白銀のかぐや救出シーンがご都合主義?『かぐや様』250話にツッコミ殺到

白銀のかぐや救出シーンがご都合主義?『かぐや様』250話にツッコミ殺到

『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』25巻(赤坂アカ/集英社)

『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』の第250話が、4月21日発売の『週刊ヤングジャンプ』21号に掲載された。連載期間にして約4カ月の別離を経て、ついに再会した四宮かぐやと白銀御行。多くの読者が感動していたが、その描写に違和感を抱く人も少なくない。

※『かぐや様』最新話の内容に触れています

かぐやはストーリー上のラスボスだった四宮家長男・黄光と和解を果たしたものの、三男・雲鷹の裏切りによってSPたちに追いかけられる羽目に。そこで石上優から、「月」が見える方角へと逃げるように言われるのだった。

そして断崖絶壁へと辿り着いたかぐやの前には、大きな三日月が現れる。逃げ場を失ったように見えたが、そこでヘリコプターに乗った白銀が登場。まるで映画のワンシーンのように、崖から飛び降りたかぐやを受け止める…。

どうやら生徒会メンバーの口ぶりによると、白銀はさまざまな事態を想定して根回ししていた模様。最後においしいところをかっさらっていく姿に、読者たちも《会長かっこよすぎてため息出た》《会長…アンタって人は…》《会長カッコつけすぎやろアニメかよ!》と大興奮していた。

実はツッコミどころが多い?

しかしその一方、今回のエピソードに対して物申す読者も。たとえば、轟音を発するはずのヘリコプターが近づいてもSPが一切気づいていなかった点や、あまりにタイミングがよすぎることなどがやり玉にあがっている。

SNSなどでは《直前まで音しないとかどんなヘリだよ》《下から浮上してくるヘリコプターに合わせて飛び降りてキャッチってそんなことできんのか》《ヘリコプター使う意味もヘリコプターの音に誰も気付かない理由もなぜ会長を残して石上だけ降ろしたかも全てが謎》と、さまざまなツッコミの声が相次いでいた。

ヘリコプターによる救出劇は、おそらく「月」をバックとして描くために必要な展開だったのだろう。白銀がさっそうと登場する様を描くためにも、うってつけの舞台装置と言える。ただ、現実味に欠けるような印象があるのも確か。もちろんこれ以上なくスタイリッシュな見せ場なので、あれこれツッコミを入れるのも無粋に思えるが…。

いろいろと読者には疑問が残ったようだが、次回以降に何らかの形で説明される可能性もある。できれば誰もが納得できる最高のエンディングを迎えてほしいところだ。

文=Tら
写真=まいじつエンタ
■『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』25巻(赤坂アカ/集英社)

◆過去の「かぐや様は告らせたい」レビューはこちら

【あわせて読みたい】