が“出演自粛”で『報ステ』がヤリ玉に「富川アナは見習え!」

4月27日放送の『news zero』(日本テレビ系)では、『嵐』の櫻井翔が微熱で出演を自粛。櫻井の賢明な判断に称賛の声が集まったが、一方で非難の矛先は社内感染の続く『報道ステーション』(テレビ朝日系)へと向かった。各テレビ局の対応の差に、ネット上ではさまざまな声が寄せられることに。 番組の冒頭は、櫻井との音声通話から…

つづきを見る

嵐・櫻井翔の“素顔”に仰天!元『NEWS ZERO』村尾信尚氏明かす

『NEWS ZERO』(日本テレビ系、現表記『news zero』)のキャスターだった村尾信尚氏が先ごろ、カンテレのバラエティー番組『お笑いワイドショー マルコポロリ!』に出演。当時『――ZERO』で共演していた『嵐』櫻井翔らについて振り返った。 元大蔵官僚の村尾氏はテレビに不慣れだったため、苦労も多かったとか。そんな…

つづきを見る

有働由美子『news zero』半年たってやっと“低迷責任論”が浮上

有働由美子がMCを務める日本テレビ『news zero』の苦戦が続いている。平均視聴率は5%前後。最近では「やはり有働の責任ではないか」という話も出る始末。 「昨年10月に始まったときにかろうじて10%に乗りましたが、後は数えるほど。本当に〝低迷〟です。例えば最近10%台に乗ったのは1月27日の『嵐』解散発表の翌28日…

つづきを見る

滝沢秀明の“恐怖政治”『嵐』櫻井翔は東京五輪後に事務所追放へ

『嵐』の2020年末での活動休止が発表されたばかりだが、櫻井翔に限っては滝沢秀明“恐怖政治”の追放対象だという。 「リーダーの大野智とともに追い出しは確実。大野は自身が『もともと脱退する気があった』『海外放浪したい』『絵を描きたい』などの気持ちを漏らしていたし、その通りに辞めてもらいたい。櫻井に関しては俳優、キャスター…

つづきを見る

有働由美子『news zero』低迷テコ入れついに“奥の手”を発動か

日本テレビのニュース番組『news zero』が岐路に立たされている。その視聴率の悪さから、再びリニューアルの声が上がっているというのだ。 同番組は元NHKの有働由美子をMCに据え、昨年10月1日スタート。初日こそ10.0%を記録したが、その後は徐々に下落。今や5%以下の日々がほとんどだ。 「1月28日の放送回は、グル…

つづきを見る

有働アナを拒絶!『NEWS ZERO』の「嵐」休止秘話の裏で

『嵐』の櫻井翔が、28日放送の『NEWS ZERO』(日本テレビ系)に出演。前日、2020年限りでの活動休止を発表した記者会見を振り返った。この日の櫻井のコメントには「誠意を感じた」と評価するファンは多かったが、一部視聴者は不満の声も寄せている。 櫻井は司会の有働由美子から質疑応答する形で前日の記者会見を振り返った。有…

つづきを見る

有働由美子『NEWS ZERO』早くも「沈没寸前」桐谷美玲の再起用か

この10月より元NHKの有働由美子を新MCに据えた日本テレビのニュース番組『NEWS ZERO』が、早くも大苦戦だ。 「鳴り物入りでリニューアルしたものの、視聴率は予想外の悪さ。ZEROは夜遅い23時からの放送ですから、初日の10.0%、翌日の10.4%は大健闘でした。時間帯を考えれば、かなりいい数字でしょう。ところが…

つづきを見る

加藤綾子『某ニュース番組』キャスター就任!?視聴率が暴落でテコ入れ

フリーアナの“カトパン”こと加藤綾子の、業界内での評価が急速に上がっている。 加藤は今年、女優としてデビュー。新しい魅力を見せたが、最近の“引き”は、やはり本業の司会・キャスター業。圧倒的な強さだという。 「今、司会では古巣のフジテレビのバラエティー『ホンマでっか!?TV』1本しかありませんが、他局もしっかりチェックし…

つづきを見る

櫻井翔『働きすぎ』で“闇”発言?「休み」に対する考え方に驚きの声

10月8日に放送された『NEWS ZERO』(日本テレビ系)に『嵐』の櫻井翔が出演。メインキャスターの有働由美子から「連休明けを明るく過ごす方法は?」と問われた際の返答が「意味深だ」と話題になっている。 10月に有働がメインキャスターに就任してから、同番組は視聴者とのコミュニケーション促進に力を入れている。この日も「連…

つづきを見る