『Apex』プロ選手が年齢詐称! チート疑惑も浮上で世界大会がメチャクチャに…

『Apex』プロ選手が年齢詐称! チート疑惑も浮上で世界大会がメチャクチャに…

『Apex』プロ選手が年齢詐称! チート疑惑も浮上で世界大会がメチャクチャに… (C)PIXTA

またもやeスポーツ界隈で不祥事が…。『Apex Legends』のプロチーム『FAkids』に所属するCinap選手をめぐり、「年齢を詐称していた」という事実が発覚。世界大会のプレイオフを目前とした大騒動に、ネット上では怒りの声が巻き起こっている。

年齢詐称で大会参加資格が剥奪!

『FAkids』は、公式大会『Apex Legends Global Series(ALGS):Pro League Split2 APAC North』にて、プレイオフ進出を決めていた強豪チーム。しかしそのメンバーであるCinap選手は、『ALGS』の規定である「18歳以上」に達していなかったため、参加資格が剥奪されたという。

Cinap選手も自身のツイッターでこの事実を告白し、日本のファンに向けて《年齢規定を満たしていないのに私が年をごまかして出場しました algs 関係者の方々と僕のチーム員たちに申し訳ありません》といった謝罪文を投稿。本人も年齢を詐称して大会に参加してしまったことを、重く受け止めているようだ。

「ALGS」のプレイオフといえば、プロゲーマーなら誰もが憧れる世界の大舞台。「FAkids」に敗れてプレイオフに進出できなかったチームも多いため、SNSなどでは《FAkidsの件胸糞すぎる ボーダー付近に応援してたチーム多いからマジで悲しいわ》《11位のチーム、FAに轢き殺されたチームがひたすらに可哀想》《もし参加してなければ結果も変わっていたでしょうに》《世界行けなかったチームが報われない》といった声が上がっている。

Cinap選手のチート疑惑も話題に

Cinap選手については、以前から“チート疑惑”も浮上していたため、なおさら「Apex」ファンに叩かれているのだろう。加えて予選の「FAkids」の戦い方は、積極的にファイトを仕掛ける“キルムーブ”寄りの戦法だった。

キルムーブ自体は決して悪いことではなく、むしろ大会を盛り上げる要因に成り得るのだが、それが不正ツールを利用した戦法だったとしたら…。別のチームを応援していたファンが怒りの声を上げるのも当然だ。

ちなみに今回のCinap選手の不祥事を受けて、「FAkids」はプレイオフを辞退する方針であることを明かしている。そのためもし繰り上げなら11位の『DeToNator』がプレイオフに進出することになるかもしれないが、《DTN繰り上がってプレイオフ行くのは嬉しいけど理由が嬉しくなさすぎる》《DTN繰り上げとしても準備とかきつくないか?》とファンは複雑な心境のようだ。

1つのチームの不祥事により、大会全体に水を差す形になってしまった今回の不祥事。ゲームを“eスポーツ”として盛り上げていくためには、運営のチェック体制やプロチームの監督責任など、まだまだ課題は多いのかもしれない。

文=大上賢一

【画像】

Kostiantyn Postumitenko / PIXTA

【あわせて読みたい】