UMA

「ネッシーはいなかった…」最終結論の2週間後に現れた首長竜に仰天!

去る9月2日、英北部スコットランドのネス湖に「ネッシーはいなかった」という結論が、ついに出てしまった。ニュージーランド・オタゴ大学のニール・ゲメル教授らのチームがネス湖の250カ所から水を採取。水に溶け込んだ生物の皮膚、ウロコ、糞、血などの〝環境DNA〟を分析した結果を発表したのだ。 ゲメル教授は「首長竜に関連する海洋…

つづきを見る

40年ぶりに出現! 幻のUMA『フクロウ人間』の姿が撮影された!

イギリスの有名なUMA〝オウルマン〟=「フクロウ男」が40年ぶりに現れ、その姿がYouTubeに公開された。 オウルマンとはその名の通り、フクロウのような外見の人型サイズのUMA。尖った耳と翼を持つのが特徴で、正確に言えばミミズクということになるが、日本では〝フクロウ男〟として通っている。 オウルマンは1920年代にイ…

つづきを見る

オーストラリアの未確認動物『ヨーウィー』がカメラに映った!

オーストラリアで国民的UMA『ヨーウィー』が撮影された。 海外のUMAといえば、ネッシー、イエティ、ビッグフット(サスカッチ)、チュパカブラが有名。あまり聞きなれないヨーウィーとは、オーストラリア版のイエティやビッグフットのような存在の獣人だ。18世紀から目撃証言があり、体長1.5メートルから3メートルで二足歩行、全身…

つづきを見る

『UFO』米国タホ湖に出現!その目的と怪物『タホテッシー』の関係とは

米国ネバダ州の『タホ湖』でかなり明確に『UFO』が目撃された。 以下はその『UFO』動画を超スロー再生に加工したものだ。これでも相当に速いことが分かる。 そしてこれが拡大画像だ。 銀色に輝く『アダムスキー型UFO』がはっきりと写っており、ユーチューブでは賛否両論があるものの、かなりの注目を集めている。撮影者はタホ湖をク…

つづきを見る

仰天!「身長120cmのエイリアン」が高速道路でヒッチハイクする動画

テキサス州コルシカーナ高速道路は非常に交通量が多い。そんなところで、奇妙な姿のエイリアンのような人型生物がヒッチハイクしているようなシーンが映像に収められた。 車のフロントに付けられたドライブレコーダーの映像で、右車線を順調に走っていたところ、道路の右のガードレールにエイリアンとしか表現しようのない細身で暗い緑色で裸っ…

つづきを見る

衝撃!ミシガン州で未確認生物『ビッグフット』の鮮明画像

ビッグフットの最多目撃地域であるアメリカのミシガン州で、今年、最も鮮明なビッグフットの写真が撮影され、UMAマニアを喜ばせている。 9月中旬にネットに公開された写真は、ミシガン州北部にあるバウンダリー・ウォーター・カヌー・エリア・ウィルダネスというキャンプ場で、釣りに訪れていた男性が撮影したもの。 男性は「キャンプ場近…

つづきを見る

謎の人型「未確認生物」がヘラジカを狙う瞬間をカメラが捉えた!

カナダのケベック州で人型生物がムース(ヘラジカ)を付け狙っているところが動画撮影され、UMA(未確認動物)マニアが盛り上がっている。 動画をチェックすると、道路に1頭のヘラジカがいる。地面に落ちているエサをあさっているようだ。その背後の森の中に体長5フィート(180センチ)ほどの細身の人型生物がウロウロしている。全身真…

つづきを見る

巨大生物ネッシー「有機物DNA鑑定」ついに謎が解明!?

フランス通信社のAFPが、スコットランドのネス湖に存在するといわれ続けてきた“巨大生物”の謎がいよいよ明かされるかもしれないと報じている。 ニュージーランド・オタゴ大学のニール・ジェメル教授は、試料採取用の5リットル容器を湖に投げ入れ、湖に生息する巨大生物のDNAの発見を目指している。もし、ネス湖に巨大生物が存在してい…

つづきを見る

カナダの猟師が「謎の巨大生物」の撮影に成功!?その正体

カナダの猟師がビッグフット(カナダ名・サスカッチ)の顔を撮影したとして、YouTubeに動画を投稿した。 猟師のロバート・ロス氏は6月、カナダのノーデッグという街の森のなかにある閉鎖されたキャンプ場に入った。罠を仕掛けるために見晴らしのよい場所を探そうと周囲を見回したところ、木々のあいだに不審な物陰を見たのでカメラを回…

つづきを見る

恐竜の死骸か?「専門家を悩ます」英海岸の「謎の生物」

イギリスのウェールズ地方のゴーワーにあるロッシリビーチに『グロブスター』が打ち上げられた。恐竜の死骸か、未知の生物の死骸か。非常に奇妙な死体だ。 グロブスターとは、海岸に漂着する何らかの巨大な生物の死骸のこと。『グロテスク・ブロブ・モンスター(異様な肉や脂肪の塊の怪物)』を略した造語だ。多くは腐乱しており、何の生物か特…

つづきを見る