ドラマ

急成長して子役でなくなった芦田愛菜が女優から「アイドル」に!?

子役の芦田愛菜(11)と、女優のシャーロット・ケイト・フォックス(30)の両者が主演をし、4月17日にスタートした下町の大家族の人間模様を描いたドラマ『OUR HOUSE』(フジテレビ系)は、初回視聴率が4.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という結果に終わった。

つづきを見る

主演ドラマ「ラヴソング」が最低視聴率更新確実でどうなる福山雅治

福山雅治(47)が主演するフジテレビ系の月9ドラマ『ラヴソング』がスタートからいきなりつまずいている。 4月11日に初回放送を迎えたが、視聴率は10.6%。“史上最低の月9ドラマ”と酷評された前作『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の初回視聴率11.6%よりさらに低い数字を記録してしまった。

つづきを見る

ドラマ「相棒」で演技が不評だった反町隆史に代わって「5代目相棒」で起用されそうな女優

ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)のシーズン15が今年10月からスタートする。 現在、相棒の4代目を務めている反町隆史(42)は続投を直訴しているが、不評であったため、新しく5代目の相棒に、ある女優の名前が挙がっているという。

つづきを見る

ドラマ「相棒」の次作は反町隆史の役柄設定変更で不評を巻き返せるか

3月16日にドラマ『相棒14』(テレビ朝日系)の最終回が放送された。同回の視聴率は15.8%で。全20話の平均視聴率は15.3%だった。 当初は、平均視聴率が15%割れをするのではないか見られていたが、かろうじて及第点という形に収まった。

つづきを見る

知っておきたいお得な「動画配信」サービス

地上波テレビの視聴率が低迷し始めて久しい。 10~20代の若者から、テレビを見る暇もあまりない30~40代の働き盛りの人たちまで、スマートフォンやタブレット、パソコンなどを使い、インターネットでドラマや映画などの動画配信を楽しむのが、ここ数年の日本でも主流になりつつある。

つづきを見る

プチデートに最適! 「半沢直樹」や「相棒」などドラマ撮影で使用されたカフェ巡り

彼氏の仕事が多忙でたまにしか丸1日一緒に過ごせる休日がない。貴重な1日だからと、あれこれデートスポットを探して、予定を詰め込みたくなるのが女心だが、得てして男性の方はそうでもないようだ。 アクティブな彼ならそれでもいいが、90年代のトレンディードラマに出てきたようなアウトドア好きの爽やか彼氏は、現実には意外と珍しい。イ…

つづきを見る

NHK朝ドラヒロイン波瑠と嵐の大野智が4月期ドラマで「W主演」か

NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』のヒロインを務める波瑠(24)の快進撃が止まらない。 「ここ10年間の朝ドラの全話平均視聴率を見ても、吉高由里子主演の『花子とアン』(2014年上半期)が22.6%、杏の『ごちそうさん』(13年下半期)が22.4%、シャーロット・ケイト・フォックスの『マッサン』(14年下半期)21…

つづきを見る