ホロライブVTuberと話せるチケット発売!「1分5500円」は高い? 安い?

ホロライブVTuberと話せるチケット発売!「1分5500円」は高い? 安い?

ホロライブVTuberと話せるチケット発売!「1分5500円」は高い? 安い? (C)PIXTA

大手VTuberグループ『ホロライブ』が、所属タレントたちと1対1でお話できるチケットを販売。しかしその値段について、ネット上では激しい議論が巻き起こっている。

話題になっているのは、2月20日に開催される『hololive Valentine2022 イチ推しトーク!』というイベントのチケット。販売は先着順となっており、各VTuberごとにチケットが用意されているようだ。

このチケットでVTuberとお話できる時間は、1回につき1分。普段は画面越しにしか会えない“推し”と接触できる夢のようなイベントだが、その対価は税込みで5500円となっている。

アイドルの握手券などと比べれば十分コスパがいいと言えるが、VTuberに関心のない人々には「高すぎる」と受け取られてしまった模様。ネット上では《すまん。1分話せる権利が5500円は正直ドン引きです》《イチ推しトークはまじでぼったくりにしか見えない》《キャバ嬢より酷くない?》《1分間話して5500円とか現代の練金術や》といった声も上がっていた。

スパチャ文化に慣れたファンにとっては安すぎる?

しかし「ホロライブ」の熱心なファンたちは、今回の価格設定に納得しているようだ。というのもVTuber界隈、とくに「ホロライブ」においては独特な“スパチャ文化”が存在する。

ファンたちは、いわゆる投げ銭と呼ばれる「スーパーチャット」によってVTuberとコミュニケーションをとるのが日常風景。中には数万円を投げる人も少なくないのだが、VTuberが自分の名前を呼んだり、反応してくれたりする時間は長くても数十秒だろう。

そう考えると、5500円で1分間トークできるのはかなりコスパがいい。また、最近は人参と桶を約4000円もする「ホロライブ」のコラボ商品が話題になったため、《人参桶4000円よりはマシ》との意見もあるようだ。

とはいえ、このあたりの感覚は同じVTuber界隈でもまちまち。『にじさんじ』も『ニコニコ』関連の大型イベント内で、同じように1対1でVTuberとトークできる「お悩み相談」企画を何度か行ったことがある。しかしそちらはイベントの入場料を除けば無料だった。

いずれにせよ、商品にどれくらいの価値を見出すのかは人それぞれなので、外野がとやかく言う問題ではないだろう。1分5500円も人参桶4000円も、人によってはお買い得商品なのだ。

文=大上賢一

【画像】

Stockshakir / PIXTA

【あわせて読みたい】