UFO

自民党総裁選!「もしもに備え」安倍首相と石破茂元幹事長の『UFO観』を比較

自民党の総裁選がスタートした。安倍晋三首相の三選が濃厚といわれている中、石破茂元幹事長がどれだけ善戦できるのか。そんな2人だが、実はUFOに関する発言が多々ある。 実際に2人が発したUFOコメントを集め、UFOプロファイリングをしているUFO研究家の竹本良氏が“仮想UFO総裁選”にチャレンジした。 果たして歴代の首相、…

つづきを見る

まさかの新発見?100年前の隕石落下「ツングースカ大爆発」の謎に迫る!

みなさんは2013年にロシアの『チェリャビンスク州』で巨大隕石が落下し、1000人以上の重軽傷者を出した事件を覚えているだろうか? 実はロシアでは今から100年以上前にも超巨大隕石がシベリアの『ツングースカ』に落下し、あり得ない規模の大爆発を起こしていた。 ツングースカはへき地だっため死者こそ出なかったものの、その被害…

つづきを見る

未確認飛行物体

UFO『目撃場所MAP』が示す米軍関係者にとって「不都合な真実」

アメリカでUFO調査官が6万件ものUFO目撃場所を地図化した。アメリカ軍とUFOの関連が強調される結果となった。 ワシントン州を拠点とする国立全米UFO報告センター(NUFORC)が記録したUFO目撃結果が、北米大陸の地図に記された。データアナリストのアダム・クラヘン氏が1995~2014年にわたっての5万8828件の…

つづきを見る

葉巻型小惑星「オウムアムア」が秘めた驚愕の目的とは

皆さんは去年の10月、不思議な小惑星『オウムアムア』が地球に接近したのをご存じだろうか?オウムアムアは全長400メートル、直径80メートルという細長い葉巻型で、奇妙なことに、少なくとも数十億年に渡り、太陽系外の宇宙を彷徨っていたらしい。また専門家によれば、このような形の小惑星は非常に珍しく、過去に発見された例はない。 …

つづきを見る

ロシア政府が関与か「シベリア巨大クレーター」裏の陰謀

まずは写真を見て欲しい。あり得ない光景だ。この”おたまじゃくし”のような奇妙な構造物は、ロシアの極寒地帯シベリアのサハ共和国にある『バタガイカ・クレーター』という、大陥没地帯の全景である。その広さは南東10キロメートル、東西5キロメートル以上。深い所では86メートルも陥没し、地元民の間では「地底世界の入り口がある」と、…

つづきを見る

全長5.6キロ!火星で発見された「巨大構造物」の謎を解く

以前、当サイトでは火星で目撃された15センチの小人ついて報じたが、今度は『Google Mars』を通じて火星表面で全長が5600メートルもある正体不明の“巨大構造物”が発見され、その余りの大きさにUFOマニアの間では「火星には巨人が住んでいるのではないか?」など、様々な憶測が囁かれている。 これがGoogle Mar…

つづきを見る

火星表面に刻まれた「U字型レリーフ」UFO不時着跡か

また『Google Mars』で新たな発見があったようだ。今回はなんと火星表面で“U字型レリーフ”が発見され、UFO専門家の間では「火星人のメッセージだ」「いや、巨大UFOが不時着したのではないか?」などの意見が飛び交い、マニアを中心に大きな話題となっているのだ。 こちらが問題の地点(23°48’52.45N 158°…

つづきを見る

カリブの海底ピラミッドに隠された「恐るべき役割」とは

以前、海底に空いた大穴と、地球外に飛び去ったアトランティス大陸の空中要塞説について報じてきた。今回は、なんとその大穴から直線距離で666キロメートル北西のカリブ海で、正体不明の”海底ピラミッド”が2つも発見されたのだ! この海域は“魔の三角地帯”といわれる『バミューダ・トライアングル』と関連が深く、マニアの間では様々な…

つづきを見る

月面で発見された「奇妙な穴と丸い突起物」の正体

またも『Google Moon』からビッグニュースが飛び込んできた。今回はなんと月面で“奇妙な発光体“に照らされた穴に加え、その周囲からは“丸い突起物“のような物が多数発見されたのだ!UFOマニアのあいだでは、知的生命体の存在を裏付ける証拠として、いま注目を集めている。 これが問題の地点(22°42’39.17N 14…

つづきを見る

自称タイムトラベラーが語った「9.11テロ」の起きた理由

西暦2043年に生まれ、タイムトラベラーだと自称する男性が、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロが起きた理由を明かした。 マイケル・フィリップスと名乗るこの男性は、タイムマシンを乗りこなして西暦2138年の世界も見てきたという。超常現象を扱うサイト『アペックスTV』がこの男性にインタビューし、その動画がYouTu…

つづきを見る