TOKYO MX

マツコ・デラックスが放送中「下品な行為」連発で視聴者ゲンナリ

6月4日に日本テレビ系列で放送された『月曜から夜ふかし』で、マツコ・デラックスの“ある行為”に非難が集中している。視聴者からは「収録なんだから編集して」「放送しないで」とのクレームが相次いだ。 番組ではゲップが出そうなときの対処法を街ゆく人に聞いて、実際に検証していた。ゲップが出そうになったら背筋を伸ばして胸を張り、あ…

つづきを見る

あり得ないペースで不祥事を連発している「TOKYO MX」

TOKYO MX(東京メトロポリタンテレビジョン)に関連した不祥事が続いている。MXは東京都を放送対象地域とする特定地上基幹放送事業者で、筆頭株主はエフエム東京(20.07%)、2位株主は中日新聞社(6.27%)、以下東京都(3.51%)、鹿島建設、凸版印刷、東京ドーム、東映と続く。 MXで『バラいろダンディ』のMCを…

つづきを見る

TOKYO MXが「おかげでした」終了のとんねるず出演を画策

1988年の放送開始以来、フジテレビの看板を担ってきたバラエティー番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』が3月22日に幕を下ろした。注目されていた最終回の平均視聴率はふた桁に届かない9.7%に終わり、改めてとんねるずの人気低迷が浮き彫りになった。 スペシャル版になることもなく、通常の放送枠で迎えた最終回は、『とんね…

つづきを見る

田中みな実「共演NG」のマツコ・デラックスと和解を画策

フリーアナウンサーの田中みな実が、マツコ・デラックスと“共演NG”の原因になったとされるエピソードを語り、波紋を広げている。 田中がMCを務める『ひるキュン!』(TOKYO MX)の3月13日の放送では、“女の涙”が話題に上がった。けんかや言い争いになったときに「女性は泣いたもの勝ちになりやすい」との意見に田中が反論し…

つづきを見る

田中みな実「ミスコン=女子アナ登竜門」を否定して炎上

フリーアナウンサーの田中みな実が司会を務める『ひるキュン!』(TOKYO MX)が、3月5日の放送で各大学のミスコン事情を調査し、昨今は女性蔑視や軽視に当たるとの批判の声があり、廃止した大学も増えているという現状を伝えた。 田中は「ミスコンはアリかナシか?」という質問に「別にすごくアリとも思わないけど、ナシでもないかな…

つづきを見る

田中みな実「指輪はボルトでもいい」発言に批判殺到

フリーアナウンサーの田中みな実がテレビで語った“結婚観”が話題だ。 2月27日、田中が司会を務めるTOKYO MX『ひるキュン!』の『こんなのいらない委員会』のコーナーで、婚約指輪の必要性についてミュージシャンのサンプラザ中野くんと激しい論戦が起きた。中野くんが、プロポーズから結婚に至るまでに費用がかかり過ぎるために結…

つづきを見る

武井壮「獣発言アナ」を擁護して再炎上!

タレントの武井壮が2月19日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)に出演し、平昌五輪のスピードスケート女子500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒を「まるで獣のような滑り」と表現したTBSの石井大裕アナウンサーが、インターネット上で炎上している件について言及した。 「事の発端は、小平の優勝インタビューで石井ア…

つづきを見る

winter camp

アニメからブームに?「冬キャンプ」の魅力とは

1月4日からBS11やTOKYO MXなどで毎週木曜日の深夜に放送されている、キャンプを題材にしたアニメ『ゆるキャン△』が“リアル志向”だと話題になっている。 物語は山梨県を舞台に、女子高校生がキャンプや野外調理などにチャレンジし、アウトドアの魅力を満喫する日常が描かれている。監督は10回ほど実際に泊まり込みのロケ地探…

つづきを見る

登坂淳一アナと秋元優里アナ「セクハラ&不倫コンビ」共演か

“NHKの麿”と呼ばれた登坂淳一アナウンサーが、起用の内定していた4月スタートのフジテレビ夕方の報道番組『プライムニュース』のキャスターを辞退した。『週刊文春』誌上で過去のセクハラ疑惑を追及されたためだ。 「登坂が出演辞退を申し出たことになっているが、実質的には降板です。セクハラ疑惑報道に、幹部たちは怒り心頭でした。も…

つづきを見る

芸能人「小室哲哉引退問題」に言及するとネットで叩かれる事態に

女優の遠野なぎこが、音楽プロデューサーの小室哲哉の引退騒動について「公開いじめのような気がした」と発言し、生放送で涙を流した。 1月22日放送のTOKYO MX『バラいろダンディ』では、小室の一連の騒動を取り上げた。出演した遠野は、小室が会見で自身の体調や闘病している妻のKEIKOの病状と介護の苦悩などを赤裸々に語った…

つづきを見る