TOKYO MX

80歳手前・おすぎとピーコの“終活”…地方に移住し「老老介護」の日々

双子のオネエタレント・おすぎとピーコとして活躍したピーコが、おすぎの介護を告白したのは昨年末のこと。2000年代に一世を風靡した人気タレントも、今や〝終活〟に入っているようだ。 昨年12月、『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演したピーコは、悲しげな様子で「あの人がちょっと具合が悪くなって、面倒見てやらないとダメな…

つづきを見る

日本の芸人が政治ネタを扱わない本当の理由! 外国人タレントの解説に納得

かねてから言われている〝日本の芸人は政治をネタにできない〟問題。この件について、アメリカ出身のお笑いタレント・厚切りジェイソンが答えを出したと話題になっている。 厚切りジェイソンは、3月30日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)に出演。 ネットニュースメディア『週プレNEWS』の記事『日本の「お笑い」はなぜ戦…

つづきを見る

梅沢富美男“ビンタ事件”で愛妻家アピールも…「浮気しまくってたくせに」

俳優の梅沢富美男が、3月28日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)に出演。米ロサンゼルスで27日(日本時間28日)に開催された『第94回米アカデミー賞』授賞式で起きた俳優ウィル・スミスの〝怒りのビンタ事件〟について言及した。 プレゼンターを務めた米コメディアンのクリス・ロックは、ドキュメンタリー部門のプレゼン…

つづきを見る

マツコが“毎週見ている”テレビ番組は? 地上波テレビに足りないものを指摘

凋落が叫ばれて久しく、斜陽産業の一途を辿るテレビ界。その改革案をマツコ・デラックスが提案し、ネット上で反響を呼んでいる。 マツコは3月14日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)にレギュラー出演。この日の番組では、BS民放5局が垣根を越え、『TOKIO』と各局の人気番組をコラボさせた特別企画に触れた記事が紹介された…

つづきを見る

マツコが“言葉狩り”にウンザリ…「奥様」「主人」呼びはマズいのか?

2月7日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)に、コメンテーターとしてタレントのマツコ・デラックスが登場。番組では配偶者の呼び方に関する話題が飛び交い、マツコが展開した持論が、ネット上で大きな反響を呼んでいる。 同日の番組では他人の配偶者に対する「奥様」や「ご主人」といった呼び方が、失礼になるのかというトークが繰り…

つづきを見る

松田ゆう姫の“電車内トラブル”に賛否!「マナー違反」「怒鳴る方が迷惑」

タレントの松田ゆう姫が2月2日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演。電車内でキレられた経験があることを明かした。 この日、番組は「あなたは理不尽にキレられたことがありますか?』というテーマで進行していった。 松田は「電車に乗ってる時、コンパクトミラーを開けて、リップを塗っていたんですよ」と車内で化粧していた…

つづきを見る

ハライチ岩井の“結婚観”に呆れ声「説得力無い」「ダウンタウンは…」 

卑屈な発言で信者から称賛を集める教祖系芸人の『ハライチ』岩井勇気が、またも独自の視点で物事を語った。信者称賛の一方で、一般国民からは「説得力ない」と一笑に付されている。 岩井は1月19日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)に出演。番組では岩井の結婚観に関し、過去に「一切興味ない」「芸人の利点を全部失う気がする…

つづきを見る

マツコが“嫌われ女性タレント”を絶賛!「変な者同士」「めっちゃおもろい」

良く言えば破天荒、悪く言えば非常識なタメ口キャラの下品な芸風で、高齢者を中心に超が付くほど嫌われているお笑いユーチューバー・フワちゃん。しかし、12月20日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、マツコ・デラックスが意外な評価を口にした。 月曜レギュラーで株式トレーダーの若林史江氏が産休のため、代理のコメンテータ…

つづきを見る

ヒコロヒーの“コメンテーター起用”に賛否「楽しみ」「態度悪いだけ」

バラエティー、ドラマ、エッセイ出版と、今年最もブレークした芸人の1人に数えられるピン芸人・ヒコロヒー。その勢いを印象づけるように、彼女に新たな仕事が舞い込んできた。 10月13日、TOKYO MXは『5時に夢中!』の新水曜レギュラーにヒコロヒーを起用すると発表した。現在の同曜日は、故・松田優作さんの娘にして、松田龍平・…

つづきを見る

大橋未歩“裏アカ所有者”をバッサリ切り捨て!「デリカシーない」の声も…

元テレビ東京でフリーアナウンサーの大橋未歩が9月29日、『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演。ツイッターなどSNSの〝裏アカウント〟について苦言を呈したが、ネット上では呆れ声があがっている。 この日の番組では、一般企業が選考の際、就職活動中の学生の本当の人柄を見るためにSNSの〝裏アカウント〟まで調査していること…

つづきを見る