UFO

古代人類の進化系か?火星で全長15センチの小人見つかる

また火星から大きなスクープが飛び込んできた。UFOや宇宙人の研究で著名なYouTubeチャンネル『Paranormal Crucible』が報じた映像によると、アメリカ航空宇宙局(NASA)の火星探査車『キュリオシティ』から送られて来た画像の中に、“奇妙な小人”が写り込んでいたというのだ! どうだろう? よく見ると、白…

つづきを見る

カート・ラッセルの目撃発言で「フェニックスの光」UFO騒動再び

俳優のカート・ラッセルが、有名なUFO事件『フェニックスの光』が起きていたとき、自家用飛行機を運転中にUFOを目撃し、通報していたことを明かした。 フェニックスの光というのは、1997年3月13日夜に、アメリカのアリゾナ州フェニックスの上空で、約1万人が長時間、7つの謎の発光体を目撃した事件のことだ。発光体のひとつひと…

つづきを見る

カナダ軍が必死の隠ぺい工作した「巨大UFO」墜落事故

この衝撃的な映像は、カナダにあるウィニペグ湖周辺に在住のBrent Mancheese氏によって撮影されたものだ。地元のSNSによれば、湖の周囲で轟音と共に「まばゆい光」が多くの住民に目撃されて大騒ぎとなり、カナダ軍が緊急出動して現場周辺を大規模に封鎖する事態となったという。 しかし、Brent Mancheese氏は…

つづきを見る

火星で発見された顔面岩が示す「古代文明の真実」

火星を調査しているアメリカ航空宇宙局(NASA)の探査車『キュリオシティ』から送信されてきた画像のなかに、『オルメカ文明』の影響を示唆する石像が写っていたという。 このように遠くから見るとただの岩山に見えるが、白い矢印の部分をそのままPCで見やすく修正し、拡大してみると…… いかがだろうか? 実は、これが今から3000…

つづきを見る

なぜ?火星表面から「ビッグフット」激似の頭蓋骨が発見される

また火星からビッグニュースが飛び込んできた。この画像はアメリカ航空宇宙局(NASA)の火星探査ローバー『キュリオシティ』から送られてきたものだが、赤丸の部分をよく見ると“人の頭蓋骨のような物体”が無造作に転がっているではないか! この物体の発見し、報道したYoutubeチャンネル『Paranormal Crucible…

つづきを見る

「無人ロケット大爆発」にUFOが関与?その裏には驚きの陰謀説!?

この画像は、2016年1月にアメリカのフロリダ州にあるケープカナベラル空軍基地から打ち上げ予定だった『スぺースX社』の無人ロケット『ファルコン9』が、燃料試験中に突如大爆発をおこしたときのものだ。よく見るとその背後に“ありえないもの”が写っている。   UFOの攻撃!? この画像は、ロケット発射台を監視する定点カメラの…

つづきを見る

ザンビア上空に100m超「巨大飛行物体」出現!秘密結社が関与か

アフリカにあるザンビア共和国の大都市、キトウェに突如、巨大な飛行物体が出現した。この光景を信じられるだろうか? 全長は100メートル以上だと推定され、約30分もの間、大型ショッピングモールの上空を漂い続けたという。買い物客らは「神の啓示か?」と恐れおののき、空に向かって拝み始める者など、収拾のつかない大混乱となったのだ…

つづきを見る

アポロ11号が月面でとらえた「ロケット型UFO」の正体とは!?

「アポロ11号の月面着陸」は日本の教科書にも書いてある歴史的な大偉業だ。なんと、そのアポロ11号から月面を撮影した写真の中にロケットのようなUFOが映り込んでいたというのだ! この写真は月面を初めて歩いた2人の宇宙飛行士ニール・アームストロング船長とバズ・オルドリン操縦士を乗せた月着陸船『イーグル』の船内から撮られたも…

つづきを見る

「魂と魂の交流」指を喉まで…女性がエイリアンとの交流告白

またもや「私はエイリアンと人類のハーフです」と主張する女性が現れた。本サイトでこれまで紹介してきた、エイリアンとのハーフを自称する若い女性たちは、注目を集めてアクセスを稼ぎ、ユーチューブなどで儲けようとしていた可能性もある。今回はオーストラリアのクイーンズランド州ブリスベン出身の64歳のジュディ・キャロルさんだ。 幼少…

つづきを見る

偉大なギタリストが「シリウス星エイリアン」との交流を告白!

アメリカの雑誌『ローリングストーン』が選ぶ“最も偉大なギタリスト100人”のなかのひとりであるデイヴ・デイヴィスが、長年にわたってエイリアンと交流してきたことを明かした。3月末にニューアルバム『オープン・ロード』をリリースし、メディアのインタビューを受けた際の発言だ。 1964年に結成されたロックバンド『キンクス』はロ…

つづきを見る