フィギュアスケート

世界選手権で負傷した羽生結弦がカナダ・トロントで治療と休養する理由

アメリカのボストンで行われた、フィギュアスケート世界選手権で、男子シングルに出場した羽生結弦(21)は、惜しくも2位に終わった。 この大会は、羽生にとって本当に不本意だったことだろう。試合前の公式練習ではカザフスタンのデニス・テンとあわや激突寸前になり、羽生が「わざとだ」と声を荒げるシーンもあった。

つづきを見る

フィギュア世界選手権で見えた日本女子と「世界との差」はどこにある?

アメリカのボストンで行われたフィギュアスケート世界選手権で、日本の女子が11年ぶりに表彰台に立てないという結果に終わった。 日本人選手の順位は宮原知子(18=関西大)の5位が最高で、過去に同大会を3回制している浅田真央(25=中京大)は7位だった。

つづきを見る

本田真凜・望結の姉妹にかかる「浅田姉妹」超えの期待

3月19日に行われたフィギュアスケートの世界ジュニア選手権(ハンガリー)で、女子シングルに出場した本田真凜(14)が初優勝した。 真凜はショートプログラム(SP)では2位だったものの、フリーで126.87を記録。合計で192.98点を獲得し、2010年の村上佳菜子(21)以来6年ぶり7人目の快挙を達成した。

つづきを見る

韓国フィギュアスケート界に「キム・ヨナ以上」の天才少女現る

韓国フィギュアスケート界に、キム・ヨナが「私が小学生のときよりもうまい」と舌を巻いたという天才少女が、彗星のごとく現れた。 1月10日に韓国のソウル市内で行われた『コリアフィギュアスケートチャンピオンシップ兼第70回総合女子シニア』で、11歳8カ月のユ・ヨンが優勝を果たした。 「大会史上最年少の記録です。ユ・ヨンはキム…

つづきを見る

羽生結弦の交際報道で発覚した日本スケート連盟の「勢力争い」

フィギュアスケート選手の羽生結弦(21)の交際が報じられた。相手は女子大生で、東北高校時代の同級生だという。 今回のこの交際発覚には日本スケート連盟の勢力争いが垣間見えるという。 「羽生のファンは100%女性と言っても過言ではない。ソチ五輪後に浅田真央が長期休業に入り、下火になったスケート界を救ったのは羽生です。浅田が…

つづきを見る

フィギュア・羽生結弦「同級生と熱愛報道」に鬼の形相の本命・リプニツカヤ

いまや「だれからも文句を言われない男」と呼ばれるフィギュアスケートの羽生結弦(21)に、熱愛報道(1月5日)が持ち上がった。相手は高校の同級生Aさん(21)だとされている。 羽生はソチ五輪の金メダリスト。さらには、12月にスペイン・バルセロナで行われたグランプリ(GP)ファイナルでは、ショートプログラム(SP)110….

つづきを見る

子役と二刀流の本田望結に「フィギュア選手でガンバレ!」の暖かい声援続出

子役で人気の本田望結ちゃん(11)に「フィギュア選手として優勝目指して」の暖かい声援が持ち上がっている。 12月3日に所属事務所年末恒例の「晴れ着お披露目会」が都内の明治記念館で行われた。 出席者は事務所の先輩である剛力彩芽(23)、武井咲(21)など主力タレントが勢ぞろい。その中で、ピンクの着物に身長130cmと小柄…

つづきを見る

羽生結弦「難易度の高い」進化にファンが悲鳴…

羽生結弦(20)が、フィギュアスケートグランプリシリーズ第2戦(GP)も2位の好成績を収めた。 今季初戦は優勝、この第2戦はショートプログラム(SP)で6位と出遅れたが、最終日に巻き返しての2位であり、今季は絶好調と見て間違いないだろう。 しかし、羽生を応援してきた“おばちゃんファン”にとって、演技を理解するには難易度…

つづきを見る

テレビの仕事がない!安藤美姫「私生活切り売り」の裏とは

これも、浅田真央(25=中京大学)の復帰余波だろうか。安藤美姫(27)が『私生活』の切り売りを始めた。 「新恋人とのツーショットだけではなく、愛娘を加えたスリーショットがブログ等で公開されました」(スポーツ紙記者) 新恋人とは、スペインのフィギュア選手のハビエル・フェルナンデス(24)のこと。カレの胸もとに顔を埋めるア…

つづきを見る

浅田真央復帰Vでひと安心したスケート連盟幹部たちの裏事情

10月3日開幕のフィギュアスケートのジャパンオープンで、浅田真央(25)が復帰戦をVで飾った。注目のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も冒頭で見事成功させた。 このトリプルアクセルを繰り出すか否かを巡っては、水面下で大人の駆け引きが展開されたという。日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長は一部メディアに浅田の直…

つづきを見る