25年ぶり続編『ソウルハッカーズ2』に往年のファンがっかり?「コレジャナイ感」

25年ぶり続編『ソウルハッカーズ2』に往年のファンがっかり?「コレジャナイ感」

25年ぶり続編『ソウルハッカーズ2』に往年のファンがっかり?「コレジャナイ感」 (C)PIXTA

『アトラス』による人気RPG『デビルサマナーシリーズ』の最新作『ソウルハッカーズ2』が、8月25日にリリースされることが発表された。根強いファンが数多くいる同シリーズだが、意外にも今回の発表に対して微妙な反応が目立っているようだ。

滲み出る『ペルソナ』感にガッカリ?

「デビルサマナーシリーズ」は、同じ「アトラス」の『真・女神転生シリーズ』の派生作品。ゲームシステムは「真・女神転生」をベースにしながら、独自の世界を築き上げてきた。「ソウルハッカーズ」のタイトルとしては、1997年に発売された『デビルサマナー ソウルハッカーズ』から25年ぶりの新作となる。

しかし、かねてより続編を待ち望む声が絶えなかったはずの「デビルサマナー」復活にもかかわらず、ファンからはイマイチなリアクションが。というのも、「デビルサマナー」はもともとダークでハードボイルドな世界観が特徴だった。ただ、今回お披露目となった「ソウルハッカーズ2」のPVやキャラクターデザインはオシャレでハイカラな『ペルソナ』っぽいものになっていたのだ。

新たな「ソウルハッカーズ」が「ペルソナ」に寄せていると感じたファンは多かったようで、ネット上では《これだけ雰囲気を変えてしまうならもうソウルハッカーズじゃなくていいし、いい加減ペルソナと差別化してもらいたい》《ソウルハッカーズ2でるんか! ペルソナ感とコレジャナイ感がすげぇ!》《ソウルハッカーズ2の動画見たけど、今のペルソナに寄せすぎっしょ》《ソウルハッカーズの名前使わずに完全な新作で出すべきだったと思う》といった声が続出している。

往年のファンはターゲット層ではない?

「真・女神転生」は30年も続くヒットシリーズであり、「アトラス」を代表する作品であるというのは間違いない。しかし近年では、国内外問わず「ペルソナ」の人気がすさまじいものになっている。最新作である「ペルソナ5」は、完全版を含め2021年時点で500万本の売り上げを記録していた。

昨今の「ペルソナ」人気を考えれば、「アトラス」が「ペルソナ」から入ってきた若いファン層をメインターゲットにするというのは有り得る話。「こんなものはソウルハッカーズじゃない」というファンにとっては残念だろうが、すでに「ペルソナ」の影響力は無視できないのかもしれない。

とはいえ、同じような方向性になるのであれば、「真・女神転生」「デビルサマナー」「ペルソナ」の3シリーズで展開している意味がなくなってしまう。それぞれの独自性を発展させていく方が、タイトルとしての幅広さが出るのではないだろうか…。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

LustreArt / PIXTA

【あわせて読みたい】